MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

小型おおくまじる季節になったが、大型も連日ヒット中だ。

波崎沖のアカムツが絶好調! ひと昔前は幻扱いされていたのがウソのように、トップ15匹オーバーなんて夢のような数字を叩き出している。

1匹がうれしいアカムツ。笑顔が絶えません。

船で配られるエサはコレ。

全員キャッチだ。置き竿でも釣れるほど高活性だった。

手持ち竿でタタキ、タルマセ、聞き上げ、落とし込みなどあらゆる誘いを駆使する各船の名人たち。これで腕の差が出る。

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「三栄丸」。

「三栄丸」での取材日もトップ17匹、前日も15匹(2番手14匹は2人)と、どっかのオネエタンレントのように「マボロシ〜!?」を連発したい位だ。
ただし「この釣りは腕で差が付く釣り」とは「三栄丸」の木村卓三船長。波崎沖のアカムツ釣りでは誘いが不可欠で、誘いの上手下手で釣果に差が出るのだ(とは言っても目下の食いなら置き竿でも3〜4匹は固いが…)。
当日の型は30〜35㎝級とやや小振りが目立ったが、
「ここ数日小さいのが多くなっちゃったね。でもこれで終わりじゃないと思いますよ。入ってくる群れによって型の大小があるのだけで、また暫くすればキロオーバーもまじり出すでしょう」と木村船長。「三栄丸」では年内いっぱいアカムツ狙いで出船の予定だ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読