MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズン

景色も最高の駿河湾。美しい夕焼けに富士山が浮かぶ。さあ、戦闘開始だ!

沼津沖のタチウオのおもしろさに魅せられ釣行を重ねる井上悦男さんも良型!

上げによく反応するのかフォールによく反応するのかなど、その日その時のパターンをいち早く見極めることが重要だ。

狙い通りにヒットさせたときは気分最高!

渋いときほど1本1本に価値がある。横山猛さんも納得の1本!

数を伸ばすコツはマメなルアーローテーション。

エサとルアーの同時ヒットも!

ジグのウエイトは80~100gを中心に、カラーや形状など、とにかく多種多様のジグを用意しよう。

エサはサンマの切り身。

この釣りの楽しさは、なんといってもタチウオとの駆け引きにある。イレグイ時は忙しくてかなり熱~いゲームとなるのはいうまでもないが、さらに熱いのは渋いとき。タナを2~3回往復させてアタリがなければ即ジグ交換。1本釣ってジグ交換。カラーを変えるのはもちろん、シルエットやウエイトを変え、ジグのアクションを変え、スピードを変え…。頭から湯気が立ち上るほどに熱くなれるはずだ。
沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズンで、例年では年明け以降も続く。冬場はとくに大型への期待が高まる。いくら熱くなるといっても、防寒対策はしっかりして出掛けてね!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
東京湾のマダコは今期も絶好調だ!大人気の餌木タコ&テンヤもOK!何よりも、本当に美味しいのでぜひ自分で釣って食べてみてほしい!
待望の〝照りゴチ〟シーズン到来!今期は鹿島サイズと呼ばれる60cm前後の大型がコンスタントにヒット!エサとルアーの二刀流で挑むのがベストだ!
東京湾のマダコが6月に開幕した。小型主体も数は上々のスタート!餌木タコの独特の釣り味にハマってみよう!もちろんテンヤでも楽しめる!今シーズンも期待大だ!
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル