MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れる魚をリレーで迎撃!東京湾シーバスメインの五目ゲーム!

釣れる魚をリレーで迎撃!東京湾シーバスメインの五目ゲーム!

アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!

シーバスタックルで、さまざまなターゲットを狙う五目ゲームとは!?

五目釣りをこなすためには多彩なタックルの準備が必要だ

時々の状況で釣れる魚をリレー形式で狙うシーバス五目

「通常のシーバス乗合にプラスして、その時々の状況で釣れる魚をリレー形式で狙っていく乗合船です」とは、シーバス五目乗合の説明をしてくれたアイランドクルーズFCの池田暁彦船長。

主役を張るシーバスは、キャスティング、ジギングと状況によって狙い方を変えて攻略。

それゆえシーズンを問うことなく楽しめる。
 
脇役を固める顔触れは多彩だ。

今回の取材ではタチウオを狙ったが、回遊&状況次第ではイナダ、ワカシ、サバといった青物はもちろん、マゴチやヒラメ、ロックフィッシュ系もあり。

希望と釣況が合えばさらに多彩な釣り物を狙うことも可能だ。
 
取材日は、池田船長いわく「今年の夏で一番悪い」日となってしまった。

小潮で潮の流れが悪く、前日よりもガラッと潮色が澄んで…、と悪条件を挙げることはできるが、海は分からない、というのが本音だ。
 
「悪い」のはとくに早朝のシーバスジギングだった。

イージーパターンに位置付けられている釣りだが、ヒット数が非常に少なく、ヒットしてもバラシ多発!それだけ活性が低い証拠とも言えた。

ジギングで狙ったタチウオもいまひとつパッとせず。
 
それでも全体としてはキャスティングで82㎝のシーバスが登場したし、タチウオ、シーバスともに全員キャッチに成功している。

十分な釣果とも言えた。

実際にWEBの情報でも確認できるが、つまりは、いつもはもっともっと釣れる!ということだ、と理解した。

シーバス用のキャスティング&ジギングタックルが基本

シーバス五目乗合を前提にしたタックルセレクトについて触れてみよう。

まず、揃えたいのはシーバス用のキャスティング&ジギングタックル。

そして、この2つを用意すればイナダクラスまでの青物(サワラもOK)、タチウオに対応できる。マストタックルと言えるだろう。
 
まずキャスティング用のスピニングタックル。

ロッドは7.5 ftまでのボートシーバス用、リールは3000番前後、ラインはPE1.2~1.5号、リーダーは20~25 Lb。
 
ジギング用はベイトタックルを前提に、6ftクラスのライトジギング、スーパーライトジギング、ベイジギング用。

小型ベイトリールにPE0.8~1号、リーダーは20~25 Lbをセットする。
 
キャスティング用ルアーは8~13㎝のミノー、27g前後の鉄板系がマストアイテム。

ジギング用のメタルジグは40~60gを用意する。
 
以上でシーバス、小型青物、タチウオには、ほぼ対応可能。

状況次第では少し微調整が必要になるが、そのあたりは直近情報を確認のうえ、船長に事前に訊いてみるとよいだろう。

なお、具体的なおすすめルアーなどは、「アイランドクルーズFC」のWEBサイトに列記されている。

おおいに参考になるのでぜひチェックしていただきたい。

使いこまれたルアー満載の池田船長のルアーボックス。ぜひ参考に!

ジギングが、近年は夏場に効果的なパターン

状況次第だが、9月いっぱいはシーバス五目乗合を楽しめそうだ。

ここからは、必須パターンといえるシーバスジギングについて、池田船長から興味深いアドバイスをいただいたので紹介していきたい。
 
以前は冬場の定番パターンであったジギングだが、近年は夏場に効果的なパターンとして定着している。

ヒットレンジは水面近くからボトムまでさまざまだが、高水温時のジギングの特徴として、表層から中層がヒットレンジとなることが多い。

しかも、フォール中のヒットが断然多いのも特徴のひとつだ。

「フォール中のヒット率は9割近いと考えてもらっていいと思います。普通に落としてヒットしてくる状況なら問題ないですが、ちょっと食い渋ったりしたときに有効なのが、フォールレバーの活用です」と池田船長。
 
フォールレバーは、ベイトリールに搭載されているフォール中のスピードコントロールが無段階で調整可能なレバーのこと。

レバーを調整し、フォールスピードを遅くしたり、速くすることで明らかにシーバスからの反応が変わってくるときがある、というのだ。

「最初はフリーで落として、反応が鈍くなったらだんだん遅くしていって反応を探る。それでまた反応しづらくなったら元に戻す、という感じで探っていくのがおすすめです」
 
ジグをチェンジすることなく、フォールスピードの変化でヒットパターンを探っていく、ということだ。

あまり小型のジグより60gクラスのジグが使いやすいとは船長の弁だ。
 
現在、フォールレバーを搭載しているリールはシマノ製ベイトリールの一部に限定されているが、搭載されていないリールでも同様の攻略は可能だ。

繊細な調整は難しいが、スプールへのブレーキを調整するキャストコントロールブレーキ、メカニカルブレーキを調整することでフォールスピードを調整できる。

ぜひとも試していただきたいテクニックのひとつだ。

フォールスピードの調整が容易なフォールレバー搭載のリールなら、より攻めのジギングを展開できる

【東京湾・横浜沖】一粒で2度おいしいシーバス五目ゲーム釣行レポート

今後はシーバスもビッグサイズの確率がグッとアップ!

船前にアルコール消毒を実施。まだまだ油断できない状況だ

アクアラインは冬の定番ポイントだったが、近年は夏のポイントに様変わり!?

朝一番のジギングタイムでは良型アジが登場

いきなりドンッと出た82cmのグッドコンディション!「自己記録更新です!」とはキャッチした台東区の橘樹さん

ランディング直前での大ジャンプ!ハラハラの一瞬だ

操船の合間にサクッと釣ってしまう船長。さすが!

ジギングでのレギュラーサイズ

終盤にキャッチした元気なシーバス

タチウオジギングは水深10m前後の浅場を釣った

小型ボートならではのライトなタチウオジギングが楽しめる

今回のレギュラーサイズ

当日、短時間のチャレンジだったが、タチウオは全員キャッチ成功

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」

アイランドクルーズFCが展開している、東京湾を舞台にしたシーバス五目乗合がオススメだ。

「通常のシーバス乗合にプラスして、その時々の状況で釣れる魚をリレー形式で狙っていく乗合船です。今回はシーバスを中心に、タチウオを狙っていこうと思います」
と池田暁彦船長。

4人が乗船する8時間便に同船させていただいた。

スタートはジギングでのシーバス狙い。

活発な時は入れ食いを堪能できるが、この日は大苦戦。ヒットはするものの、バラシ連発!

結局、良型シーバスはすべてバラシ。

不安なスタートとなってしまった。

気を取り直してのタチウオ狙いはポツリポツリの拾い釣りを楽しんだ。

10m前後のシャローエリアをジギング&キャスティングで堪能。

時間を掛ければさらに数を伸ばせそうな展開だった、お客さんはシーバス狙いを希望。

キャスティングゲームをスタートした。

その甲斐あってコンディション抜群の82㎝が登場!

ここで大型連発!?と期待したがそう甘くはない。

最後はジギングでのシーバス狙いに戻り、レギュラーサイズを全員がキャッチして終了となった。

9月も同様の内容はもちろん、状況次第では青物やマゴチ、ヒラメの登場も期待される。

シーバスもビッグサイズの確率がグッとアップしてくるかも知れない。

最新情報をチェックし、にぎやかに楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2020年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読