MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で炸裂!日立久慈沖テンヤマダイ!大型まじりゲストも多彩!

浅場で炸裂!日立久慈沖テンヤマダイ!大型まじりゲストも多彩!

好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

これからは浅場がメイン!大型マダイもまじって ゲストも豊富にまじる!

取材当日は水深30m台で良型マダイがヒット!

今年は早春の時期からまずまずの好調が続いている日立久慈沖のマダイ。

6月中旬の時点では、中小型の数釣りができる日が多く、ときおり良型マダイがまじっている。

今回の取材は日立久慈港「釣友丸」で敢行。

若林正行船長は型狙いに徹し、水深30~40mのポイントを流した。

ひと流し目からいきなり2.7㎏の良型がヒットし、キロクラスのマダイも取り込まれた。

そのほかにも良型マダイと思われるバラシもあった。

「これから、マダイはどんどん浅場に入っていきます。中小型は数釣れることもよくありますよ」と若林船長。

また、いろいろなゲストもまじる。

取材当日はカンダイ、イナダ、フグのほか、多数のカサゴが釣れた。

ゲストも含めてアタリが多く、これからは浅場がメインになるので、ビギナーにもオススメだ。

ひとつテンヤ専用のタックルを揃えよう

日立久慈沖のマダイを狙うには、標準的なひとつテンヤタックルがあれば楽しめる。

竿はひとつテンヤ専用。
オモリ12号ぐらいまで対応できるもので、長さは2.1~2.7m。

これに組み合わせるリールは小型スピニングリール。

5kgを超える大型マダイのほか、ワラサやヒラマサとやり取りすることもあるので、必ずドラグ性能がいいものを使うこと。

道糸はPEラインの0.6~1号。

リールに150m以上巻いておくこと。

テンヤの種類とエサについて

道糸の先にフロロカーボンのリーダーをFGノットやPRノットで直結にする。

リーダーの太さは2~3号、長さは3~5m。

そして、リーダーの先にテンヤを結ぶ。

テンヤの号数は2~12号まで幅広く準備しておきたい。

今の時期は狙う水深から、4~6号のテンヤを使うことが多いが、これ以外の号数も用意して、どんな状況にも対応できるようにしよう。

テンヤは号数だけでなく、カラー、形状、材質などもバリエーション豊富に用意しておけば万全だ。

テンヤのオモリ部分の色によってアタリの数が変わることもある。

一人で連発している人がいれば、その人の釣り方やタナだけでなく、テンヤのカラーも参考にするといいだろう。

潮が速いときはテンヤを重くするのがセオリーだが、カブラタイプのテンヤを使うのも有効だ。

カブラタイプのテンヤは潮の抵抗が少なく、落下が速いのが特徴。

また速潮時はタングステン製のテンヤも有効。

タングステンのテンヤは鉛のテンヤと比べると、同じ重さでもシルエットが小さくなる。

そのため潮の抵抗が少なくなり、速潮時でも扱いやすい。

「釣友丸」で使うエサは冷凍エビ。

取材当日は2種類の冷凍エビを用意してくれた。

付け方は上のイラストのとおり。

基本は1匹付け(イラストの右側)。

頭部と尾部を固定するように孫バリを刺すのがポイント。

これによってテンヤを上げ下げしても、エビの頭部が取れにくくなるのだ。

エビが小さいとき、または親バリが小さい遊動テンヤでは2匹掛けにするといいだろう(イラスト左側)。

取材当日、2種類の冷凍エビを用意してくれた。好みで使い分けるといいだろう

基本は1匹付け。エサのエビはズレないようにていねいに付けよう。

タナを探ってアタリを出そう

基本の釣り方を示したのが上のイラストだ。

テンヤを投入したらテンヤを着底させるが、テンヤの落下中にアタることもあるのでラインの変化に注意しておくこと。

海中に入っていくラインがフケたり、ラインが走るなどの変化があったときはアタっている可能性が高い。

そんなときは、迷わずアワせてみよう。

テンヤが落下しているときは、あまり大きく糸フケを出さないようにすること。

糸フケを大きく出すと、落下中のアタリがわかりにくくなるからだ。

テンヤが着底したら、糸フケを取って50㎝ぐらい巻き上げる。

その位置でアタリを待ち、時々竿をシャクるなどしてテンヤを動かす。

底付近でアタリがなければ、上のタナも探ってみるといいだろう。

さらに50㎝巻き上げてアタリを待ち、それでもアタリがなければ再度50㎝巻き上げてアタリを待つ。

このように50㎝ずつ巻き上げて、上へと探っていく。

だいたい海底から5m上まで探ってみよう。

ベイトの反応があるときなどは、さらに上の方も探ってみるといいだろう。

取材当日は親子で来ている釣り人がいた。

お父さんが子供の面倒を見るために、自分の竿を船ベリに置いておくと、その置き竿に3回もアタった。

そのうち2回は、マダイと思われるものだった。

それを見て若林船長は、「置き竿でアタるから、テンヤを底付近に落ち着かせて静かにアタリを待っていたほうがいいみたいだね」と分析していた。

このように、その日の状況をつかんで、それに応じた釣り方をすることが大事だ。

アタリがあったら必ずアワせること。

マダイの口は硬いので、しっかりアワせないとハリ掛かりしない。

アワセが弱かったり中途半端だと、ヤリ取り中にハリが外れてしまうので注意しよう。

掛かった魚が大きく、魚が走ったら、止まるまで走らせよう。

ここで無理に止めるとラインブレイクしてしまう。

走るときは糸を出し、走っていないときは巻き上げるを繰り返して寄せてくる。

ドラグを駆使したやり取りが、大ダイヒットの醍醐味だ。

朝イチ、いきなり強い引きが急襲

潮が速いときの釣り方について

潮が速いときはテンヤの着底がわかりづらい。

テンヤの着底は一瞬で、着底後すぐにテンヤは流されていく。

そのため着底のサインは一瞬なので、見逃さないように注意しよう。

テンヤの着底がわからないと、それ以後の釣りが組み立てられなくなってしまう。

そのためビギナーは、速潮時は着底がわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

潮が速いときにタナを探りたいときは、潮の流れを利用するといいだろう。

テンヤが着底したら、リールのベールを戻して糸の出を止め、そのまま待っているとテンヤが浮き上がっていく。

数秒待ってから再度テンヤを着底させる。

このようにテンヤの着底と浮き上がりを繰り返して探っていく。

日立久慈沖テンヤマダイ!釣行レポート

サイズのいいマダイが浮いた!

当日最大は、この2.7kg!

こちらはキロオーバーのマダイ

ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」に2タイプが新登場!榎戸さんが持つ2本が「HTM710M-t」と「HTM710MH」

中盤、榎戸さんに強烈なアタリ!

大ダイと思わせた強烈な引きは、4kgオーバーのカンダイだった

この日は、良型のカサゴが多数まじった

チビっ子アングラーも大活躍!カサゴをゲット

イナダもゲット

ハナダイもヒット

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈「釣友丸」

7月のターゲットとしてオススメなのが、茨城エリアのテンヤマダイだ。

茨城エリアのマダイは、広範囲で早春の時期から好調が続いている。

日立久慈沖もその一つ。

「これからタイは、どんどん浅場に入ってきます。数釣れることもあって、いろいろなゲストもまじりますよ」と話すのは、今回取材した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長。
 
取材時は型を狙って水深30~40mの根周りを狙った。その狙いが的中して、朝イチに2.7kgの良型が取り込まれた。

このほかキロ級のマダイも取り込まれ、バラシも数回あった。
 
取材時は良型のカサゴが多数まじったが、ポイントによっては各種の根魚など、バラエティーに富んだゲストがまじる。
 
これからの時期はゲストを含めてアタリが多いので、ビギナーでも存分に楽しめるだろう。

以上の記事は「つり丸」2020年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読