MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

伊豆諸島の秋の味覚といえば、シマアジ。おもに島周りの水深30〜40mの岩礁周りがポイントだ。三宅島では、島の北西部に鎮座する磯釣りの超一級磯の三本岳周りでシマアジが好調に釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】の画像をチェック! navigate_next

三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっている。ゲストも多彩だぞ

三宅島の全景。島の釣行は夏のイメージが強いがシマアジ釣りのシーズンはこれからだ。

大物釣りでおなじみの村上裕二さんは、シマアジ釣りも得意。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

ワーム系の付けエサも有効。

シマアジ釣りはライトタックルで楽しむ時代だね」と村上さん。軽量、高感度のロッドがこの釣りに適しているという。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

大田区の佐藤さんも順調にシマアジを釣り上げる。

食い渋りの状況下でこのとおりの結果をだす。

シマアジのポイントは意外と狭く、半日から一日、辛抱強く粘って釣るのがここの三本岳前の釣り方だ。食いがよくないときは、空バリの仕掛けにオキアミエサを付けると良い。
三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっているという。
ゲストには、カンパチ、ウメイロ、ヒメダイ、マダイなどおいしい魚ばかり。五目釣りなのでクーラーのなかは、にぎやかになること間違いなし。
年末年始までがシマアジのベストシーズン。シケの合間をみて、釣り仲間を誘って釣行してみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津静浦港「幸松丸」では、エサ釣り・ジギング&ワインド・サーベルテンヤ・タチウオテンヤまで、同乗してすべての釣り方が楽しめる夜タチウオ釣りが大人気!
東京湾で古くから継承されてきた、伝統釣法のテンヤスミイカ!竿をシャクったときの衝撃がたまらない!400~500gをアベレージにツ抜けもある数釣りモード全開だ!
日立沖周辺のマダイが好調だ。ゲストも含めてアタリ多く お正月用のマダイ確保にもオススメ!ビギナーも楽しめるよ!!
日本海のモンスター、タルイカ(ソデイカ)がトップシーズンを迎えて、大型が次々に浮上している。スリル感満点。年末までチャンスだ。
お正月の食材として人気のタコが、大洗から那珂湊沖で好調!とにかく乗り乗りでひとり20杯も!〝渡り〟の大ダコも期待十分だ!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル