MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

10月から解禁した大原沖のショウサイフグが好調だ。このところトップ50〜70匹前後の数釣りが続いているが、今シーズンの大原沖の魅力は数だけでなく、その型の良さがあげられる。

大原のフグは鍋ネタ釣りに最高のターゲットだ

10月に解禁した大原沖のショウサイフグが好調に釣れている。25〜35㎝前後の大型も多くズシッ!! と釣り味最高。

一荷も少なくない。群れが濃い証拠だ。

こちらも大型。リールを巻く手が止められるほどの、いい引きを楽しませてくれる。

潮が動かないときは、キャストして広く探るのも有効。

アタリを取ってアワせるのも面白いが、ビギナーは空アワセだけでも十分お土産になる。

エサのアオヤギはたっぷりエサバリに付けよう。エサが無くなるけど掛からない、というときは空アワセを頻繁に行うといい。

多彩な仕掛けを持参しあれこれ試す釣り人も多い。カットウ釣りはハマリ出すと奥が深い釣りなのだ。

この日は良型ぞろいで、50匹前後釣ったひとが多かった。

大原沖のショウサイフグは20〜30㎝前後主体に釣れ、いわゆるピンポン玉サイズの小型はほとんどまじらず、35㎝前後の大型がズシッ! と竿を曲げてくれることも多い。ときには30㎝オーバーが一荷で掛かってくることもあり、思わずリールを巻く手が止められるほどだ。
アタリを取って掛けるのも楽しいが、群れが濃いので頻繁に空アワセさえしていればビギナーでも十分お土産になってしまう状況だ。
型がいいから食べ応えも十分。寒さも本格化し鍋の恋しい季節になってきたが、大原のフグは鍋ネタ釣りに最高のターゲットだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル