MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
誘って掛ける!脂ノリノリ激うま大型イサキ!伊勢湾口 大山沖

誘って掛ける!脂ノリノリ激うま大型イサキ!伊勢湾口 大山沖

伊勢湾口大山沖のイサキ釣りが6月半ばに開幕!当初は大型メインで数よりサイズ狙い!誘って掛ける攻めの釣法が効果大!!脂ノリノリ激うまイサキを釣ろう。

脂ノリノリ激うまイサキ を釣ろう。誘って掛ける!攻めの釣法が効果大!!

6月半ばからスタート。大山沖の人工魚礁周りがポイント

夜明けの伊良湖岬を越えて大山沖へ

渥美半島から知多半島、伊勢志摩周辺の船宿の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。

この周辺海域はウタセエビエサでの五目釣りやコウナゴを使った手繰り釣り、いわゆる生きエサの釣りがこのエリアの伝統釣法だが、近年様子が変化して、コウナゴはほとんど伊勢湾内では取れなくなった。

湾内では生きエビエサのウタセマダイ釣りがいまだに盛んだが、乗っ込み終了後の夏期はひと休みするところが多く、梅雨時期が旬であるイサキ釣りが盛んにおこなわれている。

イサキは定番ポイント、伊勢湾口にあたる渥美半島の大山沖の人工魚礁周辺で6月半ばから開幕。

今期もは良型揃いでしかも脂がノリノリだ。

東洋のナポリといわれる景色がコレ

釣り方はアミコマセ使用のテンビンフカセ釣り

釣り方はアミコマセ使用のテンビンフカセ釣り。

どうやら関東周辺の釣りにヒントを得て現在の釣法になったという。

関東ではコマセカゴにFLサイズのプラカゴが使われているが、当地では中型テンビンにサブマリンカゴ、その先にオモリ80号が使われている。

ちょっと重めのオモリが使われるのは、釣り人がさまざまなタックルを使うからだろう。

よって竿とリールはそのオモリのサイズに耐えうるものなら何でもオーケーだが、長さ2m前後の7対3調子のLTまたはゲーム用が扱いやすいのでオススメだ。

大井港の老舗「かごや丸」の間瀬裕市船長は、「イサキは夏限定の釣りものですからね。お客さんたちには普段使いなれた道具をそのまま使ってもらってます。伊勢湾ではタチウオやウタセマダイ、カサゴ、ヒラメ釣りが盛んに行われていて、小型両軸リールとPE2〜3号のタックルが多く使われてます。その道具の流用でいいですよ、ってお客さんには伝えてますよ」と話す。

仕掛けはイサキ用3本バリ、長さ2〜3.5m

伊勢湾周辺では、ハリス2号グリーンのスキンバケ3本バリ全長1.9mの仕掛けがド定番だ。

なぜ、この仕掛けが伊勢湾口周辺でよく釣れるのだろうか。

その理由は、ポイント周辺の水色やエサ取り魚に要因があるようだ。

間瀬船長に詳しく聞くと、「イサキは魚礁をピンポイントに攻めるのでウマヅラハギやフグ(キタマクラ)などのエサ取り魚たちがたくさんいるんですよ。目だったエサを付けるとあっと言う間になくなってしまいます」

つまりエサ取り対策という面ではエサ持ちのよいグリーンスキンバケが適していたのだ。

そして濁り気味の水色であるので夜行ビーズのアピールとともにグリーンがマッチしているのだろう。

ピンクのスキンバケの仕掛けを試すとなぜか、ピンクのスキンにはなかなかヒットせず、グリーンにばかりヒットしていたこともあった。

とはいえ、当地の定番仕掛けが絶対不動というわけではない。

「どうしても食いしぶる時間がありますからね。食いがいいときはどんな仕掛けでも釣れることがほとんどですが、渋いときに釣るには仕掛けや誘いを工夫しなくてはいけません。ハリス長3.5mのものが有効なときもありますから、うちでは、さまざまなものを試してみてください。まあ、結果的に“定番仕掛け”が一番安定してますがね」という。

関東の激戦区で培われ洗練された3.5m長さのイサキ仕掛けは、なんでも有効。

とくに当地で評判がいいのはカラーバリ仕掛け。

この空バリに米粒大のイカタンやバイオベイトを付けて釣る。

実際、食い渋り時には、この3.5mの南房のイサキ仕掛けに好調にイサキがヒットしていた。

ご当地仕掛けはこれ。グリーンスキンバケ、全長約2m

カラーバリ仕掛けも有効

カゴの機能を理解して、コマセのドバまきはさける

まずコマセのドバまきはおすすめしない。

魚礁周りのイサキ釣りでは、各船長はピンポイントに船を止めるか、決めたポイント周辺を潮流しする。

つまり大きなポイント移動をしないので、コマセを一度に大量にまくと、イサキたちのお腹をすぐにいっぱいにさせてしまい、食いが悪くなってしまう。

実際、アミコマセは水中で少量出ればよく、その少量のアミで集魚効果は絶大だ。

使用するカゴによって異なるが、コマセの振り出し方(シャクリ方)でコマセの振り出し量を調整できる。

当地で主流のサブマリンカゴはコマセの量調整機能がない。

だから、軽くシャクル程度。

対して、関東で使われているプラカゴはコマセの振り出し量が事前に調整できる。

プラカゴを使用する場合、下窓は全閉め、上窓は2分の1〜3分の1開けでよい。

コマセを詰める量は、いずれも各ビシのなかに7〜8分目でオーケー。

船長の指示ダナ前後、2m以内を重点に攻める

さて、釣り方だが、イサキのコマセ釣りの基本は船長の指示ダナ付近を探ること。

たとえば、船長の指示ダナが水深26mの場合、ハリスの長さ分下から数回に分けて軽く竿をシャクリながらコマセを振り出し、指示ダナでアタリを待つ、というのが基本。

船長は底から7m前後に指示ダナを設定していることが多いほか、魚礁や根の高さを計算して根掛かりをしないようにしている。

つまり、指示ダナよりビシを過剰に落としてしまうと、根掛かりを起こしてしまう。

ハリス長が2mの場合、ビシを水深28mまでおろし、そこから、時計でいうと竿を7時から9時までシャクリあげそこで1〜2秒止める。

竿を7時に戻すときにリールを1回〜2回まく。

そして、このシャクリ動作を指示ダナまで繰り返す。

たいていの場合、指示ダナで静かに待っていると、ハリスはコマセとなじみ同調したタイミングでアタリが出る。

しばらく待ってアタらないときは、ビシを2m落として、同じシャクリ動作をする。

2度目で釣れないときは、仕掛けを回収して、コマセを入れ替える

誘いダナはハリスの長さ分指示ダナ下が基本だがイサキは指示ダナ下だけでなく、当然上部にもいる。

誘うレンジは指示ダナ上5m以内なので探るタナを広げるのも一手だ。

食い渋り時にはデッドスロー巻きでタナを探る

イサキの食い渋りは、半日の間で必ずあることだ。

この対策で効果的なのは、活性の高い個体を選んで掛ける方法がそれだ。

タナ付近をデッドスローでビシを巻き上げ続けることでそれが可能になる。

この方法をこのエリアで多くの人が行っている理由は、湾内でコウナゴやウタセエビ、冷凍イワシなどの“手繰り釣り”を行っているからだ。

仕掛けの長さが2mの場合、指示ダナより4mほどビシをおろし、そこからコマセを振り出さずにデッドスローで指示ダナ上2mまで巻き上げるというもの。

手巻きでもよいが、電動ならその機能を使うとよい。

デッドスロー巻き上げ中、魚がヒットするとキュンキュンキュンと分かりやすく竿が曲げられる。

ハリスのテンションは常に張っている状態なので、アワセなくともすでにフッキングしていることがほとんどで、アタリが出たらそのまま電動、もしくは手巻きでやり取り開始する。

もちろん、置き竿釣法がいいときもある。

その場合、時間のインターバルは3分〜5分。

エサ取り魚は確実にいるので、この場合、エサは付けてもスキンバケかカラーバリなど疑似餌系のものを使うことがカギだ。

探り続ける釣法の場合は、ハリスは太目でオーケー

タナをずっと探り続ける釣法の場合、使用する仕掛けのハリスの太さは太目でも食いは変わらない。

なので、大型ヒットに備えハリスは3号を使用してもよい。

これを使うことにより、2号ハリスよりも各段に手前マツリは少なくなるし、目論みの良型のイサキがヒットしたり、ゲストのマダイやチダイが来ても多少強引にやり取りしたとしてもバレは少ない。

伊勢湾口・大山沖 脂ノリノリ激うまイサキ!釣行レポート

大山沖のイサキポイントには師崎港の船が並んでいた

「かごや丸」は大型船。釣り座はゆったりだ

大型イサキを豪快に抜き上げだ!

大型イサキを抜き上げた。取り込みは躊躇せずに思い切りが大事

脂の乗りはバッチリだよ!

ライトタックルやショートロッドでイサキ釣りを楽しむ

コマセカゴはサブマリンカゴが使われている

40㎝級の大型イサキもシーズン初期はめずらしくない

こんな良型がコンスタントにまじる。

これも良型。大型になればなるほど引きも強くなる

体高があり顔が小さいイサキは飽食して肥えている目安。うまいイサキは見た目で分かる

おいしい大型イサキに大満足!

これは珍しい!謎の珍客はトビハタだった

チダイはうれしいゲスト

激うまイサキをこれだけ釣れば大満足だ

今回、取材にご協力いただいたのは、大井港「かごや丸」

伊勢湾口大山沖の梅雨時期の定番メニューのイサキ釣りが6月半ばに開幕した。

当地の釣りをメインとする人たちは、毎年釣れるこのイサキを当たり前のように食べている。

そして、イサキは脂がのっているのが普通と思っている人が多いようだが、他の海域のイサキを知る釣り人からみると、伊勢湾口のイサキはかなりおいしいと感じる。

それもそのはず、栄養豊富な海水で沸いたプランクトンを飽食し脂乗り乗りなのだ。

イサキのみならず、他の魚たちもおいしい。

「大山沖のイサキは例年どおり6月半ばに開幕。開幕当初は大型メインで数よりサイズ狙いです。うちは釣れる間はやります」とは、知多半島の先端部、大井港の老舗「かごや丸」の間瀬裕一船長。
 
釣り方は南房総や外房、剣崎沖と同じ、アミコマセ釣りだ。

「仕掛けは最近はお客さんに任せてます。定番は長さは2mのグリーンのスキンバケ3本バリ」と船長は話す。
 
ゲストにはチダイ(ハナダイ)やマダイがまじり、これも脂がノリノリだ。
 
とはいえ、他エリア同様、シーズン終盤となると、脂の乗りは少なくなるので激うまを求めるなら早めに釣行しよう。

以上の記事は「つり丸」2020年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読