MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

「春からずっと調子が良かったんだけど、ここ2週間くらいいまひとつかな。悪いときを狙ってきたの?」冗談まじりに迎えてくれたのは鹿島港「第十八不動丸」でルアー船を担当する栗山尚久船長。実際、今年の春の鹿島沖は絶好調。とくにヒラマサ狙いのキャスティングゲームが盛り上がり、夏に入っても大型まじりで釣れ続いていた。

ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がった

ジギングゲームがメインのパターンになった鹿島沖。まだまだヒラマサのチャンスは大だ。

ボトムから表層まで広範囲に探ろう!

ワラサ主体!! 強烈なファイトを満喫しよう。

海面でのバラシもあるので必ず魚はタモ入れしよう。

メタルジグは100〜150gが基本。各種そろえよう。

ホウボウも!

カンパチも!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

実釣に訪れたのは10月中旬。澄み潮が続いたせいか、少し難しい状況にあったのは確か。ジギングゲーム主体に攻略していき、船中のほぼ全員がキャッチ成功。ホウボウや小型のカンパチ少々と、ゲストは少なかったものの、ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がりをみせた。
11月に入ると鹿島沖はヒラメ釣りでにぎわいをみせる。配船の都合などでルアー青物は出船率が下がる傾向があるが、けっして魚がいなくなるわけではない。
「イナダ、ワラサはサイズがよくなる時期だし、ヒラマサの可能性もある。去年の秋はキャスティングゲームをしっかりやり込んでいなかったので、こちらも試したいしね」
と栗山船長。
午前の出船がなくとも、午後船だけでの出船もある。積極的に挑戦してみるとよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読