MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ワカシという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ワカシという魚を知ろう!

ワカシは、スズキ目アジ科ブリ属。本来、本州以南を回遊していたが、今や千島列島やオホーツク海にもいる。北海道オホーツク海以南、鹿児島県南岸までの日本海、東シナ海、太平洋、瀬戸内海に生息。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ブリ〈ワカシ〉(スズキ目アジ科ブリ属)の生態

市場で買い手がつくのはイナダ以上。ワカシはほとんど値が付かない

本来、本州以南を回遊していたが、今や千島列島やオホーツク海にもいる。

北海道オホーツク海以南、鹿児島県南岸までの日本海、東シナ海、太平洋、瀬戸内海に生息。

また沖縄ではほとんど見られず、むしろ朝鮮半島などに多い。

韓国などではブリが大小問わず並んでいて人気がある。

産卵場は外房・能登半島以南だったが、もっと北でも産卵が行われているという研究者もいる。
 
古くは西のブリ、東のサケと言われた。

年末年始、年取魚に使う魚のことだが、近年、北海道ではサケがとれなくなってブリが大量にとれている。

相模湾でも今年はワカシが現れるのが例年よりも早く、9月にはイナダが大量に見られる可能性が高い。

しかも例年になくワラサが大量水揚げされているので漁師さんもビックリ。

その上、このワラサ、脂がのって非常に美味だ。

今年はイナダ釣りでワラサの可能性も大だ。

ワカシの値段は?

ブリで値段がつくのは全長40cm以上のイナダからだ。

それ以下のワカシは安くても買い手がつかないことが多い。

値がついても1㎏あたり卸値で500円前後だ。

当然、ワカシの500gサイズでは、1尾卸値250円しかしない。

せめてしっかり締めて持ち帰り、おいしく食べて頂くしかない。

ワカシの寿司…完璧に締めたワカシのうまいこと!!これは発見だ!

ある猛暑の朝、市場の釣り名人、クマゴロウの店の前に、真っ黒に日焼けしたたかさんがいた。

「どこ行ってたの?」

「ちょっとね。恋のバカンスさ」

「なーんだ。八王子に一番近い山梨の温泉か。また信玄餅詰め放題?」

お盆は夫婦でずーっと温泉宿、毎日プールで泳いでいたようだ。
 
クマゴロウが、ボクに、「若いのが食べてみてだって」

袋の中身はワカシだった。

メモがついていて「特別な締め方やってます。食べてみてください」とある。
 
たかさんが一目見て、「若い衆がワカシってか」

市場の若い衆たちは、釣り魚の締め方を研究中らしい。
 
今回のものは釣り上げてすぐに締めて、特種な器具を使って血を抜いたのだという。

ちなみに日曜日に釣り上げて、その日は火曜日だった。
 
昼下がりにたかさんと食べて、ビックリ。

これが本当に三日目のワカシ(釣り人にはイナダだが、市場では全長四十センチ以下はワカシ)なんだろうか?

食感もほどよく実にうま味が強い。

握りを十かん一気食いしても、まだもの足りない。
 
お盆明け、クマゴロウは遠征に行くも不釣。

近所の釣り名人、鮹さんにはマアジをはじめいろいろ頂いているが、なんといっても珍魚中の珍魚、ウイゴンベがうれしかった。
 
たかさんにマアジを渡しながら、「これ鮹さんが伊豆沖で釣ったやつ。ついでに珍魚もくれたんだ」
 
珍しいので見せたら、「珍魚はいらねー、アジがいい」

「ウイゴンベって珍しいんだからね。超が一万つくくらい超珍魚」

「なにが提灯で、なにがウイじゃ」
 
ここで和歌山県の民俗学者、宇井縫蔵様を出したとしても、たかさんにわかるわけがない。

なにはともあれ、鮹さんのアジは最高だった。
 
単純にアジ最高、といいたいところだけど、前回のワカシのインパクトが強すぎた。

ワカシもイナダも肝心なのは釣った後の処理なのだ。

「たかさんもう二かんお願い」

「ウイ♡」
 
仕事で、籠の鳥状体が続いている最中、気分転換に小田原へ行った。
 
ここでもワカシ、イナダが大量に水揚げされている。

しかも今年は五キロから七キロのワラサの群れが相模湾に入っていて、小田原魚市場は足の踏み場もない状態なのだ。
 
魚市場で定置網の巨漢船頭さんに、「これ買いな」と声を掛けられた。

イナダが揚がり始めているなかに、小型のワカシが五本ある。

「これがアタリだよ」
 
対岸から乗合船が出て行くのを見送り小田原を後にした。

また釣りを始めたい。今年の冬に始めるか。
 
そのまま『市場寿司』に持ち込んだら、刺身にはできたけど、握りにはできなかった。

身が硬いのではなく、切ると抵抗してゆがむのだ。

「刺身は最高にうまいね」

「でも、これじゃカッコつかねー」
 
弾力があるのに、ほどほどに噛み切れ、うま味がじゅわっと浮き上がってくる。

巨漢船頭さんは特殊な締め方をしていることで有名なのだ。
 
翌日の握りは期待以上だった。ひょっとしたら、市場の若い衆のものよりも上かもしれない。

食感が心地よく、中からじわりとうま味が浮き上がって来て、すし飯と一体化して喉に消える。しかも後味が軽い。
 
結局、三日目がいちばんうまかった。

身は白濁し、食感こそ落ちたが、うま味が増したのだ。
 
たかさんの妻がいて、送ってもらえるので、冷や酒をいっぱい。
 
最近やけに美しい妻に、「ねえ、温泉でなにやってたの?」

「サザンのコンサート見てたの」

「そんなに色っぽくないね」

「ウイ、ウイ♡」

以上の記事は「つり丸」2020年9月15日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル