MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

伊豆諸島の秋の味覚といえば、シマアジ。おもに島周りの水深30〜40mの岩礁周りがポイントだ。三宅島では、島の北西部に鎮座する磯釣りの超一級磯の三本岳周りでシマアジが好調に釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】の画像をチェック! navigate_next

三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっている。ゲストも多彩だぞ

三宅島の全景。島の釣行は夏のイメージが強いがシマアジ釣りのシーズンはこれからだ。

大物釣りでおなじみの村上裕二さんは、シマアジ釣りも得意。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

ワーム系の付けエサも有効。

シマアジ釣りはライトタックルで楽しむ時代だね」と村上さん。軽量、高感度のロッドがこの釣りに適しているという。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

大田区の佐藤さんも順調にシマアジを釣り上げる。

食い渋りの状況下でこのとおりの結果をだす。

シマアジのポイントは意外と狭く、半日から一日、辛抱強く粘って釣るのがここの三本岳前の釣り方だ。食いがよくないときは、空バリの仕掛けにオキアミエサを付けると良い。
三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっているという。
ゲストには、カンパチ、ウメイロ、ヒメダイ、マダイなどおいしい魚ばかり。五目釣りなのでクーラーのなかは、にぎやかになること間違いなし。
年末年始までがシマアジのベストシーズン。シケの合間をみて、釣り仲間を誘って釣行してみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
東京湾のマダコは今期も絶好調だ!大人気の餌木タコ&テンヤもOK!何よりも、本当に美味しいのでぜひ自分で釣って食べてみてほしい!
待望の〝照りゴチ〟シーズン到来!今期は鹿島サイズと呼ばれる60cm前後の大型がコンスタントにヒット!エサとルアーの二刀流で挑むのがベストだ!
東京湾のマダコが6月に開幕した。小型主体も数は上々のスタート!餌木タコの独特の釣り味にハマってみよう!もちろんテンヤでも楽しめる!今シーズンも期待大だ!
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル