MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アオリイカはまだ小型だったものの、スミイカとモンゴウイカは、良型もまじって元気いっぱいの乗りを見せてくれた

準備万端、あとは釣るだけ。

何が出るかな!? 五目のイカ釣りも楽しいぞ。

モンゴウイカは500g前後も多い。2㎏クラスまで育った大型のイカだ。

モンゴウをナメてもらってはこまる! とってもおいしいよ。

スミイカもメインターゲットのひとつ。

シリヤケイカもまじった。

秋の深まりとともに、内房の餌木イカシーズンが好期を迎えた。
主役となるのはアオリイカ、それに加えてスミイカ、モンゴウイカの3種。特にモンゴウイカは上総湊近辺に多いイカで、大型の引き味が魅力だ。また、その濃厚な旨味はアオリやスミイカにも引けを取らない。
アオリは鋭くシャクった方が乗りが良いが、スミイカとモンゴウイカは静かに待つ方が良い。餌木を底すれすれに静止させていると、穂先をスーッと引っ張るアタリが出る。すかさず竿を立てて掛ければ、竿が大きく絞り込まれる。この釣り味は餌木釣りならではの楽しさだ。
餌木の色も重要だ、その日の潮色や流れによって当たりカラーは変わるので、迷った場合は鈴木一雄船長に聞いてみよう。釣り人と一緒に竿を出しているので、その時に効果的な色を教えてくれる。
取材日にはアオリイカはまだ小型だったものの、スミイカとモンゴウイカは良型もまじって元気いっぱいの乗りを見せてくれた。
どれも成長の早いイカなので、11月に入ればシャクった手が止められるほどの重量感が味わえるだろう。凪が続いたあとは好釣のチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル