MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

小型おおくまじる季節になったが、大型も連日ヒット中だ。

波崎沖のアカムツが絶好調! ひと昔前は幻扱いされていたのがウソのように、トップ15匹オーバーなんて夢のような数字を叩き出している。

1匹がうれしいアカムツ。笑顔が絶えません。

船で配られるエサはコレ。

全員キャッチだ。置き竿でも釣れるほど高活性だった。

手持ち竿でタタキ、タルマセ、聞き上げ、落とし込みなどあらゆる誘いを駆使する各船の名人たち。これで腕の差が出る。

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「三栄丸」。

「三栄丸」での取材日もトップ17匹、前日も15匹(2番手14匹は2人)と、どっかのオネエタンレントのように「マボロシ〜!?」を連発したい位だ。
ただし「この釣りは腕で差が付く釣り」とは「三栄丸」の木村卓三船長。波崎沖のアカムツ釣りでは誘いが不可欠で、誘いの上手下手で釣果に差が出るのだ(とは言っても目下の食いなら置き竿でも3〜4匹は固いが…)。
当日の型は30〜35㎝級とやや小振りが目立ったが、
「ここ数日小さいのが多くなっちゃったね。でもこれで終わりじゃないと思いますよ。入ってくる群れによって型の大小があるのだけで、また暫くすればキロオーバーもまじり出すでしょう」と木村船長。「三栄丸」では年内いっぱいアカムツ狙いで出船の予定だ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル