味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

7月に入ると本格化した剣崎沖のワラサ&イナダ。今シーズンの開幕直後は、ワラサとイナダの中間サイズがメイン。それでも引きは強烈で、トップ10本以上は当たり前というような日が続いている!


メインに釣れているのはイナダとワラサの㎏前後の中間サイズだ。最近では、よく「イナワラ」と呼ばれるているヤツです

2〜2.5㎏のサイズが主体だが3㎏級もまじる。

精悍な顔つきのワラサ。日に日に大型化している。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「利一丸」。

今年もコマセ釣りのワラサが熱い。標準和名・ブリは全国各地や大きさで呼び名が変わる魚の代表。関東では、成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサ、ブリと呼び名を変える。
7月の中旬、メインに釣れているのはイナダとワラサの中間サイズの2㎏前後。最近では、よく「イナワラ」と呼ばれるサイズだ。
2㎏級といっても甘くみてはいけない。丸々太った体格に加え、ポイントは吉野瀬の水深35m前後で、タナは21mと浅い。この水深でヒットすると、最後まで縦横無尽に走り回る。タモアミに入れるまではまったく気が抜けないのだ。
「今の群れは6月の終わり頃からポツポツとコマセに反応するようになりました。これから続々と新しい群れが剣崎沖一帯に集結するようになります」とは剣崎松輪「一義丸」北風幸人船長。
そして成長の早いこの魚は一潮ごとに大きくなり、今後はサイズアップも期待できる。真夏の剣崎、すでに熱いバトルが始まっている!!

今回の使用したワラサ仕掛け

2〜2.5㎏のサイズがメインでも引きは強い。入れ食い時には6〜8号ハリスで!

コマセを切らさないように撒いていると、いきなり! 竿先が海中に突き刺さる。竿頭は14本。もちろんクーラーは満杯だ!

ダブルヒット、トリプルヒットも多かった。

シーズン初期の個体は、脂の乗りがよく美味という評判。

いやあ、このワラサおいしかったなあ。

「イナワラ」メインで6月後半に開幕した今年の剣崎沖。7月に入ってもその勢いは衰えるどころかさらにパワーアップ。アニキ分のワラサと弟分のイナダの群れも入ってきてお祭り状態になっている。2ケタ釣果が続いていたと思ったら、いきなり30本を超すような釣果も。まさに、「火が着いちゃって誰も手が付けられない」状態なのである。
この日は仕立船で出船。開始から数時間でみんな大満足の釣果に。入れ食いタイムもあるが、誘わないと食わない時間帯もあった。それでも、少し我慢をしてコマセを切らさないようにまいていると、いきなり竿先が海中に突き刺さる。一番釣った人は14本。もちろんクーラーは満杯だ。
ひとしきり釣った後は、アジ、サバ釣りにチェンジ。こんなことができるのは仕立船ならでは。サバはゴマサバだったものの40㎝オーバーの脂ノリノリがやってきた。
この時期これだけイナダが釣れるのは珍しいが、今後はワラサメインになっていく見通し。今年も剣崎沖から目が離せないぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

初夏の名物ジャンボカサゴが釣れる! 東京湾カサゴ釣り(新健丸)

今シーズンも東京湾のカサゴは、連日好調が続いている。今回、取材した金沢八景「新健丸」は、夏場はカサゴにターゲットを絞ったこだわりの船宿だ。


トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

トップは50匹オーバー! 東京湾LTアジの仕掛け(つり幸)

脂が乗っていて美味しいと話題の横浜沖周辺のアジ! 平日なのに10隻以上のアジ船が集まっている人気ポイント。その美味しいアジを狙って、4月23日に川崎「つり幸」さんの午前LTアジに乗ってきた。


仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

仲間と楽しもう! 夏の仕立てにオススメ! 東京湾のLTアジ(健一丸)

夏が旬のアジ。これからの時期は身に脂が乗り、最も美味しくなる季節。手軽に狙えるので、とても人気があるターゲットだが、LTで狙えば道具も軽く気軽に楽しめる。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読