MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

ッ抜けも珍しくない! アカムツ大フィーバー!!【波崎沖カンネコ根】

食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

小型おおくまじる季節になったが、大型も連日ヒット中だ。

波崎沖のアカムツが絶好調! ひと昔前は幻扱いされていたのがウソのように、トップ15匹オーバーなんて夢のような数字を叩き出している。

1匹がうれしいアカムツ。笑顔が絶えません。

船で配られるエサはコレ。

全員キャッチだ。置き竿でも釣れるほど高活性だった。

手持ち竿でタタキ、タルマセ、聞き上げ、落とし込みなどあらゆる誘いを駆使する各船の名人たち。これで腕の差が出る。

超高級魚アカムツを、なんと15匹キャッチだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「三栄丸」。

「三栄丸」での取材日もトップ17匹、前日も15匹(2番手14匹は2人)と、どっかのオネエタンレントのように「マボロシ〜!?」を連発したい位だ。
ただし「この釣りは腕で差が付く釣り」とは「三栄丸」の木村卓三船長。波崎沖のアカムツ釣りでは誘いが不可欠で、誘いの上手下手で釣果に差が出るのだ(とは言っても目下の食いなら置き竿でも3〜4匹は固いが…)。
当日の型は30〜35㎝級とやや小振りが目立ったが、
「ここ数日小さいのが多くなっちゃったね。でもこれで終わりじゃないと思いますよ。入ってくる群れによって型の大小があるのだけで、また暫くすればキロオーバーもまじり出すでしょう」と木村船長。「三栄丸」では年内いっぱいアカムツ狙いで出船の予定だ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読