MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
楽しくて夢中!明確なアタリと元気な引き!東京湾のシロギス

楽しくて夢中!明確なアタリと元気な引き!東京湾のシロギス

初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

数釣りシーズン!ビギナーにもオススメ 明確なアタリと 元気な引きを楽しもう!

ベタ凪ぎのなかでの釣りは最高だ!

初夏は数釣りシーズン!束釣りもある!

初夏の東京湾はシロギスの数釣りシーズン。

アタリが多く、ビギナーでも楽しみやすい。

また慣れたベテランは、シーズン中に束釣りを何度もすることもある。

出船形態は船宿によってさまざま。

一日船のほか、一日船より少し釣り時間が短いショート船、そしてさらに短い午前と午後の半日船だ。その日の都合に合わせて選ぶといいだろう。

この時期のポイントは総じて水深が浅い。

深くても水深20m台、浅い場所では水深10m未満の場所も狙う。

水深が浅いのも釣りやすい要因だ。

近年、東京湾のシロギス釣りでは、テンビン仕掛けと胴付き仕掛けの2種類が使われている。

とくに胴付き仕掛けは絡みが少なく、アタリも大きく出るのでビギナー向け。

ここではテンビン仕掛けの場合と胴付き仕掛けの場合に分けて解説する。

東京湾のシロギスを狙うタックルについて

竿はシロギス専用竿。
オモリ15〜20号に対応した、1.5〜2mが扱いやすいだろう。

リールは小型スピニング。
仕掛けをキャストしやすく、ビギナーでも扱いやすい。

道糸はPEラインの1号以下。

先糸としてフロロカーボンの3号を50㎝〜1mぐらい直結しておこう。

スピニングタックルが標準であるが、船下だけを狙うのであればベイトタックルでもOKだ。

テンビン仕掛けとその釣り方!

テンビンを介する吹き流し式の仕掛けは、昔からよく使われている仕掛けだ。

テンビンは小型のシロギス用。

これにオモリを装着して、仕掛けをつなぐ。

ハリスは0.8〜1号、全長は80㎝前後。

相模湾で使われるシロギス仕掛けよりも短いのが特徴だ。

ハリは競技キス6〜8号、流線6〜8号。

仕掛けは消耗品で一日に何度も替えることがある。

そのため予備は多めに持参しよう。

エサはアオイソメが使われる。

3〜4㎝ぐらいに切って、切り口からハリ先を刺し入れ、ハリの軸に対してまっすぐ付ける。

この付け方だと仕掛けが絡みにくい。

この時期の釣り方は、仕掛けをキャストする釣り方がオススメ。

前述しているように、この時期にシロギスが釣れる水深は浅い。

そのため仕掛けをキャストしたほうが広範囲を探れる。

とくに潮が流れないときは、船が流されないので有効だ。

仕掛けが着底したら、糸フケを取り、ゆっくり手前までサビいて探る。

アタリがあったら竿を立ててアワせてから巻き上げてくる。

仕掛けが絡んだり、飛距離がでないなど、うまくキャストできないときは、安全面から無理に投げるのはやめよう。

軽く目の前に仕掛けを投入するところから始めるといいだろう。

潮が流れていれば、船は流されて新しいポイントに入っていくので船下狙いでも十分に釣れる。

東京湾のシロギス釣りでよく使われるエサはアオイソメだ

テンビン仕掛けは昔からよく使われている

胴付き仕掛けとその釣り方!

胴付き仕掛けは、ハリ数1〜2本。

2本バリの場合、上バリは下バリよりもアタリが減る。

そのことから、ビギナーはハリ数が少ない1本バリが扱いやすくオススメだ。

1本バリの場合、幹糸2号、80㎝前後。

枝スは0.8〜1号、30〜40㎝。

枝スはオモリから10〜20㎝の位置に出す。

ハリはテンビン仕掛けと同様に競技キス6〜8号、または流線6〜8号。

胴付き仕掛けの場合、仕掛けの絡みが少ないので、エサのアオイソメはチョン掛けでもOK。

テンビン仕掛けのところで解説したように、アオイソメを3〜4㎝ぐらいに切り、切り口からハリ先を刺し入れるエサ付けでもOKだ。

胴付き仕掛けの釣り方は下のイラストのとおり。

時々誘い上げて、海底に着けているオモリを動かすのがポイント。

アタリがあったら即アワセでハリに掛けよう。

テンビン仕掛けと同様に、この時期は仕掛けをキャストしたほうが広範囲を探れるので有効だ。

胴付き仕掛けは絡みにくいのでキャストもしやすいだろう。

胴付き仕掛けは絡みが少なく、アタリがはっきり出やすい

胴付き仕掛けの場合、エサのアオイソメはチョン掛けでOK

東京湾 初夏のシロギス釣行レポート

明確なアタリと元気な引きが楽しい!

ダブルだ!

飯田純男さんは、昨シーズン、東京湾の中ノ瀬で束釣りを達成!

良型が連発した

こちらも良型一荷!

お土産十分!!

阪本智子さんもシロギス釣りが大好き!

阪本さんも良型ゲット!

ゲストのアジ

こちらはカレイ

初夏以降の東京湾はシロギスの数釣りシーズン。

昨年はとくに中ノ瀬が好調で、一日船のトップの釣果は束釣りも珍しくないほどだった。

今シーズンも6月以降は好調が続くことが期待される。
 
シロギス釣りはビギナーからベテランまで幅広い層の釣り人に親しまれている。

アタリが多いこれからの時期はビギナーがチャレンジするのにオススメだ。

タックルは軽量で、扱いやすい胴付き仕掛けもあるので臆することなく楽しめるだろう。
 
少し慣れた人は釣果アップとともに釣技のステップアップを目標にしてみよう。

これからの時期は浅場で釣れるので、キャストして広範囲を探るように釣るのがコツだ。
 
今後は、早い時期に緊急事態宣言が解除されていることが望まれる。

解除されれば、「ブルブルッ」という明快なアタリと元気な引きを思う存分に楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2020年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読