MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、オナガメジナという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、オナガメジナという魚を知ろう!

クロメジナ(オナガメジナ)はスズキ目メジナ科メジナ属。メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、オナガメジナという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

クロメジナ(オナガメジナ)(スズキ目メジナ科メジナ属)の生態

昔はメジナと区別していなかったが、今はクロメジナが高い

東北太平洋沿岸、茨城県、千葉県から九州南岸の太平洋沿岸、青森県から山口県日本海沿岸、九州北・西沿岸に生息。インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に広い生息域をもつ。

メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。
 
相模湾では北部には少なく、伊豆半島網代以南の定置網では普通に見られる。

これはどうやら低水温を嫌うのではなく、湾内よりも外洋を好むためらしい。

青森県の日本海側で小型とはいえ、本種がまとまって水揚げされているのを見て驚いた。

メジナは日本海能登半島以西を代表する魚なのに、青森では見ていないという。

最近、メジナ2種の棲み分けがとても気になる。

クロメジナ(オナガメジナ)の値段は?

古く市場ではメジナとクロメジナは区別していなかった。

これが徐々に明確に分けられ始めている。

本種のほうが明らかに高く、近年では高級魚といっても間違いではない。

特に2kg以上になると、びっくりするような値段がつく。

豊洲市場で超大型3kgが1kgあたり卸値5000円という記録もある。

ただし今回の主役、全長22cm前後、重さ200g前後では売り物にならない。

すし職人たかさんが、1kgあたり800円にしたいというので、1尾160円ほどだ。

オナガメジナの寿司…適度な脂とほどよい硬さ。うまい!

雨が降る、降る。蝉時雨も降る♪

聞こえてくるのは、じっとり地味なニイニイゼミ声のである。
 
我が家にソフトを入れに来てくれた若い衆が、「寂しい声ですね」というくらいだから、雨とニイニイゼミくらい寂しいものはない。
 
月に数回都心に出る。学生時代から通っている洋食店に行くと、閉店していた。

ボクと同じように店の前で立ちつくしているオヤジが数人。

「今年の夏は悲しい色やねん」
 
たかさんに向かって、「寂しい、悲しい、寂しい」と言ったら、

「それはね。寂しい虫がお腹に湧いているんだね。虫下し飲みな」

「たかさん、今どき、虫下しなんて誰も知らないと思うけど」
 
こんなとき、日々の機微に疎いオッサンはいい。しかも最近絶好調だ。
 
問題は市場の釣り師たちである。

出船できない日が続いているようなのだ。

深刻なのは離島回りの釣りをする大物釣り師たちだ。

「茅ヶ崎もダメだったよ」ある朝、クマゴロウが遠征釣りもダメ、近場もダメだとぼやいた。

「そんなに海が悪いんだ」
 
今年の梅雨は風も強いらしい。
 
と言うことで、今回の主役は六月にクマゴロウが利島沖で釣り上げたオナガにした。

オナガと言っても赤いハマダイではなく、クロメジナの方である。

オナガメジナと言った方がいいのかも知れない。
 
どうやら、それはクマゴロウの釣り人生でも最高の釣行だったようだ。

クーラーの中は巨大(ヨイショです)なシマアジが二本、ウメイロは数えられないくらいだった。
 
こんなときならと、隅っこのオナガメジナの子供を誘拐してきた。
 
見ただけで、上物とみたのだ。

実際にたかさんに手渡すと、こちらも見ただけでにやりと笑ったのだ。
 
手の平に乗せ、魚を上げ下げして、「二百だね」

「二百はないと思うな」
 
店の量りに乗せると、ずばり二百グラムだった。

「職人はね。しゃりの大きさで重さがわかるわけよ。手がだね、量りになっちゃってるわけ……(以下略)」

「でも不思議だね。ボクが見ても、いいか悪いかわかるよね。こいつ小さいのに絶対アタリだってね」

この「勘」というものだけは説明できない。

オナガメジナの頭部から後ろにかけてのラインと、艶、テカリで、思わず手が出てしまう。
 
クマゴロウが怒るので、忘れないうちに書いておくが、本命のシマアジも抜群にうまかったのだ。
 
でも、この時季のシマアジは王選手(古いなー)が、ど真ん中に来たゆるい球をセンターにホームランした、って感じで面白くないのだ。
 
たかさんがまな板のオナガグレをさっさと下ろして、皿に小振りの握りを六かん並べた。

「これで全部だね」
 
素直なたかさんが、素直に皮を引き、普通につけた握りだ。
 
端から二人でつまんで、ほんの二、三分であっけなくなくなった。

「ちょっと寂しい気がしない」

「あっけないくらいの方がいいの」

「たかさん、寂しいのにも良し悪しがあるんね。これはいい寂しいだ」

「そうだね。ちょっともの足りなくて寂しいくらいがいいよね」

「ぜんぜん脂がないわけじゃないし、ほどよい硬さなのもいい」
 
さて七月、島根県から仕事で、知り合いの釣り名人が上京して来た。

『市場寿司』に連れて行った。

「夏の日本海は凪でいいね」

「それが違うんです。大きなうねりでゆ〜っくりゆ〜っくり、揺れるでしょ。夏の船酔いは重症なんです」
 
これを聞いていた、たかさんが、

「船酔いした。気持ちわる」
 
そんな繊細な人だったっけ。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。

店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。

ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。

本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。

どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。

目標は1000種類の寿司を食べること。

HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2020年8月15日号の掲載記事です。

関連記事
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル