MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場がメイン!ビュンビュン走る!日立会瀬沖テンヤマダイ!

浅場がメイン!ビュンビュン走る!日立会瀬沖テンヤマダイ!

茨城・日立会瀬沖 テンヤマダイ!夏場は浅場がメインポイント!大ダイが掛かると、ビュンビュン走ってヤリ取りはエキサイティング!万全の態勢で臨もう!!

夏のポイントは浅場主体!水深10m未満を狙うことも

今年の日立沖周辺のテンヤマダイは、7月中旬過ぎからは中小型主体の数釣りという展開の日が多く、これに時々大型マダイがまじっている。

今回の取材は7月後半に日立会瀬港「弁天丸」で敢行。

港前の日立会瀬沖を狙い、0.3〜6kgまでを1〜8枚という好釣果に恵まれた。

当日狙ったポイントは浅場主体。水深10m未満の超シャローエリアを狙うこともあり、そんななかでマダイがアタってくる。

当日最大の6㎏マダイは水深20m前後でヒット。

水深が浅いので何度も横走りして、なかなか上がってこなかった。

浅場は釣りやすい反面、大型が掛かるとやり取りが難しくなるので、タックルやラインシステムなどは万全の態勢で臨もう。

タックルは専用竿に 小型スピニングリール

タックルは標準的なひとつテンヤ用があれば楽しめる。

竿はひとつテンヤ専用。
12号ぐらいまでのテンヤに対応したもので、長さは2.1〜2.7mぐらい。

組み合わせるリールは、ドラグ性能がいい小型スピニングリール。

大型マダイや青物が掛かったときには、ドラグを駆使したやり取りになる。

スムーズにラインが出るリールでないと、せっかくの大物が掛かったときにバラしやすくなるからだ。

道糸はPEラインの0.6〜1号。

150m以上巻いておく。

テンヤとエサについて

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2〜3号を3〜5m直結にする。

直結の方法はFGノットやPRノットなど。

そしてリーダーの先にテンヤをつなぐが、強度がある小型スナップなどの接続具を介してもいいし、リーダーに直に結んでもOK。

前述したように、この時期は浅場がメイン。

主に水深10〜30mのポイントを狙うので、重いテンヤの出番は少ないだろう。

それでも、どんな状況にも対応できるように2〜12号のテンヤを用意しておこう。

「弁天丸」で使用するエサは冷凍エビ。

海水に漬けて解凍して使うが、エサ付けは1匹付けが基本。

上のイラストの右側に示したように、孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように付けると、頭部が取れにくい。

今回の取材に参加したノリーズプロスタッフの榎戸さんも吉田さんも、この方法でエビを付けている。

またエビが小さいときや遊動テンビンのように親バリが小さいときは、上のイラストの左側に示したように、2匹付けをするのもアリだ。

ただし、2匹付けはエサの消費が多くなるので注意しよう。

また、この時期はマダイ以外にもいろいろなゲストもまじる。

エビの代わりにワームなどを付けるのもいいだろう。

取材当日、常連さんは「マゴチがよく掛かるんですよ」と言って、ワームを付けて狙う場面もあった。

「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ」はマダイにも高い実績があるので、用意しておくといいだろう。

日立会瀬港「弁天丸」で使用している冷凍エビ

エサ付けの基本は1匹付け

浅場のポイントは手返しよく入れ替えよう

基本の釣り方を示したのが上のイラストだ。

まずはテンヤを着底させる。
テンヤが落下しているときにもアタるので、ラインの変化に注意しよう。

急にラインがフケたり、変な方向に動いたときはアタリの可能性大。

そんなときは必ずアワせてみよう。

テンヤが着底したら糸フケを取り、50㎝〜1m刻みに上へと探っていく。

海底から5mぐらい上まで探ったら、再度テンヤを着底させてから探る。

これを数回繰り返してもアタらなければ、テンヤを回収して再投入するといいだろう。

取材当日は水深10m未満の超浅場を狙うこともあった。

そんな超浅場では、下のイラストで示したように、手返しよく何度も入れ替えるといいだろう。

水深が浅いので、手返しよく入れ替えるのは苦ではないはずだ。

潮が速いときは、テンヤの着底後、すぐにテンヤは海底付近を流されていく。

着底のサインは一瞬でわかりづらいので、見逃さないように注意しよう。

ビギナーは、着底がはっきりわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

潮が速い時は上のイラストの左側に示したように、潮流を利用してタナを探ろう。

テンヤの着底後、そのまま待つとテンヤが浮き上がる。

ある程度浮き上がったら、再度着底させる。

これを繰り返してタナを探るのだ。

吉田さんの6㎏大ダイのヒットパターン!

今回の取材ではノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんが6kgの大型マダイを釣り上げた

取材当日はノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんが6kgの大型マダイを釣り上げた。

その時のヒットパターンを示したのが上のイラストだ。

釣り場の水深は20m前後。潮があまり流れず、「オーバルテンヤ」の2.2号でも底立ちがわかる状況。潮が流れず、船があまり流されないので、吉田さんはテンヤをキャストして広範囲を探る作戦に出た。

キャストして着水したら、テンヤをフリーフオールさせて着底させる。テンヤが着底したら、糸フケを取って竿をシャクリ上げる。

シャクリ上げたら糸を張り気味にしてそのまま待つと、テンヤがカーブフォールして着底する。

再度シャクリ上げたあとのカーブフォールで大ダイがアタったのだ。

シャクリ上げたあとのカーブフォールがとても重要。

潮が流れないので、フリーフォールさせるとテンヤの位置が変わらない。

テンヤの位置を変えて広範囲を探るためにカーブフォールさせるのだ。

カーブフォールさせるためにテンヤも2.2号から3号に変更。

テンヤが軽いとカーブフォールしづらく、またキャストの飛距離も出にくい。

日立会瀬沖テンヤマダイ!釣行レポート

釣り場はシャローエリア!大ダイが掛かったらビュンビュン走って、ヤリ取りはエキサイティング!!

水深20m前後で吉田さんに大物がヒット!ビュンビュン糸が出て、なかなか止まらなかった。使用ロッドはノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛710M-t」

海面に大ダイが浮上した!

ノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんは6㎏オーバーの大ダイを仕留めた!

上の6㎏のタイは上唇に「オーバルテンヤ」がフッキングした!

竿はひとつテンヤ専用を使おう。ノリーズプロスタッフの榎戸さんも吉田さんも、今回の取材では「ハイブリッドテンヤ真鯛 710M-t」を使用した

ノリーズプロスタッフの榎戸 富さんは、この日一番マダイを食わせ8枚ゲット!

榎戸さんもキロ級のマダイをゲット

吉田さんもキロ級

阿部正美・大船長も本命を手にした

同船の釣り人も本命ゲット

ゲストには1〜2㎏のヒラメもまじった

ショウサイフグは定番ゲスト

小型ながらムラソイもまじった

クロソイもまじった

ホウボウは大型が多い

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立会瀬港「弁天丸」

日立会瀬沖のテンヤマダイは、この時期、浅場がメインポイントになる。

今回の取材は日立会瀬港「弁天丸」に乗船。

阿部竜也・若船長は、この日水深10m未満の超シャローエリアをはじめ、水深20m前後のポイントを主に狙った。
 
どのポイントもポツポツとアタったが、水深20m前後でノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんにビッグヒット!

水深が浅いので、ビュンビュン走って何度もラインが出される。

それでも吉田さんは慣れたやり取りで少しずつ巻き上げ、見事に6kgの大ダイを釣り上げた。

「この時期は浅場をメインに狙います。大型もまじりますよ」と阿部竜也・若船長。

浅場で掛かったマダイは、とにかく引く。

とくにサイズがいいと横走りするので、ドラグ調整やラインシステムなどは万全の態勢で挑戦しよう!

以上の記事は「つり丸」2020年9月1日号の掲載記事です。

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読