MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東伊豆南沖の遠征イサキ五目!シマアジやマダイの高級ゲストも!

東伊豆南沖の遠征イサキ五目!シマアジやマダイの高級ゲストも!

旬の良型イサキをメインに、シマアジやマダイの高級ゲストまじりで楽しめる!東伊豆南沖遠征五目!状況によってヒラマサやカンパチなどの青物が回遊することも!

※この記事は「つり丸」の過去の取材で撮影、公開した写真を使用し、記事を再編集して作成したものです。

シマアジ、マダイなど高級ゲストが魅力!メインのイサキは数釣りが楽しめる!!

良型イサキをお土産に、ヒラマサ、カンパチ、シマアジなどの青物やマダイ、オナガダイなど高級魚が五目で狙える東伊豆南沖遠征五目は、毎年3月下旬からスタートする。
 
今季は4月上旬に6㎏級のシマアジが取り込まれ、「さぁ、これから」というところで、コロナウイルスの影響で出船自粛となってしまった。

しかし、例年通りならば、まだまだ狙っていける。再開後に期待だ!

多魚種を狙えるが、1タックルでOK

網代港、宇佐美港、伊東港から出船して走ること約2時間30分。

南沖は魚影の濃さが魅力。

最盛期に入っているイサキは、ダブル、トリプルと、連続で釣れ上がり、トップが規定匹数の80匹に達することも珍しくない。
 
朝イチに狙うシマアジは、この釣り一番人気。

これを目当てに訪れるファンも多い。1~2㎏級がアベレージサイズだが、5~6㎏の良型は毎年のように上がっている。

そして、10㎏オーバーのオオカミサイズが浮上することもある。

今季も4月上旬に6㎏級が取り込まれた。

シマアジのポイントは、ほかにカンパチ、ヒラマサの実績もあり、毎年大ダイも上がる。
 
黒潮が差して、水温が上がってくる今後は、オナガダイ、アオダイ、ロウソクチビキ等、スーパーや魚屋では、あまりお目にかかれないような美味しい魚も狙えるようにもなる。

時期や状況によって、色々な魚達が顔を出すスーパー五目が楽しめる。
 
仕掛けは、ハリス4~6号、6m。ハリ数は2~3本。イサキを狙う場合は4号を基本に、大物ゲストが期待できそうなら太めを使う。

また、ヒラマサ、カンパチなどの青物が回っている場合や、状況によってはオナガダイやメダイ等を狙うこともあるので、8号以上6mの仕掛けも用意しておくといい。
 
クッションゴムは、ハリス号数に適した太さの物を各種用意。長さは1m。

ビシは船宿によって異なり、Lサイズ80〜100号を使う。
 
タックルは、狙う魚種が多いことから、複数の竿が必要と感じる方もいるかもしれないが、基本1タックルで大丈夫だ。
 
この釣りで人気のシマアジは、口が弱く口切れによるバラシが多い。

強い引きを吸収する柔軟さがあり、なおかつ魚を浮かせるパワーを併せ持つロッドが適している。

それに該当するのが、遠征五目用、ワラサ竿、強めのマダイ竿など。

長さは2.5~3mの範囲で選ぶといいだろう。
 
狙うタナが20~100m前後と幅広い南沖。リールは手返しの面から電動リールがだんぜん便利。

PE5~6号を300m巻けるサイズが適している。
 
付けエサ、コマセはオキアミを使う。魚影の濃い南沖は、エサ取りが多いこともある。

そのような時はイカタンを使うことで、ある程度エサ持ちが良くなり、ヒットにつながる場合もある。

また、オナガダイやメダイなどを狙う場合は、サバやサンマなどの切り身が良い場合もあるので、色々と持参して楽しんでいただきたい。

付けエサはオキアミやイカタン。仕掛けはイサキ狙いなら3本バリ、ゲスト狙いなら1~2本バリ

朝イチは人気のシマアジ狙い!

出船は午前3時頃。

夜間の航行中は危険がともなうので、到着まではキャビン内で過ごす。

ほとんどの船に、ベッドや仮眠できるスペースがあるので、ポイントまでは快適。出船時間は早いが、グッスリと寝入っている間にポイント到着だ。
 
朝イチは、この釣り人気のシマアジ狙いからスタートする。

状況によっては、途中で狙うこともある。
 
タナは「○m」と海面からビシの位置で出る。

開始の合図が出たら、ビシから投入。

指示ダナより8mほど余分に落とし、2~3回に分けてコマセを振り出しタナまで巻き上げる。
 
シマアジは、コマセに突っ込んでくる習性があるので、タナを取った直後にアタリが訪れる場合が多い。

活性が高ければタナにくるまでにヒットすることもある。
 
パッとまかれたコマセに反応して突っ込んでくるシマアジは、自分の仕掛けとコマセが同調している間がヒットチャンス。

タナで1~2分待ってアタリがなければ、手返ししていこう。
 
ビシに入れるコマセの量はビシに3分の1〜半分程度にして、出の良さを重視。

少ないコマセ量を手返し良くまくことで、食いが長続きしやすくなる。
 
シマアジは口切れしやすいので、ドラグは緩めに調整しておくこと。

ヒットしたらやり取りにも注意。引っ張りっこはバラシにつながりやすい。

強く引くときは竿とドラグで堪えて、弱まったときに巻き上げる。

大型のシマアジや青物がヒットした場合は、船長に合図しよう。

他の人の道具を上げるよう指示を出してくれ、船で魚を追いかけてアシストしてくれる。

これで取り込める確率が高くなる。あとは、思う存分大物とのやり取りを楽しもう。

シマアジの後はイサキに移行

朝の1~2時間シマアジを狙った後は、お土産のイサキを釣りながら高級ゲストも狙っていく。
 
潮の速い海域であるため、基本は1流し1投入。船長は潮の速さを計算して、仕掛けがタナに入った頃に、イサキの反応に当たるよう潮上から船を流していくので、合図に合わせて投入することが大切。

遅れた場合は、無理に投入しても釣れないばかりか、周りとオマツリして迷惑をかけることになるので、1回お休みして次投の準備をしておこう。
 
普通の日並なら、タナに合わせて間もなく、キュンキュンッと小気味良いアタリが訪れるはず。

追い食いを狙って数を伸ばしていこう。
 
イサキはコマセに誘われて、上へ上へと泳層が上がってくる。

最初のアタリがきたら、1~2m巻いて待つと追い食いしやすい。

また、10mほどゆっくりと巻き上げてくるのも一つの方法。

いっそうアタリが激しくなり、重みが増したら、2匹目、3匹目がヒットしているはずだ。
 
イサキを狙っている時も、突然ドカーンと大物ゲストからのアタリが訪れるパターンは多い。

「下に大きい反応があるから注意して」と船長からアナウンスが出た時や、釣れていたイサキのアタリが急に止まった時などはドカーンとくる可能性がある。

ドラグは、投入毎に調整するようにしよう。
 
大物ゲストが魅力の南沖の遠征五目。朝イチのシマアジ狙いに加えて、黒潮が差し水温の上がるこれからは、深場のポイントも期待。オナガダイ、メダイ等の大物の他、ロウソクチビキといった普段お目にかかれない美味しい魚が狙えるようになる。
 
各都道府県の緊急事態宣言が解除され、普通の生活が戻りつつある今。

6月に入ると南沖遠征も再開された。

予防のマスクは、釣りを楽しむためのマナー。

予防対策をして、思いっきり楽しもう。

東伊豆南沖の遠征イサキ五目!釣行レポート

イサキは小気味良い引きが楽しい

東伊豆南沖のイサキは盛期に入って、数釣りが楽しめる

イサキは多点掛けを狙おう

うまく追い食いさせてトリプル!

大型シマアジヒットの可能性もある

マダイは定番の高級ゲスト

東伊豆南沖は根魚も豊富!良型のカサゴもヒット!

これはイシガキダイ

メジナもよくまじる

梅雨時期を迎えて30㎝クラスの良型イサキの安定した釣果を望めるのが東伊豆南沖。

このイサキを主体に狙いながら各ポイントを周り、シマアジ、ヒラマサ、カンパチなどの青物、マダイ、メジナ、オナガダイなど美味しい高級ゲストがまじる。

この魅力たっぷりの「遠征五目」は今の時期のオススメの釣り物。
 
航程約2時間半のポイントは魚の宝庫。盛期に入っているイサキは高活性。

トップが規定数の80匹に達することも珍しくない。

ダブル、トリプルを狙って数釣りを堪能しよう。

パンパンに張ったお腹には、白子、真子がギッシリ。この時期ならではの味覚も楽しめる。
 
朝イチに狙うシマアジは、この釣りの一番人気。

1~2㎏級がアベレージサイズだが、数多くの大物が取り込まれいるので侮れない。

今期はコロナウイルスの影響で4月中旬から出船自粛になってしまったが、その前には6㎏級が取り込まれており、大物は潜んでいる模様。
 
状況によってヒラマサやカンパチなどの青物が回遊することもあり、大型のマダイがドカーンとヒットすることもある。

状況次第だが、黒潮が差し込んでくるこれからは、オナガダイ、メダイなども狙える。

タックルの準備をしっかりと整え挑んでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2020年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
高性能ブランクスを採用したキャスティングロッドシリーズ「カレントラインキャスティズム」
夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読