MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。

perm_media 《画像ギャラリー》アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖】の画像をチェック! navigate_next

アオリイカはまだ小型だったものの、スミイカとモンゴウイカは、良型もまじって元気いっぱいの乗りを見せてくれた

準備万端、あとは釣るだけ。

何が出るかな!? 五目のイカ釣りも楽しいぞ。

モンゴウイカは500g前後も多い。2㎏クラスまで育った大型のイカだ。

モンゴウをナメてもらってはこまる! とってもおいしいよ。

スミイカもメインターゲットのひとつ。

シリヤケイカもまじった。

秋の深まりとともに、内房の餌木イカシーズンが好期を迎えた。
主役となるのはアオリイカ、それに加えてスミイカ、モンゴウイカの3種。特にモンゴウイカは上総湊近辺に多いイカで、大型の引き味が魅力だ。また、その濃厚な旨味はアオリやスミイカにも引けを取らない。
アオリは鋭くシャクった方が乗りが良いが、スミイカとモンゴウイカは静かに待つ方が良い。餌木を底すれすれに静止させていると、穂先をスーッと引っ張るアタリが出る。すかさず竿を立てて掛ければ、竿が大きく絞り込まれる。この釣り味は餌木釣りならではの楽しさだ。
餌木の色も重要だ、その日の潮色や流れによって当たりカラーは変わるので、迷った場合は鈴木一雄船長に聞いてみよう。釣り人と一緒に竿を出しているので、その時に効果的な色を教えてくれる。
取材日にはアオリイカはまだ小型だったものの、スミイカとモンゴウイカは良型もまじって元気いっぱいの乗りを見せてくれた。
どれも成長の早いイカなので、11月に入ればシャクった手が止められるほどの重量感が味わえるだろう。凪が続いたあとは好釣のチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2013年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
アカムツ全国大ブレイクの聖地“カンネコ根”が乗っ込みシーズン開幕!!最高のメタボボディと激うま求めて基本テクニックを磨こう!
関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル