MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超浅場でスリリングなゲーム!日立久慈~高萩沖ムラソイ!

超浅場でスリリングなゲーム!日立久慈~高萩沖ムラソイ!

茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲット!ムラソイ!究極のスーパーシャローフィッシング!海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

夏限定がスタート! ゴツゴツの激しいポイントで ごっつい大型を狙おう!

超浅場&夏場限定の超ドキドキターゲット!

茨城・日立エリアの夏の風物詩的な存在のターゲットが今回取り上げるムラソイだ。

6月に開幕し8月ごろまでと、まさに夏限定のターゲットで人気が高い。

ムラソイとはメバルの仲間で、このエリアでは日立沖から北部の高萩沖の激しい根周りがポイントとなる。

海底が見えるほどの浅い場所は大型の絶好の棲家となり、2~4mといった超浅場で時に2㎏クラスが食ってくることも。

数釣れる25㎝前後のレギュラーサイズでもダイレクトなアタリから強烈な引きが楽しめる。こういった浅場はうねりや波があると入れないことも。

「水深が浅いところの方がデカいのが多いよね。潮が澄んでると食う瞬間もわかるからね。そりゃすごい興奮するよ。ハリスを一発で切るような大型もいるからね」とは北本茂照さん。

ポイントは、浅場に激しい根が点在し、ムラソイのほかカサゴ、メバル、アイナメ、ヒラメもまじりと高級根魚五目といった趣だ。

エサが豊富な場所だけにヒラマサ、イナダなどの青物が回遊することもあり、すべての面において「ドキドキ感」が満載だ。

ムラソイのお味は、刺身なら歯応えを残しつつも上品な甘みでキリリと冷えた辛めの純米酒がよく合う。

さらに煮付け、から揚げと何にしても極上の味わいだ。

なかなかお目にすることのない魚だけに、自分で釣って自らでその味を確かめてみよう!

細糸厳禁!PEは2号以上!仕掛けの予備は多めに

タックルは竿が1.8m前後、7対3調子程度のゲームロッドが扱いやすい。いわゆるライトタックル用のロッドでいいだろう。

底ダチをマメに取りながらの釣りなので、軟らかすぎるものよりも操作性がいい硬めの竿がマッチする。

リールは小型両軸リールを使用する。

水深は5m以浅がメインでオモリは20号なのでかなりライトな釣りになるが、道糸は2号以上がいいという。

いや、細糸は厳禁と言ってもいいようだ。

「浅場でライトな釣りなので0.8号など細い道糸を巻いたリールでやる人が多いですが、仕掛けがまあまあ太いし、根掛かりが多いので、この細さだと高切れしちゃうよ。だから2号以上を使ったほうがトラブルが少ないですよ」

実際に、筆者は0.8号を使用して根掛かりでブッツンブッツン高切れして、その度にリーダーを結び直して苦労した経験があるので、ぜひ2号以上を使いましょう。

リーダーは5号程度を1.5~2mほどつけておくと安心だ。

仕掛けは胴付き2本バリが標準。
幹糸5号、ハリス3号でハリはセイゴ系、ムツ系の13~14号程度を使用する。

「ハリはネムリセイゴを好んで使ってるけど、最近あまり見かけないから、太軸のムツバリなどもいいよ」

太軸のムツバリのほかはがまかつの「根魚王」などがおすすめ。

そして、この釣りで避けて通れないのが根掛かり。

多い少ないは別にしても初心者からベテランまで平等に?根掛かりする。

当然、仕掛け、オモリのロストも多くなる。

「ムラソイ釣りでは昔から1匹と仕掛け1組を交換するようなものと言われてるけど、できたらあまりロストしたくないよね。そのためには替えバリ式にするといいですよ」

仕掛けは親子クレンサルカンを使用して幹部分を作っておき、40㎝前後のハリスにハリを結んだものをたくさん作っておき、根掛かりしてハリスが切れた場合はその部分だけを交換していく。

替えバリは20本ほど結んでおくと安心だろう。

「捨て糸は少し細目にしてもいいけど、あまり細くしちゃうと今度はここばかりが切れてオモリのロストが増えることになっちゃうからね」

捨て糸は短く、下のハリはオモリよりも下にくることになる。

このため、根掛かりするのは下のハリかオモリがほとんどだ。

オモリは10個ほど用意しておこう。

エサは冷凍のイワシを使用する。
エサの付け方は、下アゴの下からハリを入れ、上アゴに抜く。

このとき、あまり力を入れて指すと頭の部分が崩れてしまうので注意しよう。

また、これからの夏場は気温が高くなり、エサが傷みやすくぐずぐずになりやすいので、クーラーに入れておきなるべく良い状態で使用しよう

仕掛けは胴付き2本バリが基本に

エサは冷凍イワシ

オモリは20 号。根掛かり必至のゴツゴツポイントが多いので、予備は多めに

根掛かり上等!の精神で ビックリアワセはNG

ポイントは目の前に岩壁があって、そのまま海底に根が広がっているような場所がほとんど。

浅い水深の場合は、海底をのぞいてみよう。

潮が澄んでいれば海底が見える。

黒っぽい岩場や海藻があって、白く見える砂地が所々にある。

岩場には起伏があってオモリはスッポリ入ったら抜けなさそうだし、ハリも引っかかりそうだ。

しかし、こんな所をムラソイは好んでいるのだ。

「投入と同時にいきなり根掛かりすることもあります。これは仕方ないけど、着底したらそのまますぐに竿を持ち上げて仕掛けを浮かせて、あらためてゆっくり落としこんでやるといいよ。根掛かりを恐れて仕掛けを浮かせたままだとなかなかアタリも来ないので、気持ちは根掛かり上等!くらいでやるといいよ」どんなに気をつけていても根掛かりはするが、投入時にちょっっとした注意で多少は防ぐことができる。

釣り方の基本は、オモリを海底に付けた状態をキープしながら、底を切っては再び落とし、海底をトレースして根を渡っていくイメージだ。竿先と手感度に神経を注ぎ、根に吸い込まれる感触を確かめておこう。

アタリとは違うが最初は勘違いしやすい。

ムラソイのアタリは強く明確だ。

「激しいアタリがあってビックリアワセしちゃうと、身だけがしゃぶられたような状態でスッポ抜けになるよ」

アワセは向こうアワセが基本。

最初にアタリがあってから食い込むのを待ち、次にやってくる本アタリがあったら竿を持ち上げるようにしてやるとしっかりとフッキングする。

だが、「よし!フッキングだ」なんて安心してのんびりしていると悲劇に見舞われることも!

「ムラソイはハリ掛かりして違和感を感じると、そのまま根に潜ろうとします。潜ってエラを広げると根掛かりしたような状態で、まず外せませんよ」

根に潜られるのを防ぐためには、まず最初に竿を持ち上げてハリ掛かりを確認したら、強引に根から離すことが重要。

「デカいのになるとかなりの引きです。ここでびっくりして手を止めちゃうと潜られるので、とにかく強引に、一気に根から離しましょう」

アタリがあってもハリ掛かりしないことも多い。

また、ショウサイフグが多い時は頻繁にエサを取られる。アタリが遠いと思ったら仕掛けを回収してエサのチェックをしよう。

1匹釣った人が立て続けに連チャンすることも珍しくないのがこの釣り。

これは落ちてくるエサに反応を示すからで、底でじっとしていてアタリがなければどんどん上げてやり直すのが、好釣の近道となる。

日立久慈〜高萩沖ムラソイ五目 釣行レポート

究極のスーパーシャローフィッシング!

浅場はナギじゃないと入れないが、これからの時期は海も穏やかの日が多いので安心

水深は浅いところでは5m以内も。潮が澄んでいると海底が見える

海底が見えるような超浅場で超スリリングなゲームを堪能あれ!

昨シーズン、日立久慈港「大貫丸」であげた特大サイズ。今年もシーズンが始まった。「マジで興奮する釣りだよ」と北本茂照さんはこの釣りの大ファン。大型は2㎏に迫ろうかというおデブちゃん。こんなのが水深5mを切るような浅場で掛かったらそりゃもう大変!

良型は根の中からぶっこ抜いた感がある

カサゴも大型が多い

水深があるポイントでは良型メバルがよくまじる

この釣りから根掛かりは避けて通れないが、うまくやれば回避&オモリロストを防げることも

昨年は浅場で2kg級のヒラマサが多く回遊した

アイナメも定番ゲスト

ヒラメも定番ゲスト。こちらは良型が多い

「期間限定」や「地域限定」モノは数あれど、その両方に相当するターゲットがある。それが茨城・日立エリアのムラソイ五目である。

「初夏から夏限定で、ここでしかできない釣りだよ。めちゃ興奮するよ!」と北本茂照さんは言う。
 
海底が見えるような超浅いポイントに仕掛けを投入すると、岩陰から黒い物体がエサを覆う。

すると次の瞬間に「ビビビビ!ガガガガ!」と痺れるようなアタリがやってくる。

ここでビックリしてアワせてしまうとスッポ抜けちゃう。

しっかりと食い込むのを待ってアワせると、脳天をバチコーンと打ったような衝撃がやってくる。

「一瞬でハリスを切るようなデカいのもいるからね。やり取りはあっという間だけど、これを味わうとハマッちゃうよ」
 
上がってきたのは全身に茶褐色の鎧を纏ったような無骨な魚体。

だけど眼はクリクリと愛らしい。
 
そんなムラソイが日立久慈港出船で楽しめる。

水深は浅いと2、3mと超シャローな釣り。

そして、これらのポイントにはカサゴ、メバル、ヒラメほか青物までゲストがいっぱい。

日立の夏が始まった!

以上の記事は「つり丸」2020年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読