MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
130㎝級のドラゴンも!! テンヤで狙う大阪湾のタチウオ【大阪湾】

130㎝級のドラゴンも!! テンヤで狙う大阪湾のタチウオ【大阪湾】

東京湾でのタチウオ釣りといえば、夏は浅場LTで、冬は深場へと釣り場を移すし、使用するオモリこそ変わるものの、どちらもテンビン仕掛けを使用するのは同じだ。しかし、ところ変われば品変わる。西日本で人気のタチウオの釣り方は、なんといっても〝タチウオテンヤ〟を使ったテンヤ釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》130㎝級のドラゴンも!! テンヤで狙う大阪湾のタチウオ【大阪湾】の画像をチェック! navigate_next

ハリ掛かりしたタチウオは、強烈な引き込みを見せる。アタリを取って掛けアワセるプロセスと、強い引きがテンヤ釣りの魅力

まさに〝ドラゴン〟。1本でお土産十分というサイズだ。

関東では見られない関西のおもしろい釣りを紹介します! それはタチウオのテンヤ釣り。こんな大型も珍しくないぞ。

タックルはテンヤタチウオ専用竿と小型電動リールの組み合わせが一般的。写真のロッドは「弁慶スペシャル タチウオテンヤ195」。

タチウオテンヤにイワシを縛り付ける。これにかじりついてくるタチウオを大きくアワせて掛ける釣りだ。

ハリ掛かりしたとたん、大暴れする大型タチウオ。とにかく引きがいい。

エサをかじるアタリを取ってアワセで掛ける。アタリはあるけど掛からないことも多く、そのやり取りが、またたのしいのだ。

次々に掛かる入れ食いだ!

この日最大は127㎝!! これからの季節はさらにサイズアップが期待できる。

〝タチウオテンヤ〟を使ったテンヤ釣りは、とても面白い釣り方なので、今後関東の船宿にも広まってくれることを期待し、大阪湾のテンヤでのタチウオ釣りを紹介したい。
取材したのは10月上旬。竿はテンヤのタチウオ釣りの専用竿に、PE3号を巻いた小型電動リールをセット。ナイロン8号のリーダー1.5mを介し、その先に40号のタチウオテンヤをセットする。このテンヤにイワシを固定し、指示ダナへと沈める。指示ダナの間を、1mごとに巻いて止めてを繰り返してやると、「ガジガジ」とイワシをかじるアタリが伝わってくる。ここで鋭くアワせて、テンヤのハリに引っ掛ける釣りだ。
ハリ掛かりしてビックリしたタチウオは強烈な引き込みを見せる。アタリを取って掛けアワセるプロセスと、この強い引きがテンヤ釣りの魅力だ。
この日は80〜100㎝、指4、5本サイズの大型も多く、最大は127㎝のドラゴン級だった。
今後はさらに大型が多くなり、130㎝オーバーも期待できるという。関東のタチウオファンも、機会があればぜひチャレンジしていただきたい釣りだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル