MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の東京湾!バリバリ入れ食い!良型シロギス連発中!

夏の東京湾!バリバリ入れ食い!良型シロギス連発中!

夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!

今年は好調!束釣りも珍しくない!夏の元気なキスの引きを楽しもう!

今年の梅雨は風がよく吹く。

比較的風に強い東京湾でさえ出船中止を余儀なくされる日が多く、今回比較的早めに予定を組んだシロギス釣りも、ようやく締め切りも間近の16日になって釣行することが出来た。

LTアジもシロギスも束釣り連発中!

お世話になったのは羽田の「かめだや」さん。

現在LTアジとシロギスで出船中で、今季は特にLTアジが絶好調。

「近場で連日束釣り中」と聞かされるが、シロギスの方も負けてはおらず「風裏のあるアジ釣りに比べ、出船日が限られるけど」の条件付きだが、こちらも束釣り含め好釣果を連発中だ。
 
当日は好釣果を聞きつけてか、はたまたこのところのシケ続きで私同様スライド釣行組か、平日にも関わらず7名の釣り人が集まり、鈴木祥太船長の操船で出船した。
 
釣り場は40分ほど走った盤洲。

「このところ釣果が良いのと、ここはアカクラゲが少ないから」との選択だ。パラシュートアンカーを打って釣り開始。水深は7~8mとのこと。

パラシュートアンカーを入れての流し釣りだ

入れ食いも楽しい ポツポツもまた楽しい

私は胴突き1本バリ仕掛けをチョイス、ロングキャスト(私としては)してチョンチョンと仕掛けを躍らせるようにサビいて来ると一投目からブルルン!と来た。

まずは16~17㎝ほどだがぷっくらと太った旨そうなキスだ。

2投目も同様に誘い、クッ!と竿先に出た小さなアタリでアワセると、バッチリ上アゴにハリ掛かりしてひと回り大きなキスが釣れた。

上々の出だしに気を良くして船内を回ると、他の方も好調に釣り上げている。

船中ほとんどの方がテンビン仕掛けで一荷釣りも頻繁。

中でも右舷ミヨシの太附(たづけ)さんはいきなりエンジン全開の釣りっぷり。

2本竿でエサ付けが間に合わないほどの忙しさで、小一時間で20匹以上釣っていたと思う。
 
さーて私も、と席に戻り釣りを再開すると、途端に食いが落ちる「取材あるある」。
 
それでもオモリをトン、トンと躍らせてその後ステイの誘いをしつこく繰り返していくとポツポツながら拾える。
 
大抵はステイ中にブルブルッ!と来るか、トンとオモリが付いた直後竿先にテンションを掛けたところでククッ!と来る。
 
入れ食いも楽しいが、なんとか工夫してポツポツも楽しい。

途中から操船の合間に竿を出した船長も「朝イチと違って難しくなったねー。でもこれもまたオモシロイですよね」といいながら連発はさすがだ。
 
その後も好食いタイムと食い渋りタイムが交互にやって来た。

好食いタイムにはアタリに2回も掛け損ねても、3度目の正直で掛けられたりもしたが、食い渋った時にはたまに出たアタリを逃すとしばらくシーンなんてことも…。
 
そんな中でも安定して釣り続けているのが太附さん。

「今日はあまり誘わない方がいいみたい。誘いもオモリトントンじゃなくて、ゆっくり引きずって待つみたいな感じ」といいつつ、見ている間にも一人連発して見せてくれた。
 
ところがもう一人竿頭争いをしている右トモの井出さんは、結構派手目な誘いで常に仕掛けを動かし続けている。

二人ともテンビン仕掛けだが、どうやら仕掛けの長さにその秘密がありそうで、太附さんが全長60㎝と短めなのに対し、井出さんは全長で1m近い長めの仕掛けだった。

それぞれ自分の釣り方にあった仕掛けと誘いなのだろう。

夏の東京湾の元気できれいな好敵手。シロギスが高活性で、いい引きを楽しませてくれるぞ!!

夏休みのファミリーにもおすすめ!

一方の私、馴染みの居酒屋にシロギスを頼まれていたこともあって、もうちょっと数を釣ろうと欲張ってテンビン2本バリ仕掛けに替える。
 
ところが折しも食い渋りタイム中、ついつい誘いもおろそかになると、カニにでもついばまれるのか、アタリもないままにエサは米粒大にかじられることが頻発。
 
テンビン仕掛けでエサが底べったりになっていたためだろう。

たった2匹を釣ったところで「自分にはテンビン仕掛けは向かん!」と元の胴突き仕掛けに戻した。
 
途中イイダコが釣れたりマダコが釣れたり、一時はアジが回遊して来たりと賑やかだったこの日の釣りも2時を過ぎて残り30分ほどに。
 
ここに来て不思議と私の手が合い始め、周りがあまり釣れていない中ポンポンとなんと6連釣。

「これでラスト」の一投もなかなかハリ掛かりしない相手に、シェイクの後ちょいたるませてクククッ!ピンギスだったのはご愛敬だが、気持ち良く有終の美を飾ることが出来た。
 
船中釣果は太附さんが124匹、井出さんも大接戦で121匹の大釣果。

型も良く、ピンギスは数えるほどで食べ頃サイズの中型揃いだった。
 
私は41匹で大敗だが、ほとんどの方が2本バリ仕掛けの2本竿、自分は1本バリ仕掛けの1本竿で「ハリ数で言えば4対1」と負け惜しみを言っておこう。
 
ここ数年いまいち元気が無かった東京湾のシロギスだが今年は絶好調。

夏のシロギスはアタリも鮮明でビギナーにも楽しめる。

夏休みのファミリーフィッシングにもおすすめですよー。

夏の東京湾 絶好調!シロギス釣行レポート

元気できれいな好敵手!シロギス好調!束釣りOK!!

サビいて誘って、食ったー!!シンプルな道具立てで、簡単な釣りだが、それだけに奥深く、ハマる釣りでもある

手返し良く!テンポ良く!ベテラン勢はコンスタントに釣っていく

高活性で食い活発。一荷で釣れることも多く、トップ100匹オーバーの釣果も少なくない。ガッツリ楽しめて、お土産タップリ

竿頭になるような人は、1本は置き竿、1本は手持ちで探る二刀流

太っとい良型。刺身で食べたい!

手返しよく釣れば、1本竿でも数釣れる。一荷も多くて楽しい~!!

良型一荷連発です

こちらも良型

100匹オーバーも夢じゃない!

高活性で食い活発。一荷で釣れることも多く、トップ100匹オーバーの釣果も少なくない。ガッツリ楽しめて、お土産タップリ

まじりでワニゴチも。このほかマゴチやヒラメなどのフィッシュイーターもまじる

今期も東京湾で好調なマダコがゲストで登場

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」

今年は当たり年!?東京湾のシロギスが順調な食いっぷりを見せている。

羽田の「かめだや」では束釣り釣果も飛び出し絶好調。

「今年はシロギスの湧きがいいですねー。いつもなら食い渋る寒い時期でも3束なんて釣果も出てたくらいですよ」とはシロギス船担当の鈴木祥太船長。
 
釣り場は中ノ瀬、木更津沖、盤洲と状況により狙い分けているが「今年はどこにでも居ますね」とのこと。
 
取材日は盤洲の水深7~8mを狙い朝からバリバリ。

船下の置き竿でもバンバン食って来て、2本竿の釣り人は大忙しだった。
 
途中食い渋る時間帯もあったが、そこはベテランの腕の見せどころ。

シロギスの活性に合わせた誘いのパターンを見付け出して、ポツポツとキスを拾っていく。
 
子供やビギナーにも手軽に釣れる魚だが、かなりの奥深さがあり、ベテランをも夢中にさせてくれるのがこの釣り。

「シロギス一筋」なんてマニアもいる釣りなのだ。
 
当日は中盤に再び好食いタイムがやってきて、終わってみればトップ124匹。

船中7人中2名が束釣りと噂に違わぬ好釣ぶりだった。
 
ほぼ一年を通して釣れる東京湾のシロギスだが、これからの夏場は、水深5mを切るような浅場を狙うことも多くなる。
 
高水温でシロギスの活性も高くなる時期だから、ビギナーや子供連れにも絶好期。

冷たい飲み物をたっぷり持って、夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!

以上の記事は「つり丸」2020年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読