MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

秋の味覚、良型シマアジ祭りだ!【伊豆七島三宅島・三本岳周り】

伊豆諸島の秋の味覚といえば、シマアジ。おもに島周りの水深30〜40mの岩礁周りがポイントだ。三宅島では、島の北西部に鎮座する磯釣りの超一級磯の三本岳周りでシマアジが好調に釣れている。

三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっている。ゲストも多彩だぞ

三宅島の全景。島の釣行は夏のイメージが強いがシマアジ釣りのシーズンはこれからだ。

大物釣りでおなじみの村上裕二さんは、シマアジ釣りも得意。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

ワーム系の付けエサも有効。

シマアジ釣りはライトタックルで楽しむ時代だね」と村上さん。軽量、高感度のロッドがこの釣りに適しているという。

激しく竿をシャクルような動作、近年のシマアジ釣りでは行わない。このように静かにアタリを待つ。

大田区の佐藤さんも順調にシマアジを釣り上げる。

食い渋りの状況下でこのとおりの結果をだす。

シマアジのポイントは意外と狭く、半日から一日、辛抱強く粘って釣るのがここの三本岳前の釣り方だ。食いがよくないときは、空バリの仕掛けにオキアミエサを付けると良い。
三本岳周りのシマアジは、小さくても1㎏以上。今期はなんと14㎏のオオカミがあがっているという。
ゲストには、カンパチ、ウメイロ、ヒメダイ、マダイなどおいしい魚ばかり。五目釣りなのでクーラーのなかは、にぎやかになること間違いなし。
年末年始までがシマアジのベストシーズン。シケの合間をみて、釣り仲間を誘って釣行してみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読