MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
下浦沖のLTマダイ! 高級ゲスト交じりで絶好調!!【棒面丸】

下浦沖のLTマダイ! 高級ゲスト交じりで絶好調!!【棒面丸】

秋の訪れと共に釣果が上がり出すマダイ。「ちょっと前まではワラサやイナダが多くまじっていたけど、最近はマダイがメインになりつつあるよね。秋は数釣りのイメージがあるけど、大物も出るから侮らないようにね」とは、この道具を使ったマダイ釣りを約10年前から導入している「棒面丸」の鈴木俊一船長だ。

下浦沖のマダイの味は絶品、さらに豪快な三段引きを、いちだんとエキサイティングにするライトタックルで楽しませてくれる

どや!

指示ダナは上からで30m。5mほどビシを落として、3回くらいコマセをまいて合わせる。

コマセの放出加減が絶妙な船宿オリジナルのビシを使うことをオススメ。もちレンタル可です。エサは1匹掛けが基本。

ゆっくり誘い上げて一瞬止め、スローで落とし込んでいった時にガツンとヒット!

繊細なアタリが取れるだけでなく、魚のパワーがそのままダイレクトに伝わるLT。「釣れるし、この間隔は病み付きになる」と誰もが言う。

見るからに美味そうだ。さぁ、どうやって食らってやろうか。

ゲームロッドがギュンギュンしなる! LTならではのスリリングなファイトも魅力!!

軟らかめのゲームロッドが面白いと船長。小型の電動、または両軸リールにPE3号以下を100m以上巻いて挑もう!

最後まで気を許さず、呼吸を合わせてタモ入れしよう!

仕掛けは、ハリス3号以上で7mが基本。船長コダワリの実績ある仕掛けも宿で購入できる。

メチャメチャ美味しいイシダイも掛かる。

まだまだ青物も回遊中。この日は7本があがった。

今季はイサキが良く釣れている。こちらも絶品とのことだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「棒面丸」。

なんたって、この時期の当地のマダイの味は絶品と言われ、さらに豪快な三段引きを、さらにエキサイティングにするLT(ライトタックル)で楽しませてくれる船宿があるからだ。
「ちょっと前まではワラサやイナダが多くまじっていたけど、最近はマダイがメインになりつつあるよね。秋は数釣りのイメージがあるけど、大物も出るから侮らないようにね」とは、この道具を使ったマダイ釣りを約10年前から導入している「棒面丸」の鈴木俊一船長だ。なんと取材前日も6㎏クラスがあがったと言う。
現在、攻めているポイントは下浦沖。水深30〜40mのちょっとした根や起伏を狙っているので、ご覧のようなお土産もバッチリ釣れる。
「LTだからといって構えないで下さいね。釣り方は従来と同じで、うちは誰もが簡単にマダイが釣れることをモットーに、タナの指示を5m刻みで出していますから。ただ付けエサのチェックをこまめにして、長くタナに入れておくことに務めて下さい」と船長。
これからの時期はエサ取りも多い。その対応さえしていれば、誰もがマダイゲットのチャンスがあるってワケだ。
なお「棒面丸」では、無料でLTのレンタルを行っているので入門しやすいですよ!!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読