MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

秋のジギングは、五目で楽しむ青物ゲーム【常磐鹿島沖】

「春からずっと調子が良かったんだけど、ここ2週間くらいいまひとつかな。悪いときを狙ってきたの?」冗談まじりに迎えてくれたのは鹿島港「第十八不動丸」でルアー船を担当する栗山尚久船長。実際、今年の春の鹿島沖は絶好調。とくにヒラマサ狙いのキャスティングゲームが盛り上がり、夏に入っても大型まじりで釣れ続いていた。

ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がった

ジギングゲームがメインのパターンになった鹿島沖。まだまだヒラマサのチャンスは大だ。

ボトムから表層まで広範囲に探ろう!

ワラサ主体!! 強烈なファイトを満喫しよう。

海面でのバラシもあるので必ず魚はタモ入れしよう。

メタルジグは100〜150gが基本。各種そろえよう。

ホウボウも!

カンパチも!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

実釣に訪れたのは10月中旬。澄み潮が続いたせいか、少し難しい状況にあったのは確か。ジギングゲーム主体に攻略していき、船中のほぼ全員がキャッチ成功。ホウボウや小型のカンパチ少々と、ゲストは少なかったものの、ワラサ中心にイナダがまじる、という展開で十分に盛り上がりをみせた。
11月に入ると鹿島沖はヒラメ釣りでにぎわいをみせる。配船の都合などでルアー青物は出船率が下がる傾向があるが、けっして魚がいなくなるわけではない。
「イナダ、ワラサはサイズがよくなる時期だし、ヒラマサの可能性もある。去年の秋はキャスティングゲームをしっかりやり込んでいなかったので、こちらも試したいしね」
と栗山船長。
午前の出船がなくとも、午後船だけでの出船もある。積極的に挑戦してみるとよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読