MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

「春からずっと調子が良かったんだけど、ここ2週間くらいいまひとつかな。悪いときを狙ってきたの?」冗談まじりに迎えてくれたのは鹿島港「第十八不動丸」でルアー船を担当する栗山尚久船長。実際、今年の春の鹿島沖は絶好調。とくにヒラマサ狙いのキャスティングゲームが盛り上がり、夏に入っても大型まじりで釣れ続いていた。

ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がった

ジギングゲームがメインのパターンになった鹿島沖。まだまだヒラマサのチャンスは大だ。

ボトムから表層まで広範囲に探ろう!

ワラサ主体!! 強烈なファイトを満喫しよう。

海面でのバラシもあるので必ず魚はタモ入れしよう。

メタルジグは100〜150gが基本。各種そろえよう。

ホウボウも!

カンパチも!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

実釣に訪れたのは10月中旬。澄み潮が続いたせいか、少し難しい状況にあったのは確か。ジギングゲーム主体に攻略していき、船中のほぼ全員がキャッチ成功。ホウボウや小型のカンパチ少々と、ゲストは少なかったものの、ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がりをみせた。
11月に入ると鹿島沖はヒラメ釣りでにぎわいをみせる。配船の都合などでルアー青物は出船率が下がる傾向があるが、けっして魚がいなくなるわけではない。
「イナダ、ワラサはサイズがよくなる時期だし、ヒラマサの可能性もある。去年の秋はキャスティングゲームをしっかりやり込んでいなかったので、こちらも試したいしね」
と栗山船長。
午前の出船がなくとも、午後船だけでの出船もある。積極的に挑戦してみるとよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読