MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、クサヤモロという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、クサヤモロという魚を知ろう!

クサヤモロはスズキ目スズキ科ムロアジ属。外房・山口県日本海側以南、全世界の温帯域から熱帯域に広く生息している。

クサヤモロ(スズキ目スズキ科ムロアジ属)の生態

市場ではムロアジは高級魚扱いだがクサヤモロは安い

外房・山口県日本海側以南、全世界の温帯域から熱帯域に広く生息している。
 
単純にムロアジ(モロアジとも)というと、本種とムロアジの2種のことだ。

漢字は「室鰺」とされている。
これは江戸時代の図譜などに播州室の津(現兵庫県たつの市)でたくさんとれたから、と書いてあるからだ。

ただし、これは明らかに間違い。

播州ではなく紀州、和歌山県南部の「牟婁」のことだ。によって漢字は「牟婁鰺」となる。

伊豆諸島などで「くさや」にしてもっとも味がいいので「くさやもろ」となる。鮮魚ではムロアジの方が人気が高いものの、本種で作る「くさや」は最高だ。
 
国内では伊豆諸島で作られている「くさや」の原料や干ものになっているが、むしろ熱帯域で重要な食用魚だ。

熱帯の浜辺で椰子の葉にくるんで作られた、蒸し焼きの味は最高だった。

ミクロネシアなどでは、蒸し焼きにしょうゆをかけて食べるという、あまりにも日本的な食べ方に驚いたものだ。

クサヤモロの値段は?

黄金色のムロアジは近年、高騰して大型は高級魚となっている。

それに対し本種は鮮魚での流通はほとんどない。

もし入荷しても1キロあたり卸値500ほど。

今回の大型500gでも1尾卸値250円しかしない。

クサヤモロの寿司…くさやではなく、づけ丼にするのが正解!?

市場の釣り名人達や、ご近所の名人、鮹さんが、少しずつ静岡や茨城まで足を伸ばすようになってきた。
 
兵庫県や山口県の釣り宿も乗船人数を減らしやっていたようだけど、じょじょに元に戻りつつある。

ある日、宮崎県の釣り宿の方から、「変な魚、送りましょうか?」
 
送って頂いたら、これが珍魚中の珍魚、ヒレナガカサゴだった。
 
梅雨空の下、実にラッキーだ。

日本全国の釣り宿さん、がんばれ。今夏はいいこと百連発だったりして。
 
さて、クマゴロウが遠征で釣ったイシガキダイやウメイロが実にうまい。

本命はシマアジだというが、主役食いの味である。

これを肴に『市場寿司』で昼酒をやり、夕食の肴とご飯兼用の丼ちらしをお土産に、という毎日が続いている。

豪華丼ちらしを作っているたかさんに、「ボクって幸せだなー」
 
さて、ある雨の朝、クマゴロウが店の隅っこで、もぞもぞやっている。

なんだろうな、と思ってのぞくと大量の魚を選別していたのだ。

市場の釣り師たちが持ち寄ったものだけど、すごいとしかいいようがない。
 
シマアジにウメイロ、イサキにマアジにゴマサバに、イシガキダイ、ヒメコダイにカガミダイと種類も多いけど、量も多い。

「大漁だね」

「今年はよく釣れるんだよね。コロナで釣りをお休みしてただろ。海の魚が減らなかったってことだよね」
 
市場人は週二で釣行するので、それを見ているこっちも楽しい。
 
クマゴロウの店では冷凍魚も売っている。

それを担当しているのが、普段表に出ない若旦那である。

ちなみに彼は、ここ三十年間ずーっと若旦那と呼ばれている。
 
店の奥からもぞもぞと現れて、「これ食べてみてください」
 
ゴマサバの塩漬けだった。
そのまま食べてというのでつまんだら、うまい!ウイスキーに合いそう。
 
そういえば、春にはクマゴロウが茅ヶ崎沖で釣ってきたアジをづけにしたから食べてみて、と言ったのだ。

皿に盛り、白ゴマをぱらぱらと振った。

これもうまかった。

ひょっとしたら若旦那、料理の天才かも。
 
さて、昼下がりの『市場寿司』、いつもながらに持参の酒を傾けていると、クマゴロウの店の若旦那がやってきて、すぐにいなくなった。

「若旦那がくるなんて珍しいね」

「そうかな、ときどき来るけどね」
 
さてあまりにもうますぎる握りを腹一杯食べて、眠くなったので、「帰って昼寝しよっと」

「お土産ダヨ〜ン」
 
づけ丼ちらしだった。
いつの間に作ったのだろう?不思議だ!
 
しかもたかさんが普段使わないゴマが散らしてある。
 
これがやたらにうまい。

たぶん、づけにする前に軽くしょうゆで洗っているのだと思う。

生の切り身をいきなりづけにすると、どうしても水っぽくなるのだ。

完璧な味である。
 
づけにしているのに、背の青い魚のうま味がくっきり舌に感じられる。

ゴマの風味がきいている。

たかさん、さすがだ。とは思ったものの、若旦那が作ったものと似ている。
 
これは間違いなく、すし飯はたかさん作、づけは若旦那作だ。

たかさん一割、若旦那九割とすると、たかさんは、ほぼノータッチだ。
 
翌朝、若旦那に、「あれは何?」

「あれはこれです」
 
奥のクーラーにクサヤモロがいっぱい。

魚まみれのクマゴロウが、「エサの割りにうまいよね」

「これで何を狙ってるわけ」

「モロコだよん」

「本命なんて釣れなくてもいいから、エサを釣ってきてよ」

「縁起の悪いこと言うんじゃない」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。

店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。

ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。

本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。

どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。

目標は1000種類の寿司を食べること。

HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2020年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
アブラボウズはスズキ目ギンダラ科アブラボウズ属。紀伊半島以北。オホーツク海、アリューシャン列島、アラスカ湾、カリフォルニアの太平洋の寒冷な海域に生息している。
前回、前々回と続いた集中連載の最終回。今回はサバをさばいてしめサバを作ります。
前回、前々回に続き、魚のさばき方の練習です!今回もプロの技ではないけれど、釣り人が安全かつ失敗が少なくできるさばき方を紹介します。アジは魚さばきの基本ですよ!!
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読