MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。

沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズン

景色も最高の駿河湾。美しい夕焼けに富士山が浮かぶ。さあ、戦闘開始だ!

沼津沖のタチウオのおもしろさに魅せられ釣行を重ねる井上悦男さんも良型!

上げによく反応するのかフォールによく反応するのかなど、その日その時のパターンをいち早く見極めることが重要だ。

狙い通りにヒットさせたときは気分最高!

渋いときほど1本1本に価値がある。横山猛さんも納得の1本!

数を伸ばすコツはマメなルアーローテーション。

エサとルアーの同時ヒットも!

ジグのウエイトは80~100gを中心に、カラーや形状など、とにかく多種多様のジグを用意しよう。

エサはサンマの切り身。

この釣りの楽しさは、なんといってもタチウオとの駆け引きにある。イレグイ時は忙しくてかなり熱~いゲームとなるのはいうまでもないが、さらに熱いのは渋いとき。タナを2~3回往復させてアタリがなければ即ジグ交換。1本釣ってジグ交換。カラーを変えるのはもちろん、シルエットやウエイトを変え、ジグのアクションを変え、スピードを変え…。頭から湯気が立ち上るほどに熱くなれるはずだ。
沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズンで、例年では年明け以降も続く。冬場はとくに大型への期待が高まる。いくら熱くなるといっても、防寒対策はしっかりして出掛けてね!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
釣り物が少ない季節の救世主。数釣りよりもサイズ狙い。犬吠埼沖の大オニはルアーでもエサでも有効!ゲストはアラ、メバルなど多彩でお土産十分。夏のオススメターゲットを紹介!
更新: 2019-07-12 14:59:38
春先〜夏場に館山湾にはカタクチイワシが大量に入ってくる。湾内にはイワシのイケスも多く、全国各地のカツオ船もエサの買い付けに訪れる。イワシを求めてやって来るのはカツオ船だけでなく、様々な魚達も同様だ。
更新: 2019-06-26 07:00:00
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
各地で人気のヒラメ釣り。釣り自体は難しくはなく、手巻きリールで浅場で釣れることが人気の理由のひとつ。近年はLTでのヒラメ釣りもブームになっている。外房飯岡港は関東で一番早くヒラメ釣りが開始される港だ。
更新: 2019-06-22 07:00:00
最新記事
シマノではシマノインストラクターと行く釣り旅「ドリームツアー」を8月3日(土)~9月30日(月)の期間募集する。
更新: 2019-07-21 12:00:00
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
更新: 2019-07-21 07:00:00
「第18回 2019金沢漁港シロギス釣り大会」が8月18日(日)に神奈川県金沢漁港で開催される。申込み、問合せは参加船宿まで!
更新: 2019-07-20 12:00:00
東京湾・夏のタチウオジギング!メーターオーバーも続々登場!ビギナーの方も存分に楽しめる夏タチシーズンはまだまだこれから。多少の上下はあれ、今後も十分に期待できる。
更新: 2019-07-20 07:00:00
関東東海エリアでもイサキはメジャーなターゲットだが、この季節、そのなかでも軍を抜いて安定しておいしいとされているのが、駿河湾の石花海のブランドイサキだ。誘い上げで攻略、多点掛けのテクニックで数を伸ばそう!!
更新: 2019-07-19 07:28:47

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読