MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!

「龍神丸」では今年も解禁直後に「トップ2ケタ、入れ食い早揚がり」も記録している

祝! 世界遺産登録。この日は雨模様で残念ながら見えなかったが、晴れていれば富士山の姿を眺めながら釣りができる。写真の浜は三保の松原。景色も釣りの楽しみのひとつだ。

ヒラメ釣りというと房総、茨城に注目が集まるが、ここ駿河湾も要注目! 9月の解禁直後はトップ二桁、入れ食いで早揚がりもあったという。

このエリアでヒラメ狙いで出船しているのは、「龍神丸」のほかに1、2隻。場荒れが少なく濃い魚影が保たれている。

開始してまもなく2連発で本命をゲット。「潮が濁り気味だったので、金属ブレードなど光りものを付けて目立たせました」。

アタリが連発して船長がタモ取りで忙しくなる場面も。

この日は1〜2㎏が主体だったが、3〜4㎏クラスもコンスタントに顔を出す。今後は大型も期待大。

いい場所に入ると数人同時にアタリが出ることも。ここは陸に近い浅場のポイント。

ここは水深は10mと浅い。ポイントは10〜40m前後が中心だ。

一転して70m前後の深場を攻めることもある。

オモリは60号を使用。

中型両軸リールのほか、小型電動リールもOK。

ヒラメ狙いの船が少なく、エサのイワシ確保が難しいエリアだが、「龍神丸」は生きのいいエサをしっかり用意している。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

ヒラメ釣りといえば、房総エリアや茨城エリアに注目が集まりがちだが、ここ駿河湾にも、実はヒラメの好ポイントがある。由比港「龍神丸」がヒラメ狙いで出船する由比沖から三保沖、久能沖などの駿河湾中央部沿岸は、あまり知られてはいないがヒラメの魚影が濃い穴場的ポイントだ。
富士川、興津川、安倍川などの河川が流入するこのエリアはエサになる小魚が多く、多くのヒラメが居着いている。その上ヒラメを狙う船が少なく場荒れも少ない。
例年9月に解禁する同エリアのヒラメだが、「龍神丸」では今年も解禁直後に「トップ2ケタ、入れ食い早揚がり」も記録している。 船が少ないから、ポイントは自分で開拓しなければならないという苦労もあるが「いいポイントに当たると、釣り堀かってくらいの入れ食いもありますよ」(龍神丸佐野船長)らしい!!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。
最新記事
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
あらゆるライトゲームに活躍。スプールがワンタッチ交換可能な小型電動リール「エラン SW DENDO 150PH」
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読