MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大アジ!良型マダイ!超弩級イシナギヒット中!相模湾 城ヶ島沖

大アジ!良型マダイ!超弩級イシナギヒット中!相模湾 城ヶ島沖

小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣り!大アジは堅調でダブル、トリプル!マダイは一瞬のチャンスに!イシナギは超弩級もヒット中!

アジプラスαで超大物もチャンス!

ポイントは城ヶ島沖90~110mほど。潮により50~60mも狙う

小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣りは、ビシアジをメインにその時々に釣れる魚を狙って釣り人を楽しませてくれる。

冬場は青物、春からはクロムツやヒラメ、マダイ、初夏からはイシナギとターゲットは多彩だ。

「アジは大型が安定して釣れています。潮の濁りで釣れる魚も変わってきます。今の時期はマダイがチャンスです」とは高木洋征船長。

アジはほとんどが35㎝前後の大型で、ダブル、トリプル当たり前といった状態で、ビギナーでも大釣りが可能だ。

「アジを本気で釣ったらいくら釣れるかわかりませんね。それぐらい魚影が濃いようです」とは近藤惣一郎さん。

30リットルクラスのクーラーボックスは欲しいところ。

そして現在のもうひとつのターゲットがイシナギだ。

5月ごろから浅場(といっても100mくらい)の魚礁に入ってきて、しばらくそのまま居着くのだという。

魚礁周りはアジのポイントでもあり、釣ったアジを泳がせてモンスター級を狙う。

「イシナギは30㎏くらいのは結構獲れますが、なかなかでかいのは簡単にはいきませんね。100㎏クラスもヒットはしているんですよ」

後述するが、イシナギは初めが肝心の魚だが、でかいのがヒットすると竿を起こせずにそのまま根に潜られてしまうことが多いのだという。

獲れる、獲れないは別にしても、こんな近場で超大物が潜んでいると思うだけでも夢のある釣りだろう。

イシナギを狙いたい場合は、予約時に船長に伝えるといいだろう。

「洋征丸」は予約順を基本に、釣りやすいように座席の調整をしてくれるので、必ず伝えておこう。

ビシアジタックルでOK!仕掛けは狙いによってチェンジも

まずは基本のビシアジ釣り。

タックルはノーマルなビシアジタックルでOK。

ビシ130号が背負えてコマセがしっかりと振り出せる竿をセレクトする。

ガチガチの竿よりもムーチングタイプの竿を好む人が多い。

「マダイなどを視野に入れた場合は、粘りのある竿がオススメですよ」という近藤惣一郎さんが使用するのは、ダイワ「ショットバイパーMHー210」。

大ダイや青物でも安心のやり取りができるという。

リールはPE4号以上が300m巻ける電動リールを使用する。

水深は60~110mほどで電動リールは必須アイテムだ。

中型テンビンに1.5~2㎜のクッションゴムを30㎝ほどつけておく。

ビシはプラビシ、アンドンタイプの130号でどちらでもいいという。

ただし、サバが多くなった時に、サバを避けたいならプラビシを使ったほうがいいそう。

あとは「洗うのが楽」という理由でプラビシを使う人が多い。

仕掛けは現在のアジメインの場合はハリス2号、2~3本バリ、全長は2m前後でいいだろう。

ダブル、トリプルが多いので、扱える人は3本バリ仕掛けがオススメだ。

ただし、現在、ポイント周辺は潮が速いことが多く、オマツリも増える。

仕掛けの予備は多めに持参しよう。

「洋征丸」にはスグレモノのオリジナル仕掛けがあるが、こちらは仕掛け本体部分とハリスが分かれていて、ターゲットによって変えていくというもの。

船長から「ここはマダイがまじる場所」とか「マダイを狙うよ」というアナウンスがあったらこちらの使用がオススメだ。

アジ仕掛けよりもハリスが太く、大型に対応する。

「マダイを狙う時も長い仕掛けは必要ないですよ。コマセに突っ込んできますから」

コマセはイワシミンチ、支給の付けエサはアカタン。

マダイ狙いにはサバの身を1㎝角にカットしたものがオススメだという。

各種付けエサも受付時に購入可能だ。

アジのポイントは水深60~110mほど。

ここ最近は潮が澄んでいるため深場が多い傾向だという。

このエリアでのタナは海底から4、5mと高めを狙うことが多い。

コマセは3分の2ほど詰めてまずは着底させる。

魚礁周りでは根掛かりもあるので注意する。

5mのタナを狙う場合、着底したら素早く3m上げて、まずはコマセをまき、1m上げて2度のめコマセをまき、1m上げて待つのが基本。

「潮が澄んでいるときは、最初にコマセを一気にまいて濁りを作り、すぐに食わせるイメージで釣ってください」とは仲乗りの井上さん。

通常、ビシアジ釣りは、少し待ってアタリがなければ再度底を取り直すが、このエリアでは取り直しても1回だという。

「潮も速いので、やり直すと仕掛けが出ちゃってオマツリも多くなります。できるだけ1回で食わせるようにします。コマセをまく時も、同じ場所で何度も竿を振って一気に出すイメージです」

潮が澄んでいても速くてもアジの活性は高い。

アタリがあったら追い食いを待ってみよう。

最初にアタリがあったらそのまま竿を持ち上げるように1m巻き待つ、少し待ったらもう1m上げて待つ。

これだけでも追い食いしてくる可能性が高いという。

マダイの可能性がある場合も釣り方の基本は同じ。ただし、マダイが食った場合は引きがまるで違う。

水深は100mほどだが、最初の引きは強烈。初めは無理せず上げていこう。

大型の場合、船長や仲乗りの井上さんが的確なアドバイスをしてくれるので安心だ。

サバが多い時は、蛍光ビーズなど光り物を外すといいだろう。

サバが欲しい、という人はそのままでもOK。

イワシミンチ、ポリビシを使用したビシ釣り

アジはアカタンで

仕掛けは大アジ狙いのものを

マダイは1cm角のサバ

船宿オリジナル仕掛けは対象魚によってハリスの号数をチェンジできるスグレモノ。マダイ狙い時には使いたい

10mはガチンコ勝負!魚礁に入ったらアウト!

イシナギ狙いのタックルは、相模湾のキハダ、カツオタックルでOK。

道糸はPE10号だと安心だ。

「ハリは泳がせの30号以上、ハリスは最低でも30号、ナイロンなら60号以上あってもいいかもしれません」と船長。

仕掛けの長さは2mほど。

オモリは150号、200号を用意しておくと安心。

アジを投入して着底したら5mほど上げて待つのが基本。

イシナギにロックオンされると暴れ出す。そして食うとギューンと竿が入り込む。

「無理なアワセはいりません。竿が入り込んだら一気に10m巻いてください。モタモタしていると魚礁に入ってしまいます」

「10m一気に巻く」と書いたが、これが実はそう簡単ではない。ドラグをガチ締めして電動のアシストをもってしても微動だにしないことも。

「10m離したらあとはゆっくり巻き上げてくれば大丈夫です」

イシナギは落ちてくるエサに反応することが多いそう。

もし、ポイントに留まっていてアタリがない場合は、マメにエサを交換して、落ちてくる動きを演出してやるといいという。

「100㎏クラスも潜んでいます。獲れるかどうかは運も大きいですが、狙ってみる価値はありますよ!」

相模湾・城ヶ島沖 アジ・マダイ五目 釣行レポート

大型アジはまあカタい!マダイ、イシナギ、ヒラメなどプラスアルファで夢を狙えるぞ!

〝侍ドクター〟近藤惣一郎さんは解除後一発目のターゲットにアジ・マダイ五目をセレクト。「アジはいくらでも釣れるよ!」

「初心者からベテランの人まで楽しめますね」

大アジは堅調

35cm前後の大型アジばかりがダブル、トリプルで釣れ盛っている。ビギナーでもレンタルタックルで楽しめる

大型アジのダブル!

丸々と太って美味しそう!

トリプルシーンも多くみられた。追加のアタリを待とう

「本当にマダイが釣れるんですね」と1.3㎏クラスを!

マダイは5kgオーバーもチャンス(船宿HPより)

大ダイチャンス!(船宿HPより)

イシナギはアジの泳がせで狙う

夢の大型続々ヒット中!

イシナギがヒット!最初の10mはかわしたが果たして…

いよいよフィニッシュというところで痛恨のバラシ!これもまたイシナギ釣りだ

イシナギは30~40kgクラスが。

100kgクラスもヒットするがなかなか難しいという

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」

モ ヤモヤっとした気分を吹き飛ばしてくれるターゲットがある。

それが小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目釣りだ。

ビシアジを本線に、その時々に釣れるターゲットを狙う。

「現在は大型のアジが好調ですね。これにマダイ、泳がせでイシナギ狙いというのが定番メニューになっています」と高木洋征船長は言う。
 
取材日は朝から35cm前後の大型アジがダブル、トリプルでほぼ絶え間無く釣れ、大型クーラーが埋まっていく。

急にアタリがなくなったときなどはマダイのチャンスだ。
 
そして後半はアジを泳がせてのイシナギ釣りも可能だ。

獲れるのは20~40kg級が多いというが、100kgクラスもヒットしているという。
 
この日は、ラストまできてバラシ、最初の突っ込みになすすべなくバラシと上がらなかったがアタリは続いた。

今月いっぱいがチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2020年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読