MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!

「龍神丸」では今年も解禁直後に「トップ2ケタ、入れ食い早揚がり」も記録している

祝! 世界遺産登録。この日は雨模様で残念ながら見えなかったが、晴れていれば富士山の姿を眺めながら釣りができる。写真の浜は三保の松原。景色も釣りの楽しみのひとつだ。

ヒラメ釣りというと房総、茨城に注目が集まるが、ここ駿河湾も要注目! 9月の解禁直後はトップ二桁、入れ食いで早揚がりもあったという。

このエリアでヒラメ狙いで出船しているのは、「龍神丸」のほかに1、2隻。場荒れが少なく濃い魚影が保たれている。

開始してまもなく2連発で本命をゲット。「潮が濁り気味だったので、金属ブレードなど光りものを付けて目立たせました」。

アタリが連発して船長がタモ取りで忙しくなる場面も。

この日は1〜2㎏が主体だったが、3〜4㎏クラスもコンスタントに顔を出す。今後は大型も期待大。

いい場所に入ると数人同時にアタリが出ることも。ここは陸に近い浅場のポイント。

ここは水深は10mと浅い。ポイントは10〜40m前後が中心だ。

一転して70m前後の深場を攻めることもある。

オモリは60号を使用。

中型両軸リールのほか、小型電動リールもOK。

ヒラメ狙いの船が少なく、エサのイワシ確保が難しいエリアだが、「龍神丸」は生きのいいエサをしっかり用意している。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

ヒラメ釣りといえば、房総エリアや茨城エリアに注目が集まりがちだが、ここ駿河湾にも、実はヒラメの好ポイントがある。由比港「龍神丸」がヒラメ狙いで出船する由比沖から三保沖、久能沖などの駿河湾中央部沿岸は、あまり知られてはいないがヒラメの魚影が濃い穴場的ポイントだ。
富士川、興津川、安倍川などの河川が流入するこのエリアはエサになる小魚が多く、多くのヒラメが居着いている。その上ヒラメを狙う船が少なく場荒れも少ない。
例年9月に解禁する同エリアのヒラメだが、「龍神丸」では今年も解禁直後に「トップ2ケタ、入れ食い早揚がり」も記録している。 船が少ないから、ポイントは自分で開拓しなければならないという苦労もあるが「いいポイントに当たると、釣り堀かってくらいの入れ食いもありますよ」(龍神丸佐野船長)らしい!!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
最新記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読