MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テンヤマダイ超連発!大ダイ&数釣り&高級ゲスト!茨城 鹿島沖

テンヤマダイ超連発!大ダイ&数釣り&高級ゲスト!茨城 鹿島沖

今年の鹿島沖マダイは好調継続中!アタリ多く、大ダイまじり&数釣り!高級ゲストも釣れている!夏場も期待大だ!

好調続きで夏場も期待大!アタリ多く数釣りもある!大型マダイもまじる!!

春から好調続き!ビギナーにもオススメ!

取材当日は水深30m前後をメインに狙った

今年の茨城エリアのテンヤマダイは、広範囲で早春の時期から好調が続いている。

なかでも鹿島地区は、この夏場に好釣果が目立っている。

今回の取材は鹿島旧港「清栄丸」で、6月後半に敢行。

小田桐英仁船長が選んだポイントは、航程30分ほどの水深30m前後。

開始から終了時間までコンスタントにアタリがあり、トップ15枚という好釣果に恵まれた。

最大サイズは2.5㎏。
このほか2.4㎏も取り込まれ、大半の釣り人がキロオーバーの良型を手にした。

取材翌日には7kgオーバーの特大サイズも取り込まれた。

「マゴチを狙っていても大ダイがまじりますし、好調が続いています」と小田桐船長。

今ならマダイのアタリも多いので、ビギナーでも楽しめるだろう。

釣り物に迷ったら、鹿島沖のテンヤマダイがオススメだ。

鹿島沖のマダイを楽しむ タックルについて

鹿島沖のマダイを楽しむには、標準的なひとつテンヤ用タックルがあればOKだ。

竿はひとつテンヤ専用。
12号までのテンヤに対応したもので、長さは2.1~2.7mぐらい。

これに組み合わせるリールは、ドラグ性能がいい小型スピニングリール。

大型マダイや青物が掛かったときに、スムーズにラインが出るリールを使うこと。

そうでないと、せっかくの大物が掛かったときにバラしやすくなるからだ。

道糸はPEラインの0.6~1号。

150m以上巻いておく。

テンヤは重さ以外に、色や形状も重要!

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2~3号を3~5m直結にする。

結び方はFGノットやPRノットなど。

リーダーの先にテンヤをつなぐ。

強度がある小型スナップなどの接続具を介してもいいし、テンヤにリーダーを直に結んでもOK。

ちなみにノリーズの榎戸富さんは、小型スナップを介している。

テンヤの重さは2~12号ぐらいまでを用意しておけば、いろいろな状況に対応しやすい。

テンヤは重さだけでなく、カラーや形状も重要だ。

とくにカラーを気にしていない人が多いようだが、カラーによってアタリの数が変わることもしばしばある。

今回の取材では榎戸さんが前半から好調に食わせた。

1枚目のマダイは1.5㎏級。
これは「オーバルテンヤ」のグリーングローで食わせたが、この後カラーをオレンジマットに変更すると、一人で怒涛の連発劇を演じた。

このとき「完全にカラーと重さがハマっていますよ」と榎戸さんは話していた。

テンヤのカラーは見過ごしがちだが、こんなこともあるので気にしてみるといいだろう。

一人で連発している人がいたら、その人のテンヤのカラーを真似てみると好結果につながることもある。

テンヤの形状や材質も重要。

潮が速いときは、カブラ型のテンヤや同じ重さでもシルエットを小さくできるタングステン製のテンヤが潮の影響を受けにくく有効だ。

エサは生きエビと、冷凍エビを使用

テンヤに付けるエサはエビ。この時期、鹿島地区の多くの船宿では生きエビを使用する船が多い。

今回取材した「清栄丸」でも生きエビを使用した。生きエビの特徴は、エサもちがいいこと。

ハリに掛からないアタリがあった場合、冷凍エビに比べるとエサが全て取られることが少ないのが利点だ。

しかし、状況次第では生きエビが入手できないこともある。

シケ続きでエビを獲りに行くことができなかったり、獲りに行っても獲れないこともある。

そんなときは冷凍エビを使用する。

エサの付け方は、生きエビも冷凍エビも同じ。

基本は上のイラストの右側で示した1匹付け。

頭部と尾部を固定するように孫バリを刺すので、頭部が取れにくい。

ノリーズの榎戸さん、吉田さんともにこの付け方を採用している。

エビが小さいとき、遊動テンヤなど親バリが小さいときは、2匹付けにするといいだろう。

上イラストの左側で示したのが2匹付けの方法だ。

取材当日は生きエビを使用

生きエビが入手できないときは冷凍エビを使う

エサ付けの基本は1匹付け

エビが小さいときや遊動テンヤの時は2匹付けもオススメ

基本は底狙いだが、タナを探るのも大事

基本の釣り方を示したのが、上のイラストの右側だ。

まずはテンヤを海底まで沈める。

テンヤが着底するまでの落下中にアタることもあるので、ラインの変化に注意すること。

急にラインがフケたり、変な方向に動いたときはアタっている可能性がある。

そんなときは迷わずアワせてみよう。

テンヤが落下しているときのアタリは、糸フケを出しすぎるとわかりづらくなるので最小限に抑えるようにしよう。

テンヤが着底したら、糸フケを取って50㎝巻き上げてアタリを待つ。

アタリを待つ間、竿をシャクってテンヤを動かしてもOK。

アタリがなければさらに50㎝巻き上げてアタリを待つ。

これでもアタらなければ、50㎝刻みに巻き上げてタナを探っていく。

アタったら、必ずしっかりとアワせること。

マダイの口周りには、硬く頑丈な歯がある。

これにハリを貫通させるには、しっかりアワせないとダメだ。

速潮時の釣り方と、榎戸さんの釣り方

潮が速いときは、テンヤが着底すると、すぐにテンヤは海底付近を流されていく。

着底のサインは一瞬でわかりづらいので、見逃さないように注意しよう。

ビギナーは着底がはっきりわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

速潮時は上イラストの左側に示したように、潮流を利用してタナを探る釣り方をするといいだろう。

テンヤが着底したらそのまま待っていると、テンヤが浮き上がる。

ある程度まで浮き上がったら、再度着底させる。

これを繰り返すとテンヤが上下に動き、タナを探ることになるのだ。

取材当日、小田桐船長は横流し(ドテラ流し)でポイント上を流した。

船は適度に流されたので、榎戸さんは前述した速潮時の釣り方を応用してアタリを連発した。

榎戸さんはギリギリ底が取れるぐらいの軽いテンヤをセレクト(水深30m前後で3~4号)。

テンヤが着底したら少し待ち(この間テンヤが少し浮き上がる)、ラインを出して再度着底させる。

これを繰り返して海底付近を探るようにしてアタリを出した。

前述もしているが、榎戸さんは「オーバルテンヤ」のオレンジマットをメインに使用。

このカラーと釣り方がマッチして、本命マダイ連発につながった。

茨城・鹿島沖 テンヤマダイ怒涛の連発!釣行レポート

榎戸さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった。榎戸さんが使用するのは新登場の「ハイブリッドテンヤ真鯛 710M-t」

当日最大は、ノリーズの榎戸 富さんが釣り上げた2.5kg!

この日、榎戸さんは15枚釣り上げ絶好調!釣果の半分がキロオーバーだった

これはピンク色がきれいな2.4㎏のメスマダイ

ノリーズの吉田裕樹さんは1.5kg級を手にした

サイズがいいマダイは、タモですくって取り込もう

嬉しい1枚

この日は大半の人が1~1.5㎏のサイズを釣り上げた

こちらも良型

ゲストのハナダイも型がいい

巻いている途中にヒットしたイナダ

小型ながらモロコもヒット

高級魚のマハタも掛かる

これはクロソイ

良型のイシガレイも掛かった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「清栄丸」

今 年の茨城エリアのマダイは、早春の時期からまずまずの好調が続いている。

なかでも鹿島沖は5月後半から好釣果が目立っている。
 
取材は鹿島旧港「清栄丸」に乗船。

開始からコンスタントにアタったが、なかでも連発させたのがノリーズの榎戸富さん。

「完全にテンヤのカラーと重さがハマっています」と話す榎戸さんは、「オーバルテンヤ」のオレンジマットを使いだすと怒涛の連発。

2.5㎏、2.4㎏を含む合計15枚のマダイを手にした。

同船者も全員が型を見て、大半の人がキロオーバーの良型を釣り上げた。

「マゴチを狙っていても大ダイがまじりますし、好調が続いています」とは「清栄丸」の小田桐英仁船長。
 
取材後、「清栄丸」では7kg超の特大サイズも取り込まれている。

鹿島沖のテンヤマダイは、この夏オススメターゲットの一つだ!!

以上の記事は「つり丸」2020年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読