MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極上の美味魚!イサキをウイリーで釣ろう!東京湾口 剣崎沖

極上の美味魚!イサキをウイリーで釣ろう!東京湾口 剣崎沖

剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

6月から開幕!美味なイサキを ウイリーで釣ろう

ポイントには名物のイサキ船団ができる

イサキポイントには船団ができる

東京湾口・剣崎沖のイサキは、6月1日から解禁する。

当地のイサキはとても美味という評判で、この時期を楽しみにしているファンも多い。

今年の釣れ具合はどうなのか、今後が楽しみだ!

メインポイントとなる吉野瀬周辺には、毎年、この時期になるとイサキ船団ができる。

釣り場が狭いので、大型の乗合船が何隻も接近して並ぶ光景は壮観だ。

釣れるイサキは20〜25㎝の中小型主体。

これに30〜40㎝の良型がまじる。

時には40㎝を超える特大サイズもまる。

ゲストにはアジ、メジナ、マダイ、クロダイ、イシダイなど。

乗合船のなかには、ライトタックルで狙う船も多い。

そのため釣行前には、使用するビシの大きさとビシオモリの号数を確認しておこう。

仕掛けは、多くの船がウイリーを使う。

これにオキアミやイカタンなどのエサを併用するのもOK。

状況に応じて、いろいろ使い分けることが大事だ!

剣崎沖のイサキを狙うタックルと仕掛けについて

竿は7対3調子の2m前後が、誘いやすくアタリもわかりやすい。

使用するビシオモリの号数に対応しているものを使おう。

幅広いオモリの号数に対応するゲームロッドやライト用ロッドがよく使われている。

このタイプの竿は、ノーマルタックルとライトタックルのどちらにも対応できるので人気だ。

リールは小型電動、または手巻きの小型両軸。

道糸はノーマルタックルであればPEラインの3号前後。

ライトタックルならPEラインの2号以下を使おう。

1号以下の極細PEラインを使う場合は、先糸としてフロロカーボンラインの5〜6号を直結すること。

道糸のPEラインは、リールに150m以上巻いてあれば大丈夫だ。

仕掛けはウイリー付けエサの併用も

剣崎沖のイサキを狙う船にはライトタックルで狙う船、ノーマルタックルで狙う船ノーマルタックルでもライトタックルでもどちらでもOKな船がある。

そのため前述もしているが、釣行前には使用するビシの大きさとビシオモリの号数を確認しておくこと。

コマセはアミを使うので、プラビシがオススメ。

ノーマルタックルの場合、ビシの大きさはFLまたはLサイズ。ビシオモリは60〜80号。

ライトタックルの場合は、FLサイズよりも小さいもの。オモリは60号以下。

中小型の片テンビンにビシを装着し、ゴムクッションを介して仕掛けをつなぐ。

ゴムクッションは1.2〜1.5㎜径、長さは20〜30㎝を使おう。

仕掛けは、ハリ数4本前後のウイリーが良く使われる。

一番下のハリが空バリ仕様の仕掛けでもOK。

仕掛けはハリが大きかったり、ハリスが太いと食いが悪くなるので注意しよう。

ハリはイセアマ4号かチヌ2〜3号。

ハリスは1.5〜2号ぐらい。

ハリ数が4本なら、仕掛け全長3.5〜4mで作っておこう。

付けエサを併用するならオキアミかイカタン。

コマセがアミなので、小さく切ったイカタンによくアタることも珍しくない。

オキアミはマダイ、クロダイ、メジナなどのゲストが期待できる。

リールは小型電動、または手巻の小型両軸を使おう

指示ダナの範囲をシャクって誘おう

剣崎沖のイサキを狙う多くの船が、「●m〜△m」のように幅のあるタナを指示する。

そのため仕掛けを投入したら、まず指示ダナの下限までビシを落とす。

そして竿をシャクりながら、指示ダナの上限まで探る。指示ダナの上限まで探ってアタリがなければ、再度指示ダナの下限までビシを落として、上限まで探ってくる。

それでもアタらなければ、仕掛けを回収して再投入する。

シャクリ方は上のイラストのとおり。

ソフトに一定のペースでシャクるのがコツ。

強く振ると、魚が驚いたり、コマセが出すぎるので注意しよう(ビシの調整は上のイラストのようにする。この調整だと上の穴からコマセが出る)。

アタリが遠いときは、シャクリ幅を大きくしたり、小さくするのも手だ。シャクリ幅だけでなく、シャクリとシャクリの間の待ち時間もいろいろ試してみよう。

仕掛けはウイリーがよく使われる

付けエサを併用するならイカタンやオキアミを使おう

東京湾口 剣崎沖 極上イサキ釣行レポート

朝イチはチャンスタイム!この時間帯にしっかり釣ろう

剣崎沖のイサキは体高があって美味

掛かりどころが良ければ抜き上げて取り込もう

慣れた人は追い食いさせて釣り上げる!

指示ダナの範囲をシャクって食わせる

丸々太った良型!

昨シーズンは永井裕策名人も楽しんだ!

ゲストにはアジやクロダイのほかメジナやマダイがまじることも!

剣崎沖のイサキは6月から開幕する。

ここのイサキは大型はもちろん小型でも体高があって、とても美味。そのため、シーズンを心待ちにしている釣り人も多いことだろう。
 
そんな剣崎沖のイサキであるが、メインポイントの吉野瀬では大型乗合船が接近して船団が形成される。

その光景は、この時期ならではの名物だ。
 
仕掛けは、多くの船がウイリー仕掛けを使用。

それにイカタンやオキアミなどの付けエサを併用する。

釣り方は船長が指示するタナの範囲を、竿をシャクり上げながらリズミカルに探っていく。
 
釣れるイサキは20~30cmが多いが、これに30cmを超える良型や、さらには40cm超の特大サイズがまじることもあるのでたまらない。
 
近日中に、緊急事態宣言が解除されていることを祈って、解除後は思いっきりイサキ釣りを楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2020年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読