MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
尺ハギ高確率!夏ハギ攻略ストロングパターン!東京湾 久里浜沖

尺ハギ高確率!夏ハギ攻略ストロングパターン!東京湾 久里浜沖

久里浜周辺の浅場で大型が揃う「夏のカワハギ」が最盛期に突入!久比里「山下丸」では30㎝級が高確率で上がっている。強烈な引きで尺級も夢じゃない!ぜひ挑戦してみよう。

perm_media 《画像ギャラリー》尺ハギ高確率!夏ハギ攻略ストロングパターン!東京湾 久里浜沖の画像をチェック! navigate_next

「尺」級に手が届く時期!タックルの選択が決め手になる!夏ハギ攻略のストロングパターン!

産卵絡みの浅場で30㎝超も出る時期

夏はカワハギの産卵期で、浅場の根に隣接した砂底で雌雄が対になり産卵をする。

オスのカワハギは、このための優位な場所をめぐり熾烈な闘争を行って、より体の大きなものが勝ち残る。

だから、この時期は1カ所にカワハギが固まることはなく、その一方で30㎝に届くような超大型が高確率で狙えるのだ。

「今日の久里浜沖はもちろん、そういうピンスポットを沢山持っている船長じゃないと、夏のカワハギ船を出せないですよ」とはがまかつテスター・田中義博さん。

「夏のカワハギは、アフター(産卵後の低活性状態)なので、竿先に現れるアタリはすごく少ないです。とくにメスはアサリのキモを吸うだけで辞めちゃう。だから、パターンを見つけたときが快感です(笑)」とは、がまかつテスター鶴岡克則さん。

つまり極論ではなく、掛かってしまう魚は1匹もいない。

アタリを引き出し掛けにいく釣りで、5匹もとれれば、あなたは間違いなく上級者だ。

浅場で掛かる大型の強烈な引きも魅力。

ぜひ難度に臆さず挑戦してほしい。

テスターの2人も愛用する『競技カワハギ・ヒラ打ちシンカー』は、集魚効果が高く底部先端にステンリベットが打ち込まれているので底質を探る感度も高い

ロッドとハリの選択にハリスの長さも注目

もっともアタリが微妙となれば手感度重視。

いきおい超高感度なハイエンドロッドが正解となりそうだが…。

「ハイエンドモデルはいわばF1カーで、使う側にも相当な経験値がいります。いまは、目感度と手感度を高次元で融合させたアッパーミドル級の竿も増えてきました。まずはこれです」と田中さん。

二人が使用した『がま船シーファングカワハギ』が、まさにそんなシリーズだ。

「トーナメントにも使えるレベルの手感度に、チタンティップが極細で目感度を上げてくれて、同時にこっちのミスもフォローしてくれますよ」と鶴岡さん。

全3モデルで二人は、釣り方はもちろん、竿の調子=誘いの変化のためにも使い分けている。

「これはハリも同じで、アタリ方や、仕掛けのどの位置に何を使かうかというもの、つねに考えながら釣りましょう」と田中さん。

「ハリス長も6、8、10㎝と2㎝しか違いませんけど、その2㎝が大きい。同じ誘いでもエサの動きが変わるし、エサの振れ方も変わります」と鶴岡さん。

今回は、二人が使った実際の仕掛け図を公開したので、ぜひ参考にして夏ハギ攻略の手引きとしてほしい。

ほぼ重さがない「ゼロ集魚板」を使ったアイテムは、アタリが微妙なこの時期には非常に効果的。田中さんはオモリ上に『底集魚板』を使い6連発で竿頭を勝ち取った

仕掛けの角度も利用する横の釣り

「横の釣りは、追わせたカワハギに下を向かせることで、より掛けやすいアタリを出す釣りです」と鶴岡さん。

船下でやれば「たるませ釣り」だが、鶴岡さんはバスフィッシングで鍛えた投力を活かし遠投。

通常は竹岡沖などの「平場」でやるのが相場だが、根掛かりを恐れず荒根以外ではこれを多用する。

「夏のカワハギは、ともかくスローであまり浮かない。だから一番下のハリが本命です。ラインのテンションを変えて、下のハリから順番に口の前にもっていくイメージで使います。ソフトな誘いが基本で、しっかり止めて食わせの間を作りましょう」。

当日の釣り方は、前半は上のパターンで、後半が下のパターンだった。

仕掛け図中のスプリットシンカーは、TPOで着脱するが、仕掛けの上部だけでなく、枝間にも打つことで(後半の釣り方では、それが良かった)、同じ誘いでもエサの動きに切れがでる。

なお、最下部の接続ビースは、幹糸の結びコブでとめる遊動式なににも注目。

ハリの位置を変えられるように、接続ビースが4つ使ってあることも心憎い工夫だ。

がまかつ/競技カワハギは、縦の釣りではハゲ系の「速攻」、横の釣りではセイゴ系の「AT」やカイズ系の「くわせ」を使うのが基本だが、ハリの位置でもタイプを変えるのが上級者。ハリス長も6・8・10cmと細かく変え、それを仕掛けのどの位置に使うでもカワハギの掛かり方が変わってくる

超タイトに底を探るオモリ1個分宙釣り

当日の船上で、竿頭となった田中さんの釣り方は、図のような縦の釣りだ。

オモリで底を小突きながら底質を探り、根が見つかればリフト~叩き下げ、オモリ1個分だけタナを切りながらステイでアタリを出していくパターンで連発した。

「得意の縦の釣りがポイントにマッチしたのが勝因です。集魚版がいい仕事をしてくれました」という。

前半は根間の砂地で気配(竿先には出ない微妙なモタレ)が多くアタリが出たが。

後半には、食わせ所が根の上に変わってきたそうだ。

「この時期のカワハギは、大型なので、とくに大きなオスがいるスポットは、外道のアタリが止まります。それに加えて気配がでたら止めて食わせの間を作り、ハリの軸を噛んだ(ヤスリでハリ先を擦るような)感覚があれば、アワセに行きます。浅掛かりもあるけど、待ち過ぎても掛からないので、釣りながらタイミングは微調整します」。

当日は、シーファングカワハギの176ARと図の攻め方がベストマッチで、18~27㎝18枚。

パターンの再現性を見事に証明してくれた。

夢の尺ハギが高確率!東京湾 久里浜沖 夏ハギ釣行レポート

上級者への登竜門となる、夏のカワハギが最盛期へ突入だ

当日のポイントは久里浜沖の20m前後。根が点在し、産卵場所となるピンスポットを知り抜いた坂本勉船長が尺ハギへの挑戦をサポートしてくれた

大型が揃うため、唇に掛かると口切れでバレることもある。掛かりが悪そうなら迷わずタモを出す。これに備えてベテランはマイネットを持参している

産卵期のペアリング効果で、より大きなカワハギを狙って釣れるのがこの時期。

取材当日は、水深19mのポイントで29㎝が浮上。メスをめぐる争いで、大型のオスはヒレがボロボロだ。夢の30㎝級が出ることも珍しくない

がまかつテスター・鶴岡克則さんには、25㎝を超えるメスの大型も。根周りのポイントながら果敢な「投げ探り」で引き出した1枚

終盤は、がまかつテスターの田中義博さん(左)と鶴岡克則さんのマッチプレー状態。先行する鶴岡さんに、田中さんは得意の縦の釣りでパターンを見つけて、追いつき、追い抜き、振り切って18~27㎝18枚。もちろん当日の竿頭となった

トモに入った常連さんは、叩きからの「たるませ釣り」でラインの変化を見てアワせていた。この時期の船上は、カワハギ師の凄腕が揃うのだ

「一瞬、尺が来たかと思った(苦笑)」と鶴岡さんにイネゴチ。ほかにはホウボウやガンゾウビラメも。外道のキュウセンもなぜか当日は大型が多かった

今回、取材にご協力いただいたのは、三浦半島・久比里「山下丸」

「浅場がよさそうだよ。このところ出船すれば30㎝もコンスタントに上がっているからね」とは坂本勉船長。
 
そう、いま久里浜周辺の水深15~25mで、大型が揃う「夏のカワハギ」が最盛期に入っている。

産卵期のいまは、カワハギはペアリングのためにオスは互いに攻撃し合うので、大きな群れを作らず、よって根周りのピンスポットを拾い釣り=数は出ない。

産卵後の個体も少なくないため、アタリが微妙で釣りの難易度難度は非常に高い。

だが、夢の30㎝級が高確率で上がっているのは、絶対に見逃せないところだ。

「確かに簡単とはいえないけれど、いまはしっかり手感度で掛けられる竿も増えてきたから、スキルアップを目指して、ぜひやってみてください」とは、がまかつテスター・田中義博さん。
 
取材当日は、久々のべた凪で、絶好の条件。盟友の鶴岡克則テスターと二人で、思う存分、大型主体の夏カワハギを堪能した。

「手感度のいい竿でやると、まるでサイト(見釣り)みたいで面白さも別物になりますよ。それに魚もデカい!もう楽しすぎです(笑)」と鶴岡さん。
 
水深20m前後の浅場ゆえに、他の時期では味わえない強烈な引きも魅力。

尺級も夢じゃない。

難度に臆さず、ぜひ挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2020年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル