MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のヒラメ、良型多く、身も肉厚だ!!【外房・飯岡沖】

6月から開幕している飯岡沖のヒラメ。夏場からの好調が続いており、11月初旬の時点でも好釣果を記録する船が多い。夏場はキロ前後、またはキロ未満のサイズ主体だったが、ここにきて2〜3㎏の中型サイズがまじる割合が高くなってきた。

トップ2ケタ釣果も珍しくなく型も期待できる飯岡沖。手堅く型を見ることができる釣り場だ

これから肉厚になって美味しくなるヒラメ!

引き味も抜群!

取り込みは、タモを使って確実に!

ポイントは飯岡沖の航程30分ほど。

オモリは60号。船宿仕掛けは固定式で、孫バリにはトレブルフックを使用。

田村光二船長おすすめのエサ付けは、孫バリは尻ビレの肛門付近に刺し…

親バリは鼻掛け。

永井名人もこの日は3枚ゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「隆正丸」。

6月から開幕している飯岡沖のヒラメ。開幕直後からずっと好調が続いている。
「これからの時期は夏場と違って、横流しで船を広範囲に流していきます。オモリが船の揺れで底をトントンと叩くタナで置き竿でアタリを待つのがいいですよ。アタリがあったら、そのまま待っていれば向こうアワセで掛かります」とは飯岡「隆正丸」の田村光二船長。
また、釣れるサイズも夏場に比べるとサイズアップ。2〜3㎏の中型サイズがまじる割合も増えている。さらに「イワシの群れが回遊すれば、それに大型のヒラメがついています」と田村船長。数だけでなく、型もこれからの時期は期待できるのだ。
トップ2ケタ釣果も珍しくなく、型も期待できる飯岡沖。手堅く型を見ることができる釣り場の一つではないだろうか!?

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読