MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キハダ乱舞!!今年はマグロの島へ行くチャンス!沖縄県 久米島

キハダ乱舞!!今年はマグロの島へ行くチャンス!沖縄県 久米島

今年も熱い季節がやってきた。“キハダ”だ。“マグロの島”として知られる沖縄県・久米島はまさにトップシーズンを迎え、絶好調の釣果に湧いている。さあ、激アツの海へ!!

今年は“マグロの島”へ行く絶対的チャンス!「Go To Travel」キャンペーンを利用してLet's Go To KUME Island !!

今年は久米島へ行く最高のチャンス!

久米島は、釣り人の間では“マグロの島”として知られている。

島の周りに設置された10数基のパヤオ周りでキハダをはじめ、ビンチョウやメバチといったマグロ類がかなりの高確率で釣れるからだ。

沖縄本島や他の離島でもパヤオのマグロ釣りは楽しめるが、すべてのパヤオを釣り人に開放しているのはここ久米島だけ。

さらに、沖にさえ出られれば、サイズさえ問わなければボウズはない。

もちろん、キハダのアベレージサイズもよく、20㎏はここでは小さい部類とされる。

狙いは40㎏オーバーなのだ。“マグロの島”と呼ばれる所以である。

シーズンは、狙おうと思えば一年中キハダゲームが楽しめる。ただ、秋は台風シーズンであり、冬は北寄りの風が吹く日が多いため、出船率がどうしても下がってしまう。

それゆえ、春から初秋ぐらいまでがベストシーズンといえる。

とはいえ、天気とのタイミングさえ合えば11月や12月でも大型キハダと十分に渡り合える。

何よりも今年は、「Go Toトラベルキャンペーン」がある。カンタンに言ってしまえば、旅行代金等の一部を政府が負担してくれるのだ。

例年になく行きやすいのである。

タックルは相模湾のコマセキハダ用でOK

久米島パヤオのキハダ釣りの概要を紹介しよう。

船はチャーターが基本で、料金は船によって異なるが、おおよそ一日7万から7万5千円。

それプラス一日あたり5千円のパヤオ使用料が必要となる。

エサ釣りの場合はこれに加えてエサ代と仕掛けレンタル代が別途必要となる(船や日程によるが、全日程乗船者全員で1〜2万円程度)。

つまり、3人のグループで二日間釣りをしたとすれば、釣りにかかる費用は一人あたり6万円でお釣りが来る計算である。

くどいようだが、今年は「Go Toトラベルキャンペーン」があるため、飛行機とホテルがセットになったフリープランのパックツアーを利用すれば、3泊4日で最安なんと10万円程度で行ける可能性があるということ。

遠征釣行に行かれたことがある人は分かると思うが、正直かなりお得だ。

タックルは、相模湾のコマセキハダ用でOK。

竿は1.8m前後の泳がせ用が最適で、リールは大型電動、PEラインはそれに8号をフルで巻いておく。

仕掛けは、パラシュートと呼ばれる漁師独特の仕掛けを使うため、船ですべて用意してくれる。

ハリスもハリもだ。
つまり、エサ釣りの場合は竿とリールだけあればよい、ということである。

エサ釣りのタックルは相模湾のコマセキハダと同じでOKだ

大海原にポツンと浮かぶパヤオ。海面に頭を出しているのは2〜3基ほどで、他の10数基以上は水中パヤオだ

キハダだけじゃない!久米島の楽しみ方

言うまでもなく、久米島は沖縄の離島。

同じ沖縄の離島でも石垣島や宮古島のような大掛かりなリゾート開発は行われておらず、素朴で静かな雰囲気を味わうことができる。

そして、“東洋一の砂浜”とも言われる「ハテの浜」をはじめ、イーフビーチなどでは海水浴やシュノーケリング等のマリンアクティビティも楽しめる。

ファミリーやグループで訪れるにも最適だ(実際、8月のハイシーズンはファミリー等一般観光客が非常に多い)。

とくにハテの浜はCM撮影等でも使用され、これぞザ・沖縄の海!と言いたくなるほど風光明媚な場所。

久米島を訪れたのなら、絶対に行っておきたいスポットだ。

強風等でパヤオに行けない場合は、釣りをするならそのハテの浜や島周りでのライトルアーゲームがおすすめ。

シーバスタックルやバスタックルと小型ルアーを持参するとより久米島の釣りを満喫できるだろう。

パヤオでのエサ釣り、ジギング、さらにはハテの浜でのライトゲーム等、久米島で楽しめる様々な釣りについてのタックルの詳細は、「ホテルガーデンヒルズ」HP内の「釣り情報」欄に記載されているので、こちらもぜひ参考にしていただきたい。

最後は、今回初めて久米島パヤオのキハダ釣りを経験した、Youtuberの秦拓馬さんに締めてもらおう。

「招待してくれたホテル『ガーデンヒルズ』の社長に初めてお会いしたときに、『久米島で釣りをしてこそ、初めて一人前の釣り人って言えるんだよ』と言われ、最初は何を言っているんだ?と思いましたが、釣行を終わってみて初めてその意味が分かりました。パヤオはもちろんですが、この島にはいろんな釣りの魅力がある。釣りをするには最高の島でした。機会があれば、いやまたすぐに来たいですね。この島は、それほどの魅力に満ちた場所です」

釣り人に優しい「ホテルガーデンヒルズ」を利用するツアーは各旅行代理店で扱っている。

感染症予防対策を十分に行ったうえで、ぜひ訪れていただきたい(Go Toトラベルキャンペーンの最新情報は国土交通省観光庁のHPで確認してください)。

宿は釣り人御用達の「ホテルガーデンヒルズ」お土産は空港の「久米島印商店」で!

今回利用したホテルは、パヤオフィッシングを楽しませてくれる多くの遊漁船の基地となっている兼城港の目の前にたつ「ホテルガーデンヒルズ」。

釣行レポートで紹介したサービスの他、釣った魚を発送する際も港に着く前に連絡すれば宅配業者を手配してくれる。
 
お土産は久米島空港内にある「久米島印商店」がオススメ。

マンゴーなど久米島の特産品を数多く取り扱っており、ここから発送もできるのでとっても便利だ。

激アツ!久米島!キハダ乱舞!釣行レポート

絶好調!キハダの島・久米島

Youtuber・俺達。秦拓馬 〝マグロの島〟のトリコになる。

パラシュートと呼ばれる独特な仕掛けが使われる。仕掛けは船で用意してくれる

水深は1000m以上。ヒットしたキハダは一気に突っ走る!

初久米島で20㎏オーバー 頭に続々キャッチ!

初めて久米島を訪れ、初めてパヤオでのキハダ釣りにチャレンジして、見事20kgオーバーをキャッチしたYoutuberの秦拓馬さん。秦さんのYou Tubeチャンネル「秦拓馬☆俺達。チャンネル」に当日の動画を近日公開!

「久米島、最高です!」とすっかり久米島が気に入ったご様子の秦さん。マグロの島と言われるだけあって、10kgオーバーはもちろん、20kgがすぐにヒットするのだ

釣り方は、タナに合わせて2〜3回竿を煽り、コマセと付けエサを出したら後はアタリを待つだけ。その後は存分にファイトを楽しむのみ! これは15㎏オーバー。久米島では小型。目標は40㎏オーバーだ

これぞまさに〝マグロの島〟 キハダ乱舞!!

相模湾で30㎏オーバーの実績も持つ秦さん。このクラスはあっという間にキャッチ

10kg級からキメジサイズにかけては、大げさではなくいくらでもヒットしてしまう

久米島イチの観光名所である「ハテの浜」。

これぞ沖縄という景色のなか、海水浴はもちろん釣りも楽しめる

久米島の釣り旅を完全サポート!ホテルガーデンヒルズ

多くの遊漁船が停泊する兼城港の目の前にたつ、釣り人御用達ホテル。釣行スケジュールの相談から船の予約のサポートまで対応してくれ、タックルを準備するための釣り人専用ルーム、さらには無料で使える洗濯機や乾燥機を完備。まさに至れり尽くせりのサポート態勢でアングラーを迎えてくれる。初めて久米島を訪れる人も安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、ホテルガーデンヒルズ

「初めて来ましたが、もう最高でした。本当にここは凄い。いきなり20kgオーバーですよ。ぜひまた来たいです。Go Toトラベルキャンペーン使って8月も来ちゃいますか!?笑」
 
日本全国をはじめ、世界各地を釣り歩く人気Youtuber・俺達。秦拓馬さん。

彼をそこまで魅了し、そう言わしめたのが、ここ沖縄県「久米島」だ。
 
久米島の周囲には“パヤオ”と呼ばれる人工浮き漁礁が10数基設置され、そこにはキハダをはじめとした大型マグロ類が回遊。

周年狙うことができる。キハダのアベレージサイズは20kg以上。

40kgオーバーも現実的な射程圏内だ。

それゆえ、久米島は釣り人の間では“マグロの島”として知られている。
 
さらに久米島には、沖縄らしい“非日常”“南国リゾート”といった、釣りだけではない楽しみもある。

今年はそんな久米島へ行く最高のチャンス。「Go toトラベルキャンペーン」があるのだ。

この機会に、ぜひ!!

以上の記事は「つり丸」2020年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読