MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

期待どおりのヒラメ解禁! 爆釣数釣りを体感せよ!【茨城・鹿島沖】

11月に鹿島沖が部分解禁し、昨年同様爆釣となってる茨城南部エリア。連日トップ10枚以上を記録し、20枚前後という日も珍しくない。いま最も熱いエリアだ。サイズは1㎏前後が中心だが、4~5㎏の大型もコンスタントに釣れている。12月に全面解禁となり、さらに盛り上がるのは必至!

鹿島沖は年末まで爆食いモード確定の予想

鹿島沖はポイントで横流し釣りでヒラメを釣る。解禁初日はのっけから次々にヒラメに竿が絞りこまれた。

船長も仲乗りさんもタモ入れで大忙し。全員協力体制で貴重なヒラメを取り込もう。オマツリはつきものなので、お互いに理解しよう。

朝日を浴びながら、仲良し3人組が同時ヒットだ。

こんな大型ヒラメもよくまじるのが解禁直後の魅力。荒食いが止まったときに、突然ヒットすることが多い。

良型はちょっと高ダナで攻略してみよう。

爆釣釣果はコレ! ツ抜けもザラだぞ!

エサは生きのよいマイワシ。ヒラメの大好物だ。なるべくウロコを落とさないようにハリを掛けるのがコツ。

船上で購入できる仕掛けはコレ。オモリは80号を使用する。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

11月1日、今年も茨城海域のヒラメ釣りが部分解禁した。
解禁日は、数日前まで大荒れだった海からは想像できないほど海上はベタ凪ぎ。心配された底荒れの影響を全く感じさせない、前評判どおりのスタートダッシュの爆釣だった。
一人ヒットすれば、同時ヒットはあたりまえ。仲乗りさんと船長のタモ入れがとても間に合わないほど。
「震災から約3年。今年夏にようやくもとの鹿島旧港に戻ってきて、以前のような活気のある港が復活しました。うれしい限りです」とは、鹿島港の遊漁船を牽引する「第三幸栄丸」の小野和儀船長。復興までの道のりは、険しかったという。
「とにかく、お客さんに釣りを手軽に安全に楽しんでもらいたい、と鹿島港の船長、スタッフ全員が願っています。このヒラメの解禁を機会にますますアピールしていきたいです」。
1月12日には、鹿島の旧港新港港全体の船宿が参加する震災後初の復興イベントのヒラメ釣り大会が盛大に開催される予定。
昨年同様、鹿島沖は年末まで爆食いモード確定の予想。魚影が濃いうえに、釣り方は横流し釣りなので、釣り座に関係なく、誰にでもヒットチャンスがあるのもうれしい。数釣りたいなら迷わず、鹿島沖へ釣行するのがベターだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
最新記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読