MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】

今年も沼津沖に熱い季節がやってきた。待望のタチウオシーズンが開幕したのだ。 10月下旬現在は、まだシーズン初期とあって釣果にムラがあったが、日を追うごとに状況はよくなっていて、指3~4本ほどの食べ頃&良型が15本前後釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&エサ釣り、 “夜タチウオ”で熱くなる【駿河湾・沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズン

景色も最高の駿河湾。美しい夕焼けに富士山が浮かぶ。さあ、戦闘開始だ!

沼津沖のタチウオのおもしろさに魅せられ釣行を重ねる井上悦男さんも良型!

上げによく反応するのかフォールによく反応するのかなど、その日その時のパターンをいち早く見極めることが重要だ。

狙い通りにヒットさせたときは気分最高!

渋いときほど1本1本に価値がある。横山猛さんも納得の1本!

数を伸ばすコツはマメなルアーローテーション。

エサとルアーの同時ヒットも!

ジグのウエイトは80~100gを中心に、カラーや形状など、とにかく多種多様のジグを用意しよう。

エサはサンマの切り身。

この釣りの楽しさは、なんといってもタチウオとの駆け引きにある。イレグイ時は忙しくてかなり熱~いゲームとなるのはいうまでもないが、さらに熱いのは渋いとき。タナを2~3回往復させてアタリがなければ即ジグ交換。1本釣ってジグ交換。カラーを変えるのはもちろん、シルエットやウエイトを変え、ジグのアクションを変え、スピードを変え…。頭から湯気が立ち上るほどに熱くなれるはずだ。
沼津沖のタチウオゲームはこれから冬にかけてがベストシーズンで、例年では年明け以降も続く。冬場はとくに大型への期待が高まる。いくら熱くなるといっても、防寒対策はしっかりして出掛けてね!

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
飯岡沖のテンヤマダイが釣果上昇中!中、大ダイがまじりサイズも期待できる展開に!取材日の飯岡港「幸丸」でもコンスタントにマダイがヒット!今がまさに釣りどきだ!
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル