MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽に釣れる!幅広&美味の極上LTアジ絶好調!東京湾 八景沖

手軽に釣れる!幅広&美味の極上LTアジ絶好調!東京湾 八景沖

金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!

perm_media 《画像ギャラリー》手軽に釣れる!幅広&美味の極上LTアジ絶好調!東京湾 八景沖の画像をチェック! navigate_next

持ち帰ったアジは極上の味! LTアジの魅力を再確認した!!

アジは沖釣りの基本。
近年はLTアジも普及し、初心者グループやファミリーフィッシングにも人気の釣り物だ。

今は浅場で良型が食っている。
 
初の金沢漁港「黒一丸」さんを訪れ、仲間とライトゲーム専用竿で狙ってみた。

開始1時間ほどで 全員が型を見る

今回は久しぶりに吉田さんと釣行。

普段はLTアジもルアーロッドを流用しているため、食い込みの良いゲームロッドを体験してもらう。

本人は「アルバトロス・バレット195ML」を選択。

筆者は前回に続き「アルファソニックLG73 190MH」だ。

「場所は八景沖の25m。航程は15分くらい」と黒川伸次船長。

中乗りは息子の悠輔さん。

ビシは30号。
付けエサはアオイソメだ。
 
やや風はあるが、7時40分過ぎにポイントへ到着。

「タナは2m」と船長。

仕掛けの長さとほぼ同じだが、潮がよほどたるまない限り、ハリが海底に着くことはない。
 
最初の流しはアタリが遠く、赤クラゲが仕掛けに絡みつくので早々と移動。
 
2流し目で船団に合流。

7隻ほどが左右で流している。

隣では八景の僚船が良型アジを次々に抜き上げた。これは旨そう!
 
3流し目でコマセが効き、アジの群れが船に着いた!
 
まずは左舷の悠輔さんにアタリ。

隣も良型を取り込む。黄色みが強く、体高と厚みもあるアジだ。
 
右舷のお客さんも型を見た。2匹目を追加し始める人も。
 
吉田さんも幅広アジを上げ、トモのベテラン2人もほぼ同時にキャッチ。
 
一人、また一人と型を見ていくが、仕掛けに絡んだ赤クラゲは必ず取り除くこと。

残っていると魚は食わない。
 
1時間ほどで船中ほとんどが型を見た。

筆者もお土産を釣ろうと投入するが、クラゲが多すぎると判断して移動!

貸しビシも用意してある

付けエサはアオイソメ

コマセはイワシミンチ

ポイント移動すると、タナが合うと入れ食い

北上してベイブリッジ下を狙う。

こちらも人気ポイント。

湾奥の船が操業中。

「水深が浅いので、コマセは少なめにして、あまり強く振らないでください」

女性アングラーにイシモチが食ってきた。ここはイシモチも多く、アジより下のタナにいる。
 
アジも姿を見せ始め、全員分の撮影完了。

ベテランの抜き上げたアジが輝き、女性アングラーも竿が絞り込まれ、幅広アジで実に嬉しそう。
 
筆者も3本バリで投入する。

水深は18mくらいだ。最初の投入では空振りしたが、次の投入ではキーパーに掛けている間に食った。上がったのは上がアジ、下がイシモチ。
 
朝方と魚の型が変わらず、赤クラゲも少ないので釣りやすい。
 
時合を迎え、タナが合っている人は入れ食い状態。

ダブルの写真も撮れて一安心。
 
一方、筆者は底から2mのタナに慣れていないのか、今ひとつ感じがつかめない。

まずはクッションゴムを外し、悠輔さんにコマセワークを確認。

「底から1m上げたらコマセを振り、もう1m上げる感じ」
 
コマセワーク自体は、ノーマルのビシアジと変わらない。

仕掛けが長すぎるのか?
 
竿先を50㎝ほど上げると、とたんにアタリ!
 
30号ビシで味わう引きは楽しい!釣り場も浅いから手巻きリールで十分。

竿から離れることがなければキーパーも不要。道具が扱いやすい。
 
ようやくタナをつかんだが、海底はけっこう起伏があり、まめにタナを取り直すのが一番。

最初のコマセではアタリが遠く、再び底からコマセを振り始めるとアタることが多かった。
 
穂先がツツン、と震えるので軽く聞きアワセを入れるとハリ掛かりする。

アオイソメの状態を見て、どのハリにアタったか予想できることも参考になる。
 
波があるので普段よりバレやすく、筆者も2~3匹を水面で落としてしまったが、薄い唇に掛かっていても、水中を泳がせていればなかなかバレない。

空中に出た瞬間から重みが伝わってくるので、衝撃を与えず、静かに素早く抜き上げよう。
 
この時期は水温が高いので、バケツの中で上がってしまう前に早めにクーラーへ入れ、氷と冷海水で氷締めにするのが一番だ。

強風で早揚がりでも トップは30匹!

すると、隣の竿が大きく絞られ、巻き上げてくる間も抵抗する。

海面に姿を現したのは1.5kgはあるクロダイ!タモに走るが、テンビンを手に取った瞬間にハリス切れ!
 
クッションゴムなしの場合、テンビンをつかむと魚の引きを吸収できない。

竿で寄せた方がいいかも…。
 
やや風が強いため、12時30分に沖揚がりとなった。

本日の釣果は5~30匹。

筆者はタナを絞り切れず9匹。

「クラゲが多い時は1本バリでやりました。ルアーロッドと違って口切れしにくいです」と、吉田さんも20匹ほど釣って納得。
 
LTアジは二度目の取材。

勉強中ということもあり、帰港後、船長に聞いてみると「竿が軟らかいから、(アジが)35㎝以下ならクッションゴムは不要。エサにアオイソメを使うのはコマセがあまり振れない人でも食わせるため。イソメの匂いが効く。クロダイやサバもまじって五目みたいな感じで狙っている。アタッらた目の高さまで竿先を上げ、リールを巻きながら竿先を下げると上アゴに掛かり、追い食いするよ。コマセの量を少なくし、手返しを早くする。浅いから極力手持ちで釣った方がいい」と、貸竿を常備し、初心者の対応にも慣れた船長の的確なアドバイスが伝わってきた。
 
持ち帰ったアジは刺身、アジフライとも極上。

LTアジが沖釣り入門に最適といわれ、アジングが人気あるのも納得。

夏は一発大物とガチ勝負をする釣りもいいが、LTアジはまた違った魅力がある。

東京湾・八景沖の極上LTアジ!釣行レポート

八景沖にアジ狙いの船が集まった

開始からコンスタントにアタッた

LTアジは道具が軽いので、女性や子供でも手軽に楽しめる

女性アングラーも美味しそうなアジを手にした!

抜き上げて取り込む

一荷もある!食いがいいときは追い食いを狙ってみよう

慣れた人は一荷で釣り上げた

25㎝級のこのサイズがとても美味しい

幅広の美味アジ

東京湾のLTアジは、美味なアジが手軽に狙える

この日は全員が型を見た

ゲストにはイシモチがまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「黒一丸」

金沢漁港出船のLTアジが好調。

人気抜群の釣りだ。30号の軽いビシで浅場を狙えば、アジの引きをダイレクトに味わえる。

初心者やファミリーにも最適だが、アジはベテランでも納得の魚。

狙い通りにコマセを振ってハリ掛かりさせた時の快感がたまらない。

「アジは年間を通して八景沖を狙っています。今は25mですが、夏は20m前後になるでしょう。タナは底から2m。魚の型がいいから2号ハリスを使ってください」と、「黒一丸」の黒川伸次船長は言う。

安全の範囲内なら自由に楽しめるが、分からないことがあれば、船長に遠慮なく聞いてみよう。
 
竿が軟らかいから35㎝以下ならクッションゴムは不要。

エサのアオイソメはハリと同じ長さでOK。

エサが長いとハリ掛かりが悪い。

タナが浅い時はコマセもビシに半分で良い。

コマセカスは取り除こう。

ハリは2本バリ。
3本バリは仕掛けさばきに慣れてから。
 
取材時はやや波があるも、食いが立つと25㎝前後の丸々太った黄アジ中心にアタリ、5〜30匹の釣果。

波が落ち着けばさらに数が伸ばせるだろう。

イソメエサはサバやクロダイなどのゲストも期待できる。
 
出船率が高く、扱いやすい貸竿も常備されたLTアジは沖釣り入門にも最適。

暑さに負けず、とびきり美味な近場のアジを堪能しよう!

以上の記事は「つり丸」2020年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル