MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型乱舞!エンジン全開!テンヤマダイ攻略法!茨城 日立久慈沖

大型乱舞!エンジン全開!テンヤマダイ攻略法!茨城 日立久慈沖

ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。

乗っ込み期に入りビギナーにも大型のチャンス!マメな入れ替えと、中層までの探りでヒットを誘発させよう

大型はもちろん、数も 期待でき入門にも最適!

一足先に乗っ込みに突入した鹿島沖に続け~!とばかりに、ここ日立久慈沖のマダイも活性が上がり始めシーズンイン目前なので、当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。

「ちょっと前までは、乗っ込みに向けての端境期で日ムラがあったけど、ここ2、3日前(5月末)から安定しだして2㎏クラスの良型が顔を出し始めたよ。

数も釣れだしたし、五目要素も強くなり雰囲気が一気に良くなったので、今後が楽しみだよ」と嬉しい見通しを語ってくれたのが、年間を通してテンヤ船を出す日立久慈港「大さん弘漁丸」の大船長・小泉秀彦さんだ。

現在攻めている水深は、例年乗っ込みが始まる30~40mダチ。

当地の沖は、マダイが好む大小の根が無数に点在しているが、この時期はその中でも根が連なるエリアで実績あるポイントを流していると言う。

「現状でのアベレージは1㎏前後だけど、乗っ込み本番ともなれば2㎏クラスの良型が増えて、今回キャッチしたような5~6㎏クラスの大ダイがドカン!ドカン!と気持ち良く顔を出すからね。楽しい釣りが期待できると思うよ」と大船長。

ちなみに今後は、徐々に灘より(浅場)に向かうので釣りやすくなり、入門にも最適とのこと。

それでは、そんな大物をバッチリ仕留める方法を紹介だ。

一般的なひとつテンヤ専用タックルで挑もう!

最近のテンヤマダイ専用タックルは、フラッグシップモデルでなくても性能がかなり高い。

ロッドは、感度が良いことはもちろん、しなやかに食わす穂先を持ち合わせているので掛けやすいし、アワセも胴からバッド部にかけてパワーがあるのでしっかり効く。

また専用リールは、優れたドラグ性能を搭載しているので、ファイトを有利にしてくれるし、何より軽量で巻き心地も滑らか。

スムーズに寄せられるので魚を獲りやすい。

ちなみに軽さは感度に直結するので、アタリを取りやすいというメリットもある。

手の届く範囲で購入すると良いだろう。

「うちでは2.4m前後の専用ロッドに中型のスピニングリールを組み合わせている人が多いかな。リールのサイズは2500番クラスが一般的だけど、これからの時期は大型がターゲットになるので、よりパワーがある3000番クラスを選んでもいいよ」と船長。

道糸は、セオリー通りのPE0.8号で良いが、当地は根(岩礁帯を含む)のきつい場所を攻めるので1号、もしくは1.5号でも構わないと案内しているそうだ。

「根で擦れて高切れするなら、ちょっと太目で挑む方が結び直しで無駄な時間を取らずに楽しめるしね」。

リーダーは、前記の理由でナイロンより強いフロロカーボン製を使用する。

2.5~3号を5m程、FGノットなどのラインシステムを組んで直結しよう。

タックルは、ベーシックなテンヤ専用ロッドに中型スピニングリールの組合せでOK

テンヤは3~8号が中心も、底が取れる号数でスタート

後に詳しく解説するが、1投目や入れ替え時のフォール(落とし込み)及び、その着底直後にヒットするケースが非常に多いテンヤマダイ。つまり確実に底が取れる号数(重さ)のテンヤを使って挑むことが、魚と出会う最短ルートになる。

「予約時や乗船時に使用テンヤの号数を聞かれることが多くて、ポイントの水深を伝えて、何号くらいと答えるんだけど、ビギナーの場合はそれよりも重い号数を使うことをオススメしているよ。しっかり底を取ってチャンスをモノに欲しいからね」と微笑んだ。

ちなみに現在のポイントは水深30~40m。

テンヤは3~8号までをよく使うが、速潮時などもあるので12号まで用意して出掛けよう。

最近はタックル同様テンヤも進化。

さまざまな形状や特性を持つタイプが発売されている。

中でもエサの吸い込みやすさとテンヤを支点によりナチュラルにエサをフォールさせることができる〝遊動式テンヤ〟の活躍は目覚ましく、取材日も威力を発揮した。

武器になるとお伝えしておこう。

使用テンヤは3 ~ 12 号で、現在は6~8号が中心だ/テンヤのカラーは、金と金絡みの配色の実績が高い。

頭が取れにくいエサ付けで挑もう

エサは冷凍エビの中型を使用している「大さん弘漁丸」。

頭がしっかり固定できるとの理由で、写真のようなエサ付け推奨している。

ちなみに付け方は、

①エビの尾羽を切る。

②胴部の一節目のところに孫バリを刺し、頭胸甲へハリ先を抜く。

③親バリの先端を切り口にあて、懐のカーブに合わせてエビの尻尾を丸めて刺し込み、身側にハリ先を出して完成だ。

エサ付けの完成形がこれ。親バリの軸から一直線になるようにエビを付けよう

基本はボトム狙い!浮いた反応も探ろう

通常、マダイは根周りの底付近に潜んでいて、落ちてくるエサを虎視眈々と待ち構えている。

第1投目のテンヤのフォール&着底前後にヒットするケースが多いと前記したのは、そんな背景があったからで、着底後も底付近から探っていくのがセオリーとなる。

「ポイントに着いたら水深をアナウンスするので、道糸に付いているマーカーでテンヤを追い着底まで10mくらいの距離にきたら、より集中して穂先のブレや道糸の動きを見ること。で、違和感を捉えたら間髪入れずに即アワセを入れるように」と大船長。

アタリが無ければ、上のイラストで紹介している一連の流れに入ろう。

誘いとなるリフト&フォールを行うときは、必ず誘い上げたときと着底させたときに3~5秒程度の〝止め〟を入れ、食わせのタイミングを与えること。じっくり見せて食わすのだ。

乗っ込み期のマダイは、エサとなる小型のベイトフィッシュなどを求めて浮上してくることが多々ある。

そんな状況下でのテンヤ釣りは、1~2m刻みでタナを上げて探るのが一番で、釣果を得る人はこれを丁寧に行っている人が多いとのこと。

「まだ、こっちじゃジグやタイラバなどの巻き物系で探る人は少ないけど、タナを探る意味では簡単だし結果も出ているので持参しても良いかも。

うちはテンヤ船だけど巻き物系もOKだから」とアドバイスをくれた。

フォールの違いで誘いとアタリ方が変わる

投入時はもちろん、誘いとなるリフト&フォールを行っているときも、圧倒的にアタリが多いのがフォールだ。

ただし、闇雲にテンヤを落としているだけでは釣果は上がらない。

ここでは基本となるテンションフォール。

よりナチュラルに誘えるフリーフォールの二つを紹介するので、上のイラストを参考にやり方をマスターして欲しい。

使い分けて釣果アップにつなげよう。

●テンションフォール…ズバリ、ビギナー向け。

道糸を張った状態で、超スローで落として行くフォール法で、直線的にテンヤが落ちるのでアピール力はやや欠けるが、うねりなど海上が荒れていてもアタリは取りやすい。

●フリーフォール…頭上から一気に海面に穂先を移動させて落とし込むフォール法で、テンヤはラインの抵抗を受けない。

テンヤのスイング幅が広く、アピール度が高いが、ラインの走りでアタリを取るため、慣れないと海上が時化ている場合はアタリを取りにくい。

以上を頭に入れておこう。

ちなみに遊動テンヤは、ハリとオモリが分かれる構造がメリットになる。

エサに食いついたとき、ラインが滑るので食い込みが良いのだ。

ただし、アタリが出るのにタイムラグがあることを覚えておこう。

アタリが出る角度を意識、入れ替え重視で探ろう

水深が徐々に浅くなっていくこの時期は、テンヤをキャストして広範囲を探ることも重要となるが、「大さん弘漁丸」では、よりアタリを取りやすくするためにもキャストを推奨していて、その理論は上記イラストの通り。

「アタリが明確に出る理想的なロッドとラインの角度は90度。この角度に近づくほどアタリが取りやすくなる。浅場でもキャストすれば、それが実現できるので、キャストして探って欲しいんだよね」と大船長。

船は風で流されるし、潮もある。
一度テンヤを投入すれば、道糸の動きで流れが掴めるので、それを考慮してキャストしよう。

ちなみに船から遠ざかるように動く場合は、あえて重たいテンヤを使い、船下ギリギリにテンヤを投入して素早く底まで落とす工夫をするなどして対応しよう。

「探ってきて90度に近い角度が取れなくなったら即、入れ替える。そしてこれを繰り返すことが効率良く探る究極の方法になるよ」。

これからは水深が浅くなるので、魚が掛かると横っ走りをする。

根掛かり回避のためと、走り終わった際のテンション抜け(ハリ外れ)に備えて、ドラグで道糸が出ている時もリールを巻き続けてファイトして大物を獲り込もう!!

「この走りも病み付きになる要素だよね」と大物とのバトルを楽しむ常連さん

取り込みは、仲乗りの茂木さんがタモ入れしてくれるので任せよう

堂々の6.2㎏浮上!

現在は1㎏前後のマダイがアベレージだ

こちらは2.3㎏。乗っ込み時はこのクラスが頻繁にアタリ出す

3枚をゲットの常連さんは「入れ替え重視の攻めで仕留めました」とのこと

「違和感を感じたら即アワセが鉄則ですね」とニッコリ

マダイ特有の三段引きを楽しもう

引き味バツグン!ヒット後、中層、表層付近で走るマダイ。

スリリングなファイトを満喫しよう

この小型がエサ取り的にアタッてくる

日立久慈沖にGO!

「今後は徐々に浅場に舞台を移しながら数、型ともに良くなります」と大船長は言う

根と根の間を流すので、さまざまな魚が顔を出しクーラーは賑やかになる

イナダ

ホウボウ

タチウオ

ムシガレイ

ハナダイ

ヒラメ

マハタ

下船後には、お土産争奪のじゃんけん大会やお弁当が振舞われる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城県・日立久慈港「大さん弘漁丸」

ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ。

関東南部では終盤戦を迎えさらにヒートアップしているが、ここ日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。

「ちょっと前までは、乗っ込みに向けての端境期で食ったり食わなかったりしてたけど、ここ2、3日前から2㎏クラスの良型が顔を出すようになって雰囲気がグンと良くなってね」と笑顔で現状を説明してくれたのは、年間を通してテンヤ船を出す「大さん弘漁丸」の小泉秀彦大船長だ。
 
数はもちろん、五目要素が強くなるのも久慈沖の特徴で、すでにその兆しもあるとのことだ。
 
現在攻めている水深は、例年乗っ込みが始まる30~40mダチで、大小の根が連なるような場所を流している。
 
釣り方は、基本通りテンヤを海底まで落としてソフトなリフト&フォールで誘うが、これからの時期は浮いた反応も多くなると言う。

「底から10mくらいまでは探って欲しいよね。こっちはまだ巻き物系(ジグやタイラバ)で釣る人は少ないけど、タナを探る意味では楽だしアタリもあるので持参しても良いかも」とアドバイスをくれた。
 
ちなみに今回の取材でも回収時に良くヒットしてくるなど、中層にマダイが居るのは明らか。

しっかり探って釣果に繋げよう。

以上の記事は「つり丸」2020年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
高性能ブランクスを採用したキャスティングロッドシリーズ「カレントラインキャスティズム」
夏の風物詩、相模湾のシイラゲームが早くも佳境に突入!今期の最新タックル&マストルアーで南国の使者、黒潮の申し子たちと遊ぼう!
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読