MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

7月に入ると本格化した剣崎沖のワラサ&イナダ。今シーズンの開幕直後は、ワラサとイナダの中間サイズがメイン。それでも引きは強烈で、トップ10本以上は当たり前というような日が続いている!

メインに釣れているのはイナダとワラサの㎏前後の中間サイズだ。最近では、よく「イナワラ」と呼ばれるているヤツです

2〜2.5㎏のサイズが主体だが3㎏級もまじる。

精悍な顔つきのワラサ。日に日に大型化している。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「利一丸」。

今年もコマセ釣りのワラサが熱い。標準和名・ブリは全国各地や大きさで呼び名が変わる魚の代表。関東では、成長するにつれてワカシ、イナダ、ワラサ、ブリと呼び名を変える。
7月の中旬、メインに釣れているのはイナダとワラサの中間サイズの2㎏前後。最近では、よく「イナワラ」と呼ばれるサイズだ。
2㎏級といっても甘くみてはいけない。丸々太った体格に加え、ポイントは吉野瀬の水深35m前後で、タナは21mと浅い。この水深でヒットすると、最後まで縦横無尽に走り回る。タモアミに入れるまではまったく気が抜けないのだ。
「今の群れは6月の終わり頃からポツポツとコマセに反応するようになりました。これから続々と新しい群れが剣崎沖一帯に集結するようになります」とは剣崎松輪「一義丸」北風幸人船長。
そして成長の早いこの魚は一潮ごとに大きくなり、今後はサイズアップも期待できる。真夏の剣崎、すでに熱いバトルが始まっている!!

今回の使用したワラサ仕掛け

2〜2.5㎏のサイズがメインでも引きは強い。入れ食い時には6〜8号ハリスで!

コマセを切らさないように撒いていると、いきなり! 竿先が海中に突き刺さる。竿頭は14本。もちろんクーラーは満杯だ!

ダブルヒット、トリプルヒットも多かった。

シーズン初期の個体は、脂の乗りがよく美味という評判。

いやあ、このワラサおいしかったなあ。

「イナワラ」メインで6月後半に開幕した今年の剣崎沖。7月に入ってもその勢いは衰えるどころかさらにパワーアップ。アニキ分のワラサと弟分のイナダの群れも入ってきてお祭り状態になっている。2ケタ釣果が続いていたと思ったら、いきなり30本を超すような釣果も。まさに、「火が着いちゃって誰も手が付けられない」状態なのである。
この日は仕立船で出船。開始から数時間でみんな大満足の釣果に。入れ食いタイムもあるが、誘わないと食わない時間帯もあった。それでも、少し我慢をしてコマセを切らさないようにまいていると、いきなり竿先が海中に突き刺さる。一番釣った人は14本。もちろんクーラーは満杯だ。
ひとしきり釣った後は、アジ、サバ釣りにチェンジ。こんなことができるのは仕立船ならでは。サバはゴマサバだったものの40㎝オーバーの脂ノリノリがやってきた。
この時期これだけイナダが釣れるのは珍しいが、今後はワラサメインになっていく見通し。今年も剣崎沖から目が離せないぞ!!

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読