MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LT泳がせでキジハタ&夜イカメタルゲーム!石川県・金沢沖

LT泳がせでキジハタ&夜イカメタルゲーム!石川県・金沢沖

金沢「北龍丸」昼は小アジを釣って泳がせ釣りで高級魚キロ級キジハタを狙い!夜はメタルスッテゲームで最盛期のケンサキイカ!よくばりメニューもここならではの楽しみだ。

金沢沖の人工魚礁周りで小アジの泳がせで狙うキジハタ&ヒラメ!夜はメタルスッテでケンサキイカ釣りハイシーズン!

泳がせのメインターゲットは高級魚“キジハタ”

「ポイントはすでに2000ヵ所あります」とは、金沢「北龍丸」の安藤岳志船長。そのポイントとは、根魚の場所。

ツブ根から魚礁まで時間をかけてコツコツと地道に開拓して得たものだという。

「うちは夏から秋は根魚を昼の看板にしてます。近年は食べておいしいキジハタをメインにしてますが、これをターゲットにすると貴重な根魚ですから当然資源の枯渇ということが問題視されますが、知り合いの研究者によると1㎏近くまでは大変成長が早い魚だそうで、繁殖力もあるそうです。とはいえ、ひとつのポイントを攻め続けたのでは、さすがに個体も減ってしまうので、私の操船では、1ポイント1流しのみのラン&ガンスタイルでこの魚を狙っています。どうせなら末長くキジハタ釣りを楽しみたいですからね」と安藤船長は語る。

このキジハタはどのようにして釣るかというと、生きエサの小アジを確保してから、泳がせ釣りをするという。

しかも、オモリは60号。

つまり感覚的にはイワシエサのヒラメ釣りだ。

まず、港前でサビキでエサの小アジを確保

「ライト(LT)泳がせは、まず、浅場でアミコマセとスキンサビキを使って、小アジを釣ります。中アジ以下はすべてエサになります。もちろん豆アジも。だいたい一人30匹くらいはほしいですね」と船長。

ポイントは港前のテトラ際や防波堤前。つまり陸っぱりで釣れる“小アジ”が狙いだ。

出船したらすぐこのエサ釣りをする。

この釣りはオモリ30号を使用。

サビキとカゴは船宿で用意してくれる。

「けっこうしっかりとコマセをまいてください。まかないと群れが船下から離れてしまいますから」と船長が言うようにアミコマセは毎回きちんとまくことを心がける。

夏から秋はアジが沸く季節なので、よっぽどのことがないかぎり、エサのアジは確保できる。

が、くれぐれも少ないエサ数でも大丈夫と思わないように。

エサの数で釣果が左右されるからだ。真剣にエサ釣りをしよう。

エサ釣りのサビキはこれ。船で購入可能

捨て糸なしの「北龍丸」オリジナル仕掛けで臨む

さて、ライト泳がせの仕掛けだが、「北龍丸」は、捨て糸なしが特徴でハリス6号の親バリと孫バリ2本バリの一般的なものだ。

豆アジを使うときは1本バリで狙う。

船宿では両方の仕掛けが購入できる。

オモリは60号なのでタックルは、LT用やゲーム用がおススメだ。

竿の長さは2m前後が扱いやすい。

リールは中型電動。

道糸は根掛かりを前提とするのでPE2~3号がよい。

仕掛けは「北龍丸」オリジナルがおススメ。泳がせのオモリは60号

ポイントは魚礁やツブ根。その釣り方とは?

ライト泳がせのポイントは、ベイトが固まっている人工魚礁やツブ根周辺だ。

だからこれらの場所では根掛かりはつきもの。

根掛かりを恐れてはいけないが、そうはしたくないもの。

安藤船長は独自の方法で根掛かりを回避させながら、本命を高確率で釣り上げているという。

オモリが底に着いたらすばやく糸フケを回収。

そこから、船長の指示されたレンジ(魚礁の大きさによって異なる、だいたい底から2~5m)のみ、超デッドスローでリールを巻く。

簡単にいうとタイラバと同じだ。

ここでは、一定速度で巻き上げることがかなり重要だ。

アタリは竿先に出る。
イメージはタイラバ釣法と同じ思ってよい。

だから、アタリが出てもリールは止めずに我慢して巻き続ける。

巻き続けてしっかりと竿が曲がったたら、今度はすばやくリールを5~10回巻き、巻きアワセする。

キジハタはたいていオモリの着底と同時にアタリが出る。

が、巻きは止めてはいけない。なぜなら、キジハタやカサゴなどの根魚は執拗にエサを追う習性があるからだ。

強めの引き込みがあれば即アワせる必要がある。

マゴマゴしていると、いざ巻き上げというときには、時すでに遅しで魚は魚礁や根に入ってしまうからだ。

アワセは躊躇せずに迷わず行うことがこのフィールドでは大事だ。

具体的には、電動ならスイッチオンにして一気に5m以上は巻き上げよう。

こうすることで、高根であってもヒット後に根にもぐられることを避けることができる。

また、底から根魚がエサを追うばかりでなく、人工魚礁の際をピンポイントで狙うので、巻き上げ中どこで魚がバイトしてきてもおかしくないのだ。

魚礁がマンションだとしたら、最上階や中間の階から魚が飛び出てくるイメージ。

この状況をしっかりと把握しておこう。

気をつけてほしいのは底ダチ取り後、巻き続けているとアタリと思った直後に竿先がお辞儀してしまうこと。

これは、根掛かりであることが多い。

あわてて強く引っ張ろうとしてはいけない。

テンションを張るとオモリまたはハリががっちりと根掛かりしてしまい、結果としてラインを切るはめになってしまう。

こうなったときは、強引に引っ張るのではなく逆にリールのクラッチをオフにして、一気にラインを出して緩めてやる。

そしてその後、何度か大きくロッドをあおってみる。

こうすることでかなりの高確率で根掛かりを外すことができる。

それでも外れないときは、竿が折れないように道糸を引っ張って切ろう。

エサを使い分けよう。大型狙いなら大き目のエサで

生きエサは、中アジ、小アジ、豆アジと3サイズのアジが釣れる。

そして、まじりでカタクチイワシも釣れることも。

それぞれのエサを意図的に使い分けることでさらにアタリを増やすことが可能だ。

「キジハタには、小アジが基本でしょうね。でも、大きなアジにはデカイヤツが来ます。アジのサイズにキジハタのサイズも比例してますが、豆アジが得エサになることが多いです。豆アジは小さいキジハタも食ってきますが、大きなヤツも食います。まあ、エサがあるなら試してみるといいですよ」とのこと。

生きエサゆえに、当然、生きがいいアジのほうが食いはいい。

景気よく生きのいいエサばかり使い続けると、エサがなくなってしまうこといもある。

こんなときは、冷凍のイワシエサでも十分にキジハタはヒットする。

心配な人はこの冷凍イワシを準備しておくとよいだろう。

小アジ、豆アジ、イワシとすべてエサになる

豆アジはキジハタの得エサ

夜はメタルスッテでケンサキイカを釣ろう!!

6月から夜釣りでケンサキイカが釣れている。

7月、8月はこのイカ釣りのハイシーズン。

近年、模様がよく絶好調。

「北龍丸」でも連日、メタルスッテ釣法の乗合船を出船しており、大盛況だ。

安藤船長は、アンカーやパラシュートアンカーを打つことなく、エンジン潮流しでケンサキイカを迎え撃つ独特なスタイル。

ポイント移動も楽なほか、道糸は垂直に真っすぐに立つので快適にメタルスッテゲームを楽しめる。

7月初めには大型のオスイカが金沢沖に回遊してきており、7月、8月いっぱいはヒートアップ確実だ。

ショートタイムだが、釣果は十分

さて、「北龍丸」はこの夜釣りの出船時間も遅く、帰港も早い。19時出船の23時帰港が基本スタイル。

「基本的には地元の人たちに平日でも気軽に楽しんでもらいたいと思ってこの時間設定にしてます。それが思った以上に人気になりまして…」と安藤船長。

地元の人は、平日に仕事を終えてから乗船可能で、翌日の出勤にも影響しないという、時間設定という。

時間が他船と比べて短いからといっても釣果は引けを取らない。

メタルスッテゲームは繊細なイカパンチを感じとりアワセるという、攻めの釣り。

当然集中力がいる。
この短い時間だからこそ、集中できて確実釣果を得ることができるという。

遠方からの釣行の場合、夜のみで足りないと感じるならば、昼と夜の両方を楽しむことをオススメする。

一日で日本海の夏の海をかなり満足できるハズだ。

メタルスッテは15号が基。 誘いのあとのステイで乗せる

金沢沖のメタルスッテのサイズは15号が基本だ。

近年、大人気ということもあり、年々、メタルスッテは重くなっていく傾向がある。

操作性がいいのはむろん、オマツリなどのトラブルも少なくなるからだ。

カラーは赤緑、赤黄、赤白が基本色。それ以外は好みでよい。

枝スには3号浮きスッテもしくは、1.7~2号の餌木を着けるのが金沢沖の基本スタイル。

釣り方もとくにコレっということはなく、スッテを動かしイカにアピールさせたあとのステイを必ず入れるようにこころがけよう。

イカの乗りが渋いときはこのステイの時間を長くとることでアタリを出すことが可能だ。

石川県・金沢沖 LT泳がせ&夜イカメタルゲーム!釣行レポート

まずは生きエサ釣りから

エサ釣りのオモリは30号。それに合わせたLTを用意しよう

根掛かりさせないように船長の指示ダナをきちんと守ればこの通り

エサは小アジ

エサは小アジ。ヒラメと同じように親バリはアジに鼻掛けか上アゴ掛け、孫バリは背びれに打つ

夏や梅雨の期間は波がおだやかな日が多い

キジハタは根魚なのでヒットしたらすぐさま底から5mは一気に巻き上げる

デッドスローでリールを巻きましょう

名人岩永さんに大型のキジハタがヒット!

こちらも良型。これで3本目

良型のキジハタがターゲット。小型はリリースしたい

こんな大きなアジもひとのみ

クロソイは常連ゲスト

ワラサもヒット

ヒラメも常連

大型キジハタが連日高確率で浮上中!

名人岩永さんは、この通りの釣果。ゲストも多彩でお土産には困らない

夜はメタルスッテゲームでケンサキイカ最盛期!!

夜は半夜のショート便だが、充実した時間を得ることができる。釣果はロング便とさほど変わらない

7月初旬に大型のケンサキイカが浅場に回遊してきた

7月、8月はこのイカ釣りのハイシーズン

今回、取材にご協力いただいたのは、石川・金沢港「北龍丸」

夏 の日本海は、夜釣りが盛んだ。

石川県金沢沖も例外ではなく梅雨時期から真夏は、昼の釣りはあまり行われず、当地でマイカと呼ばれるケンサキイカがシーズンで夜釣りがメインに行われている。

人気のケンサキイカはメタルスッテゲームで釣っているが、昼のメニューも力を入れて看板にしているのが、金沢「北龍丸」の安藤岳志船長だ。

「昼はLT泳がせで出船してます。港近くでまずはエサの小アジを釣ってそれを沖のポイ ントへ行って泳がせます。メインターゲットはキジハタ。地元ではヒラメが人気ありますが、食べておいしいのはキジハタです」と、貴重な根魚を看板にしているという。           

「キジハタは1㎏ぐらいまでは非常に成長が早いという最近の研究結果があります。それに私は2000ものポイ ントを1ポイ ント1流しという釣り方を徹底してますから、資源の枯渇には全くいたらないと思います。キジハタ狙いなのでヒラメはゲスト扱いですが、ときおりモンスタービラメも来ますから、このLT泳がせはかなり楽しめますよ」と安藤船長は語る。
 
ゲストにはそのヒラメ、クロソイ、ワラサ、カサゴなどさまざまなフィッシュイーターたちが来てにぎやかだ。
 
昼の泳がせをしてから夜のイカメタルゲームを楽しむよくばりメニューもここならではの楽しみだ。

以上の記事は「つり丸」2020年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読