MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏ビラメ解禁!荒食い期待で数釣り&ドカンと大判!銚子 飯岡沖

夏ビラメ解禁!荒食い期待で数釣り&ドカンと大判!銚子 飯岡沖

銚子、飯岡沖では6月1日から夏のヒラメ釣りが解禁!解禁後の荒食いも期待でき、今おすすめのターゲットだ。

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

冬場とはまた違ったおもしろさ!夏ビラメ釣りがスタート!!

6月の声を聞くと銚子、飯岡沖でヒラメ釣りがスタートする。

ヒラメの釣期は地域によって異なるが、千葉県内でも有数のヒラメスポット、銚子、飯岡地区では6月1日がヒラメ解禁日となっている。

解禁後の荒食いも期待でき、今おすすめのターゲットだ。

夏ビラメは不味いは間違いです

飯岡沖のヒラメはこれから年明けまで続くロングラン。

夏場のヒラメ釣りは冬場とはまた違った面白さがある。
 
釣りの話に入る前に、ヒラメの生態について述べてみたい。

ヒラメの寿命は10年以上とも言われ、産卵を繰り返しながら成長を続ける。

大きいものでは10㎏オーバーにも成長し、その形状から大ビラメは「座布団」と形容される。
 
ヒラメの産卵期は地域によってかなり差があるが、関東ではだいたい4月から5月ぐらい。

北の水温が低い海域になるとさらに遅い産卵傾向がある。
 
飯岡、銚子地区では、4月と5月をヒラメの禁漁期間としている。

これは産卵期のヒラメを釣ることを避ける資源保護の目的だ。

「夏ビラメは不味い」という言葉を聞くことがあるが、産卵直後のヒラメは確かに身が痩せている。
 
しかし関東の産卵期は春である。

6月を過ぎると体力も回復して、脂の乗りこそ冬には及ばないが、上品な白身で歯切れのよい刺身は、これはこれで美味しい。
 
夏のヒラメが不味いというのは産卵期の遅い東北以北(宮城ではヒラメ開幕は盛夏以降)の話か、あるいは旧暦の頃の話ではないだろうか。
 
夏のヒラメを食したことのない方は、この機会にぜひ釣って、味わっていただきたい。

根周りで大型が出るのが 夏ビラメの特徴

さて、銚子・飯岡沖の夏ビラメ釣りは、2つの釣り場によって釣り方も2つに分けられる。

ひとつは根周りを狙う釣り方、もうひとつは砂地を横流しで広く探る釣り方だ。
 
根周りは、エサになる小魚を狙うヒラメが居着いているポイントだ。

大型ヒラメが根に着いていることもあり、座布団級の大ビラメも根周りで食うことが多い。
 
砂底の平場を流すときは、イワシが回遊しているときが多い。

船を風に対して横に向けて流す、いわゆる「横流し(どてら流し)」という流し方だ。
 
この釣り方にはポイントを広く探れるメリットと、釣り座によるアタリのばらつきが少ないという特徴がある。
 
いずれの釣り方においても、ヒラメに早アワセは禁物だ。

ヒラメがエサを完全に飲み込むまで竿先を動かさずに待ってやる。

アワセのタイミングは大きく分けて2通り、ひとつは強い力で穂先が大きく引き込まれたとき、もうひとつは魚が首を振るようにゴツ、ゴツと繰り返すアタリが来た時だ。
 
アワセはゆっくりと、そして大きく竿を上げて、魚の重みで竿を曲げるような感覚が良い。

鋭く竿をシャクるようなアワセは、竿が力を吸収してしまうので、しっかりとハリ掛かりしないことがある。

アワセは乗せるようにゆっくりでOK。焦りは禁物、アタリからアワセまで、ゆっくりとした動作で進めることを頭に入れておこう。
 
魚が掛かったら、強い引きに負けないように魚を海底から離す。

そして竿を水平もしくは少し上向きに支え、竿を動かさないようにリールを巻く。
 
大きなポンピングは禁物だ。ヒラメはハリの掛かりどころが悪ければ、力が一瞬抜けたときに外れてしまうことも多い。
 
水面に魚が浮いたら、道糸は手にせずに竿を使ってタモまで誘導する。

タモに入ったのを確認したら、リールのクラッチを切って糸を出してやれば、しっかりタモに収まり、誤って穂先を折ることを防げる。

イワシを弱らせないことが 釣果アップにつながる

釣ったヒラメは血抜きして締めてからクーラーに入れれば、透明感のあるしゃっきりした歯ごたえの刺身が楽しめる。
 
夏のヒラメ釣りで注意したいのは、水温が高いのでエサのイワシが弱りやすいこと。
 
イワシにハリを刺すときには、手を海水に数秒漬けておき、表皮の温度を下げてからイワシを掴むようにする。エサを弱らせないために大事なことだ。
 
仕掛けについては、孫バリを付けない、あるいは孫バリは刺さずに遊ばせておくことも、イワシの泳ぎを良くする効果がある。
 
生きエサの釣りはエサの扱いが釣果を左右する。特に夏場は丁寧にイワシを扱うようにしよう。
 
5月25日には、新型コロナウィルス感染による緊急事態宣言も全国解除された。

夏に向けて徐々に日常が戻りそうだ。

引き続き感染に注意しながら、沖釣りを楽しんでいきましょう!

調子・飯岡沖のヒラメ釣行レポート

夏の高活性ビラメは食い込みも早い!

調子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!今年も大型まじりの数釣りを楽しもう!

高水温でヒラメも高活性だ!

2ケタ釣果も珍しくないエリアだけに、解禁直後は楽しみ。

タモ取りが忙しくなる!

2018 年の解禁直後、「隆正丸」では9㎏の大判が!

夏場の高水温時はゲストも活発。

青物や根魚などお土産多彩だ

銚子、飯岡沖では6月1日からヒラメ釣りが解禁となる。

4月頃に産卵したヒラメが、体力が回復し活発にエサを追い始める時期だ。
 
厳冬期には寒さや風でタフコンディションの日もあるが、夏場はそよ風が心地よい凪の日が多くなる。

アタリに対して食い込むまで待つという繊細さが醍醐味のヒラメ釣りにとって、凪の海は釣りやすく、初心者の入門にも最適な時期だ。
 
夏の銚子、飯岡沖は、大型一発の期待のある根周りを狙い、広く流して数を狙う平場の横流しと、状況に応じて攻め口が変わる。

エサのイワシがしっかりと泳いで魚にアピールすることがヒラメ釣りのポイントだが、夏場はとくに水温が高いのでエサのイワシは丁寧に扱ってやろう。
 
アタリがあってから食い込ませるまでの緊張感が楽しいのがヒラメ釣り、首尾よくハリ掛かりさせて海底から引き離すときの引き込みも快感。

3㎏を超えるサイズだと軟調竿が伸されるほどの強烈な引き込みを見せてくれる。
 
夏ビラメは冬に比べ脂が少ないものの、透明感溢れる身としゃっきりとした歯ごたえは、夏場ならではの味覚だ。

暑い時期なので、釣ったらすぐに締めて氷のたっぷり入ったクーラーで冷やすことを心がけよう。

刺身、昆布締め、そしてカルパッチョにしても美味しい。

以上の記事は「つり丸」2020年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
高性能ブランクスを採用したキャスティングロッドシリーズ「カレントラインキャスティズム」
夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読