MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
オキメバル~夜スルメイカ!激釣モード突入中!上越・直江津沖

オキメバル~夜スルメイカ!激釣モード突入中!上越・直江津沖

新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

沖の水深120~130mラインは、一粒で2度おいしい昼オキメバルと夜スルメイカの爆釣ポイント!激うまをたくさん味わおう!

オキメバルとスルメイカをリレーで狙う

新潟県直江津沖はマダイの好漁場として全国に知られる。

その最大のイベントがマダイの乗っ込みだ。

今期はほぼ例年どおり、5月~6月半ばの約1ヵ月半盛大に盛り上がった。

もちろん、マダイシーズンは継続するが、暑い日本海の夏は、夜釣りが沖釣りのメインになってくる。

そのひとつがスルメイカだ。

ポイントは比較的深場で水深100m以上のラインをパラシュートアンカーで潮流しして釣るスタイル。

このイカ釣りが落ち着くと近場の浅場の根周りでカカリ釣りで夜アジとアカイカを狙うのが上越エリアの夏の釣り。

マダイだけでなく、ピンポイントで狙うオキメバル釣りも得意とする直江津港「第3いしなぎ」の岩佐健作船長は、オキメバルとスルメイカのポイントが近いことから、昼にオキメバルを狙い、陸へは帰らずそのまま沖に残り、夜にスルメイカを狙うという、一粒で二度おいしいこのリレー形式が大変人気を得ているという。

「オキメバルはどうしても冬から春のイメージがありますが夏のメバルは脂がのっていて大変おいしいんです。うちは午後出船で半夜釣りをするリレーが看板ですから、オキメバルとスルメイカは相性がよくこの時期の定番なんです」と岩佐船長は話す。

地元アングラーたちはメバル釣りではロングロッドを好むがショートロッドでもオーケー

オモリ150号使用のオキメバル釣り

オキメバルは新潟県内では大衆的な魚なので関東のアジ釣りのように人気のターゲット。

釣り方はサビキ釣りで釣法は成熟しているが、岩佐船長は、一般的なオモリ200号ではなく150号を使ってこの魚を釣っている。

「うちはオモリが150号なので、マダイ竿でもオーケーです」とのことで、オキメバル釣りといえども、ご当地のロングロッドではなくともショートロッドでもよいという。

「仕掛けは一般的なオキメバル仕掛け。その全長が長いので扱いやすさでいえば、ロングロッドに分がありますが、慣れている人ならショートロッドでいいですよ。普段使い慣れたものでチャレンジしてください」とのこと。

オキメバルのオモリは150号。これに対応した竿を使うことができる

仕掛けはホシノ釣具店オリジナルがおススメ

仕掛けはハリス3号。10本バリ前後が基本

岩佐船長は、仕掛けは直江津港近くの釣具店「ホシノ釣具店」のオリジナルのオキメバル仕掛けがおススメという。

市販の一般的なものは、ハリス3号30㎝、枝間が60㎝、10本バリだが、オリジナルはハリス3号25㎝枝間が50㎝、10本バリ。

理由はさだかではないがこれがよく釣れるという。

付けエサはホタルイカゲソ。

サバ皮やイカタンなどの定番エサももちろん釣れるが一番安定しているのがホタルイカという。

メバルの仕掛けはホシノ釣具店オリジナルが岩佐船長の一押しだ

エサはホタルイカゲソが基本。イカタンやサバ皮でもよい

ホタルイカゲソは目と目の間にハリをさす

船長の合図で即投入!オモリを底から1mあげて待つ

釣り方は簡単。船長の合図で仕掛けを投入し、着底したらオモリを1mほどあげて静かに待つだけ。

船長の合図と同時に投入できないと、釣れなくなることがあるので注意。

船長はメバルの反応を見つけピンポイントで投入指示を出しているからだ。

アタリは一機に全員ガタガタガタと出ることや端から順番にアタることもある。

静かに待ち、最初のアタリが来ることを期待しよう。

1匹ヒットしたら、そのあとは追い食いをさせる。

そのまま待つか、アタリが大きいようなら、上バリにヒットしているので、リールを1~2回巻いて再度アタリを待つ。

ハリに掛かったメバルが暴れると他のメバルたちもよってきて連鎖的に食うだろう、という目論みだ。

オキメバルが掛かっているときは、置き竿のまま巻き上げでよいが、電動の巻き上げ速度は低速が鉄則。

早く巻き上げてしまうとバレの原因になってしまう。

ゲストには、良型のマゾイやアラが掛かることもありうれしいお土産になる。

取り込みはけして慌てることはない。

仕掛けが絡まないように落ち着いて1匹ずつ取り込む。

取り込み中にポロリと外れてしまっても、メバルは水面に浮いているのでタモですくうようにしよう。

夜スルメイカのオモリは120号、仕掛けは直ブラがベター

さて、夜スルメイカだがオキメバルのポイントとほぼ同じだ。

だが、船の流し方が違う。
パラシュートアンカーをうっての流し釣りを行う。

ポイントはだいたい100m前後。

釣り開始はまだ、周辺は薄明るいため、イカが乗るタナはベタ底付近が多いが、暗くなると作業灯を灯すためイカが乗るタナは夜が更けるにつれて浅くなる。

だいたい20時ごろから本格的に乗りだすのが例年のパターンだ。

スイッチが入ると水深50mより上ならどこででも乗るようになる。

つまりタナが一定しない。
だから、効率よく広範囲を探る必要がある。

この理由から仕掛けは、直ブラか直結タイプが適している。

一般的には直ブラ仕掛けがおススメ。

スッテやツノの数は5~10本ぐらい。

枝間は100~120㎝ほどとるとよい。

着けるスッテやツノだが3~4号の浮きスッテをメインにして11㎝のプラヅノをまぜてもよい。

浮きスッテのカラーは好みでよい。

岩佐船長はトラ柄のおっぱいスッテが当たりスッテというほど、奇抜なカラーでもよく乗る。

カラーやサイズも異なるものを着けたほうがいいようなので、オリジナルでスッテやツノを着けるならさまざまなものを試してみよう。

直ブラタイプの仕掛けのメリットは、フォールでタナを探れること。

これは大変な武器となるので必携したい仕掛けだ。

直結仕掛けは、爆乗りのときに簡単に数を乗せられるのが最大のメリット。

圧倒的な数字を叩きだせるのはやはりこの直結仕掛けだ。

スッテまたはツノの数はやはり5~10本が標準。

タイプは好みのものでオーケー。

サバが多いときは、この直結仕掛けがその効果をバンバンと発揮するが、慣れない人は手前マツリを起こしやすく結果として数釣れない状況になることも。

そんな人はサバ対策で直結仕掛けを使用するならスッテやツノ数が少ない5本タイプを使うとよい。

他エリアでは、夜釣りの定番となっている水中ライトだが、岩佐船長は必要なし、と断言。

オマツリの原因ともなるのでなくてもよいという。

サバが多い時もあるので直結仕掛けを準備しておこう

︎上越沖のスルメイカは浮きスッテが主役。季節が進むと近場の夜釣りのケンサキイカのアイテムに移行する

直ブラまたはブランコ仕掛けは〝フォール〟で乗せる

作業灯の効果が出てくるのはだいたい20時以降。

それまではぽつりぽつりの乗りが多い。

こんな状況下で全速力で釣りをしていたのでは、いざ本番のときに疲れてしまう。

そんなこともあり、まずはフォールでイカを乗せるようにしよう。

そのやり方は仕掛け投入後、狙いのタナ付近から2~3mきざみにサミングでリールのスプールを止めながら、探る方法。

イカが乗るとフォールが止まる楽な釣法だ。 

イカが乗ったらすかさずテンションを入れて巻き上げ開始。

巻き上げ中にシャクリを入れてスッテに動きを加えてアクションをさせると追い乗りすることなる。

フォールで乗らなかったら巻き上げ誘いに入る。シャクリ上げた分、竿を戻すときにリールを巻くというのを繰り返しながらタナを探る。

この動作がきついときは、一度タナ上まで一気に巻き上げてからサミングフォールの誘いをやってもよい。

20時以降などイカが活発になると水深50mより上でどこででも乗るようになる。

そうなったら、ときにテクニックもなくバンバン乗るので早い手返しで数を稼ぐようにしよう。

この高活性状態やサバが多いときに効果を発揮するのが直結仕掛け。

水深50m前後まで仕掛けを下ろして電動スイッチオン。

シャクリを入れながら上げてくるだけ。

巻き上げスピードの当たりの速さはそのときどきで異なるので、いろいろな速さを試してみよう。

かなり速い巻き上げにも高反応を示すことも。

当たりダナは水深0~50mの全層と思って誘うとよい。

夢中になって釣っていると足元の生け簀のなかがイカでいっぱいとなることも珍しくない。

持ち帰りはジップロックのなかにイカのサイズ別に分けていれるのがおススメ。

慣れている人は、いま流行りの専用のイカトレイを使って持ち帰っている。

【上越・直江津沖】脂ノリノリオキメバル~夜スルメイカ 釣行レポート

1匹ヒットしたらチャンス!追い食い期待!!

いい群れに当たるとこの通り。多点掛けしてズラズラズラ~り!みんなサイズがいいのが魅力だ

多点掛けがうまくいくとご覧のとおり。数時間でクーラーがいっぱいになることもザラ

このサイズはなかなか多点掛けとはいかないが…

直江津沖は良型が多い

体高があって顔が小さいメバルがうまい。内臓に大き目の脂身と肝が入っていれば激うま確定!

過ごしやすい上越沖の夜

左から潮流計、魚探、ソナーなどと魚群をとらえる計器類はフル装備

20時をまわるとたいていは乗りが活発になる

ノリノリモードは後半戦にあり!!

いったん船の周りにイカがつくと水深50mより上で乗るようになり、直結以外の仕掛けでは投入後、イカにフォールを止められてしまうようになる

このサイズが多いが良型もまじる

生け簀のなかはイカで満タンになった。ゆうに100パイは超えている

100パイ釣りを楽しむ地元釣り師たち

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」

マダイの好漁場で全国に知られる新潟県上越・直江津沖。

その最大のイベント期ともいえる浅場の乗っ込みは、6月半ばにひと段落。

例年どおりの展開となった。
代わってうまいターゲットとして取りあげられるのが、沖のオキメバルと夜スルメイカだ。
 
コマセマダイでも定評のある直江津港「第三いしなぎ」の岩佐建作船長は、「オキメバルは冬や春のターゲットと思われがちですが、夏のメバルは脂がのっているんですよ。大型より中型でころんとしていて体高があるものがいいですね。その魚場周辺が夜スルメイカのポイントなので午後に出船してメバルとリレーで狙ってます」という。

つまり一粒で二度おいしいリレー船なのだ。
 
オキメバルの水深は130m前後の根周り。

1匹ヒットすれば、多点掛けの確率アップ。

良型ばかり釣れるのがこの漁場の特徴だ。
 
スルメイカは、6月半ばに開幕したばかり。

ポイントはオキメバルの漁場周辺でパラシュートアンカーをうっての流し釣り。

水深は120m前後だが、辺りがすっかり暗くなるとイカが浮いてきて水深50mより上で活発に乗るようになる。

活性が高くなると仕掛けが落ちなくなるほど入れ乗りになるので、23時ごろまでには、一人100パイキャッチもザラだ。

これから暑くなる日本海。

釣りの主力は過ごしやすい夜釣りになっていく。

以上の記事は「つり丸」2020年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読