MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タテの釣りで攻める!タイラバ マダイ絶好調!東京湾 走水沖

タテの釣りで攻める!タイラバ マダイ絶好調!東京湾 走水沖

東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!

今後は数釣り要素も増す!タテの釣りで細かい情報を取りながら積極的に攻めよう!

乗っ込み以後も好調を キープ!数も期待大

東京湾走水沖のタイラバマダイが、乗っ込みからの勢いをそのままに好調に釣れている!

「夏場は水温が高くなり少々食いが落ちるのが例年の傾向なんですが、今期は魚影が濃いせいか、コンスタントにヒットしていましてね。さすがに大ダイ連発!とまではいかないですが、取材時も3㎏ちょいの大型が出るなど、雰囲気も良いんですよ」とは、タイラバの爆発力に魅了され3年前から乗合船を出している走水港「政信丸」の廣川政信船長の言葉だ。

この釣りは、「ヘッド」と呼ばれるオモリに「スカート」や「ネクタイ」と呼ぶアピール系アイテムとハリをセットして完成させるシンプルな仕掛けを使い、これを一定の速度で巻き上げるだけで、いとも簡単にマダイが釣れてしまうという魔法のような釣り。

経験者はもちろん、入門者やビギナーにもマダイが釣れるチャンスがあるのが魅力だと船長はいう。

「うちのタイラバはタテの釣り(船下狙いのバーチカルスタイル)で、狙う水深も比較的浅場となる水深30~50mになります。ヘッドの重さも軽めの80gがメインとなりますので、気軽に楽しめ、マダイと出会うことができますよ」とのこと。

ちなみに今後は、1㎏前後の食べ頃サイズの数釣りが期待できるという。
それでは、道具から順にこの釣りを解説していこう!

タックルはタイラバ専用をオススメ!

タックルは、120gのヘッドまで背負えるゲームロッドと巻き上げパワーのある両軸リールの組合せで、まずは楽しめると船長。

「うちのレンタルタックルも、このタイプですからね。ただし、本格的にやってみようと購入を考えている方には、やっぱり専用ロッドとリールを推奨したいですね」。

最近の専用タックルはハイエンドモデルでなくても、かなり性能が良く、しかも年々進化している。

ロッドの穂先感度はもちろん、しなやかに食わす軟らかさも持ち合わせているので乗せやすいし、アワセもしっかり効く。

また専用リールは、タイラバに特化したドラグ性能を搭載しているうえ、軽量で巻き心地も滑らか。

なかには、リールを巻く速度が分かるカウンター付きの優れモノもある。

まずは自分が買える許容範囲内の専用タックルを購入するのが良いだろう。

メインラインは、PE1号以下。

当地は潮が速いことで有名なエリア。

1.5号まで太くするとオマツリするなどトラブルが多くなるので、これを守ること。

タイラバ専用竿とベイトリールの組合せが定番タックル。道糸はPE1号以下を推奨

各パーツを組合せて挑むか、オールインワンタイプを!

タイラバフリークたちは、「ヘッド」や「スカート」、「ネクタイ」などのパーツを自由自在に組み合わせて釣ることにゲーム性を感じ、アツくなっている人たちが多い。

しかし、一方の入門者たちは、正直バリエーションがあり過ぎて迷うだけ…ということも聞く。

「だから私は、入門者やビギナーには全てが揃っているオールインワンタイプを推奨しています」と船長。

セットされているのは実績の高い組合せなので、ここからスタートして徐々にアレンジ。

オリジナルのヒットタイラバを作り上げていけばよいと言うのだ。

「最近、好調なパーツを言うと、ネクタイは細身のストレートの他、カーリーテイル。カラーはケイムラや蛍光系、ゼブラ模様がよくアタっていますよね。あと、時合など、活性が高くタイラバをエサとしてイッキ食いしてくるようなときは、スカートをあえて外すパターンも有効ですよ」とアドバイスをくれた。

その他、違和感なく食わすのに、タングステンオモリを使ってシルエットを小さくすることやハリが年々、小さくなってきている傾向があるとのことだ。

ヘッドの重さは前述した通り80gが中心。

潮が速い場合などもあるので、その前後の重さ60~120gまで用意しておこう。

ビギナーはオールインワンタイプのタイラバから始めよう

80gのヘッドをメインで使用。この前後の60~120gを持っていれば万全だ。

スカートやネクタイも進化の一途をたどっている。いろいろ試してみよう

最近はワーム類を付けるのがトレンド!

「ヘッドのカラーは、オールマイティーに使えるオレンジやレッドが基本になりますよね。澄み潮時は海と同系色のナチュラル系が良く、濁潮はゴールドなどのアピール系が威力を発揮します」と船長。

カラバリでも十分に釣れるタイラバだが、近年はヒット率が上がると、ハリにワーム類を付けるアングラーが増えている。

「生エサはゲーム性に欠けるんでイマイチですが、ルアー要素の強い釣りなので、ワームを試すのはアリだと思いますよ。私もいくつか試して釣っているので効果はあると言えますからね」

こちらも用意して出掛けよう。

食い込みをサポートするワーム類。夜光のグローやケイムラなど、発光系にヒットが多いそうだ

タテの釣りで細かい情報を取って攻める

タテの釣りを行い、マダイを仕留めている「政信丸」。

その理由は、「糸フケがでにくいのでタイラバが海中変化を捉えやすく、そこから推測できる海中の様子をイメージしながら釣れるというメリットがあるからなんですよ」と船長。

具体的には、イラストで紹介しているようにタイラバにじゃれてくるようなアタリもわかるし、2枚潮の流れの境界線なども引き抵抗が変わるので分かるという。

「じゃれてくるアタリが分かれば、どう食わせようかと考えられるし、2枚潮の境界線にはプランクトンが湧くのでマダイが居るかもとの推測ができますよね。つまり、戦略を立てやすいってことになるんです。ちなみにこの釣りの対極にマダイの遊泳層を長く引けるなどの利点があるドテラ流しもありますが、こちらは道糸の距離を出す分、糸フケが出て、さらに底を取るのに重いヘッドを使わなきゃいけないなど、細かい情報が取れないデメリットがありますからね。うちは潮が速い当地の海況も考えて、タテの釣りにしたんです」。

タッチ&ゴーで等速巻き。引き抵抗を感じて巻こう

ここからは、釣るための秘策だ。

イラストの一連の流れで紹介している通り、この釣りのセオリーは海底まで落とし込んだタイラバを巻き上げては落とすことを繰り返して誘うことにあるが、「タイラバが着底したら、すぐに巻き始めるタッチ&ゴーの釣りを展開して欲しいんですよね。着底した後、間を開けると糸フケが出てマダイに見切られる確率が高くなるので要注意なんです」と船長。

また、マダイは海底付近に潜んでいる魚と思い込んで底ばかりを探っていても、結果は出ないそうだ。

「マダイに限らず、魚は上から落ちてくるものに反応しますからね。それに活性の高い個体は中層まで浮いて、エサを探して動いています。そんなやる気のある魚を狙う上でも、底から12~13mくらいまではタイラバを誘い上げてチェックして下さい」とのこと。

ちなみにその誘い上げの速度は、一定のスピードで巻く〝等速巻き〟が基本だが、その速度を変えて探ることも大切。

さらに引き抵抗にも気を配って欲しいという。

「スムーズに巻き上げているときにアタったとか、ドンヨリ重くなったときにヒットしたとか、ヒットパターンを知ることで、その日の傾向が分かりますからね。同じような感覚を受けたときに集中して探り、チャンスを広げて下さい」と、数を伸ばすコツを教えてくれのだ。

アワセのコツや食い渋り対策はイラストで紹介している通り。

これを実践してタイラバ釣りを満喫しよう!!

【東京湾・走水沖】タイラバでマダイゲーム!釣行レポート

今後は数釣りの期待大!!誰もが簡単に楽しめるが実は奥深い!

ライトタックルを使用するので、ダイレクトな引きが堪能できる。マダイは、ヒット直後、中盤、表層付近と三段引きで釣り人を魅了する

「諦めずに巻いて探り続けると結果は出る」と常連さん。この2㎏オーバーのマダイもお昼までノーヒット状態の後、いきなり食ってきたものだった

堂々の3.1㎏!

この時期は1㎏前後の食べ頃サイズが多いが、このようにドカンと大物が顔を出すことも多々あるので侮れないのだ

潮止まり直前に食わした価値ある1枚です

誘いとなる巻きスピードが合えば連続してヒットさせることもできる

日に何度かある時合い。誰かがアタったときはチャンス。集中して誘おう

取り込みは船長が掬ってくれる。頭からタモに入るように誘導しよう

この日は、タングステンヘッドのシルバーにアタリが集中した

手が合えば数が伸びる。

ちなみに当地のマダイはブランドの走水のアジ同様、メチャうまと大評判だ!

王道パターンの「タッチ&ゴーで直ぐヒットしましたよ」とのこと

ゲストも多彩!これもタイラバの魅力!!

ボトムから表層まで探れるタイラバだけに、マダイ以外のゲストも良くヒットしてくるのだ

巻くだけの釣りだから子供でも楽しめる

ムシガレイ

ホウボウ

トラフグ

スズキ

ヒラメ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「政信丸」

関西でブレイクし、いまや全国区となった大人気のタイラバ。

「ヘッド」と呼ばれるオモリに「スカート」や「ネクタイ」と呼ぶアピール系アイテムとハリをセットして完成させるシンプルな仕掛けを使い、これを一定の速度で巻き上げるだけで、いとも簡単にマダイが釣れてしまうという魔法のような釣りだ。
 
この釣りを3年前から乗合船に導入して人気を博しているのが走水港「政信丸」で、ただいま安定した釣果で楽しまれている。

「うちは大潮回りを中心にタイラバ乗合で出船していますが、今期は去年より明らかに魚影が多く感じられますよね。型は大小まじりですが、コンスタントにヒットしてくれるので、入門にも最適だと思いますよ」とは、廣川政信船長の言葉だ。
 
現在、攻めているポイントは走水沖の水深30~40mダチ。

根周りなど実績がある場所を80gのタイラバをメインに使って攻めている。
 
釣り方は一定の速度で巻き上げるだけも、「うちでは細かい情報が取れ、戦略を立てやすい船下狙いのバーチカルスタイルをとってます」とのこと。

この釣りは、ヘッドやネクタイなどの組み合わせや巻く速度を変えるなど、こだわり出すとどんどんハマるゲーム性も魅力。

さっそくチャレンジして、その奥深さにハマって下さい!!

以上の記事は「つり丸」2020年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾のタチウオゲームが好調継続中だ!横浜新山下「渡辺釣船店」では連日、良型中心にトップ30本前後!120㎝オーバーもコンスタントに釣れている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読