MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。

沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズン

景色も最高の駿河湾。美しい夕焼けに富士山が浮かぶ。さあ、戦闘開始だ!

沼津沖のタチウオのおもしろさに魅せられ釣行を重ねる井上悦男さんも良型!

上げによく反応するのかフォールによく反応するのかなど、その日その時のパターンをいち早く見極めることが重要だ。

狙い通りにヒットさせたときは気分最高!

渋いときほど1本1本に価値がある。横山猛さんも納得の1本!

数を伸ばすコツはマメなルアーローテーション。

エサとルアーの同時ヒットも!

ジグのウエイトは80~100gを中心に、カラーや形状など、とにかく多種多様のジグを用意しよう。

エサはサンマの切り身。

この釣りの楽しさは、なんといってもタチウオとの駆け引きにある。イレグイ時は忙しくてかなり熱~いゲームとなるのはいうまでもないが、さらに熱いのは渋いとき。タナを2~3回往復させてアタリがなければ即ジグ交換。1本釣ってジグ交換。カラーを変えるのはもちろん、シルエットやウエイトを変え、ジグのアクションを変え、スピードを変え…。頭から湯気が立ち上るほどに熱くなれるはずだ。
沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズンで、例年では年明け以降も続く。冬場はとくに大型への期待が高まる。いくら熱くなるといっても、防寒対策はしっかりして出掛けてね!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の乗っ込みシーズン到来!鹿島新港「第五悌栄丸」では近年、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻きモノ系で攻める釣り人が多く、実際、それで釣れていると若船長・久保聡志さん!
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読