MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で大型連発!ドラゴン級!東京湾タチウオがアツい!

浅場で大型連発!ドラゴン級!東京湾タチウオがアツい!

東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!

今年は夏場から大型がコンスタントにまじる!浅場だから駆け引きもやり取りも一層楽しめる

数年前までは東京湾のタチウオといえば初夏の浅場で釣れるタチウオ(通称夏タチ)から始まり、冬まで続くロングランの釣り物。

それゆえ梅雨時期からタチウオの釣果情報を連日チェックして、開幕を心待ちにしているタチウオフリークが多かった。
 
しかしここ数年で通年狙えるターゲットへとすっかり変貌を遂げている。

その理由は、タチウオ人気から季節問わず連日乗合船に人が途絶えず、一年のタチウオの動きがチェックできるようになったことが大きい。

そしてソナーやレーダーなどの進歩で、「幽霊魚」とも言われる神出鬼没なタチウオの動きを把握でき、これによりどこにいるのか不明だった数ヶ月の隙間を埋めることができるようになったのだ。
 
夏タチにシーズンは移行したのか?

この興味を抱き、8月9日、富津港「浜新丸」に釣行した。

前半は筆者が好調に掛ける

「浜新丸」の濱名良男船長に話をうかがうと、「今年はこの時期には珍しくとにかくサイズが良いです。100㎝オーバーが頻繁に見られます。夏タチといえば小型サイズがメインと思うでしょうが、小型サイズはまだまじる程度ですね。2、3日前から、いよいよ浅場の富津沖でもアタリが出るようになってきましたから」と話してくれた。

ただでさえ季節外れの良型を期待できるうえ、浅場で数が上がってきたこともあってか、釣行日は11名の釣り客が午前6時の富津港に集まった。

「浜新丸」では釣れるポイントに応じて40号、60号、そして80号の3種のオモリを使い分ける。

釣行日は終日40号だったが、日によって深い場所に行く場合もあるので、事前に確認しておくといい。
 
ロッドは一般的なタチウオロッドがなければ、LT用ロッドでも流用可能。

リールは夏時期に限れば筆者は小型手動両軸をお勧めする。

浅場のタチウオは活性も高く、そのサイズ以上に力強く引く。

せっかくの強烈な引きをダイレクトに堪能するなら、やはり手動の方がいい。

そして小さな誘いが有効なことが多い夏タチには、手動の方が臨機応変に対応できる。
 
大型もまじるとのことで、推奨仕掛けはハリス8号。

ハリスの太さは、アタリの数に影響しないそうだ。
 
本日のポイントは、ここ数日で盛り上がって来た富津沖の浅場。

水深は15~20m程度。

海底までオモリを落として海面まで誘ってくる。タチウオは誘い方で全く釣果が変わる。

しかも日によってはもちろん、同日でも時間によって効果的な誘いが変わるから難しい。

この難しさがどっぷりとタチウオにハマる人を増やしている要因でもある。
 
私は自分の基本である竿先を30㎝上げてリールを半巻きでスタート。

夏はもっとショートピッチの方が効果的ではあるのだが、まずは自分の最も慣れた誘いで始めて、状況を見る。
 
第一投から底から2~3mでカツカツッとアタリ。

そしてもう1~2mほど上げたところでまたカツカツッときたので、大きくアワセを入れてフッキング!
 
ドスンと強烈な引き。元々が引きが強いタチウオだが、夏時期は浅場なのでさらに力強く感じる。

いきなりドラゴンか(?)と期待したが、実際は中型サイズ。

少し気恥しいが、これがこの時期のタチウオあるある。
 
最初にいきなり食いついたが、その後は小さなアタリはあるがなかなか掛からない。

ただ、浅場でオモリも軽い40号なのでタチウオからの魚信が本当に分かりやすい。
 
最初のアタリで誘いを止めず、小さく誘い続けると何とか掛けられた。

前半はこの誘いが良かったようだ。

入れ食いとはいかないまでも前半だけで8本の抜刀に成功。

夏タチ特有の小型のネクタイサイズはまじらない。
 
ここで反対舷の森さんに強烈な引き。

やり取りを楽しんで上がってきたのは獰猛な顔のドラゴン。

113㎝の文句なしの良型。

この時間になると、湾内の多くの港の船が集まってタチウオ大船団が形成。

この光景は釣り人にとっては夏の風物詩。

「浜新丸」ではコノシロの切り身をエサに使用

中盤以降は失速、船中では113㎝も!

中盤からタチウオの好みが変わったようでアタリが遠のく。

これがタチウオ釣りの難しさだ。
 
イチ早くタチウオの好みを当てたのが朝倉さん。

孤軍奮闘でアタリを出す。
 
私も方向転換を余儀なくされた。

じょじょに誘いをスローにし、そしてリールも1/4回転くらいに変更。

すると、やっとアタリを出せるようになってきた。

しかし、それでも食いが浅く、エサばかり取られる。

なんとか調整を試みるも、正解がはっきり分からぬまま終了の時間を迎えた。
 
前半の勢いだけなら20本は堅いと思われたが、最終的には12本に終わった。

一方、コンスタントにアタリを出せた朝倉さんは、トップの17本と流石の腕前を見せた。
 
この日は113㎝のドラゴンを始め、100㎝超も数本まじって噂どおりの良型を堪能。

小型サイズはまじる程度だった。
 
今後水温が安定してくれば、さらに本格化し数釣りモード突入必至。

他のシーズンに比べて釣りやすいが、それでも難しい側面を見せるのがタチウオ。

今年も釣り人を熱くするだろう!

富津港出船で狙う!東京湾のタチウオ 釣行レポート

ドラゴン級まじりで今シーズンも楽しめる!!

まずは1本ゲット!

ヒット!

抜き上げて取り込む!

誘いが合えば連発もある

幅広、メーターオーバーの良型!

このタチウオは当日最大の113㎝

こちらも幅が広い良型

東京湾のタチウオは食べても美味

嬉しい1本

取材当日は全員が型を見た

今後水温が安定すれば高値安定は必至

タチウオの歯は鋭いので注意しよう

イシモチもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津「浜新丸」

灼熱の太陽にギンギラギンに輝く東京湾のタチウオがおもしろくなってきている。

数年前までは数ヶ月の休暇期間を経た後、初夏からシーズンが再開して冬までロングランで続いていた。

しかし、ここ数年で東京湾のタチウオは、すっかり通年で楽しめる釣り物となった。
 
この時期のタチウオ釣りの最大の魅力は、浅ダナで掛かったときの力強い引きと数釣りモード。

水温が高いので魚の活性も高く、タチウオをこれから始めようという人にお勧めできるシーズンだ。
 
タチウオの一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」の濱名良男船長にうかがうと、「今年はとにかくサイズが良いです。100㎝超えが高い確率で顔を出しています。2、3日前から浅場の富津沖でも数アタるようになってきたので、これから水温が安定してくればもっと数も上がってくると思います」と話してくれた。
 
取材当日は113㎝のドラゴンサイズも顔を出した。

100㎝前後も数本上がり、噂どおりの大型タチウオを楽しんだ。

数の方はトップ17匹と前日の高活性からは小休憩となったが、今後水温が安定すれば高値安定は必至。
 
タチウオフリークを熱くするシーズンに突入している!

以上の記事は「つり丸」2020年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読