MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

「本命がない釣り、というのがスローピッチジャークの魅力だと思います。釣れるものは何でも釣っていきますよ」と語るのは飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。関東エリアでは数少ない、スローピッチジャーク専門の看板を掲げている。

ターゲットはよりどりみどり。今後はホウボウ&ヒラメが本格化

ホウボウ。

ワラサ。

ヒラメ。

スローピッチジャークジギングの爆発力は、「幸丸」のホームページでチェック! この日は2隻で出船。

スロー専用ジグを活用しよう。フックセッティングに気をつけよう。

本命がない釣り、それがスローピッチジャークの魅力。ジグを自在に操作するテクニックを身につけよう。

このライトタックルでワラサやヒラマサなどの青物まで狙える。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「幸丸」。

周年スローピッチジャーク乗合で出船している飯岡港「幸丸」。ざっと狙える魚を列挙してみる。イナダ、ワラサ、ヒラマサといった青物はもちろん、ヒラメ、ホウボウ、ハタ、イシナギなどのほか、アカムツ狙いの実績もある。
ときどきの状況に応じて、釣り人側で釣り物を選択できることも多い。効果的なアクションを使い分けて、釣り分けを狙っていく楽しみはスローピッチジャークならでは。
11月初旬。取材日直前の飯岡沖は、良型を含めたヒラマサの回遊に沸いていた。しかし、沖へ出てみればヒラマサのご機嫌は斜め。ならば、とばかりに船長はホウボウ、ヒラメ狙いへと作戦を変更した。これに応ずるかのように狙い通りの魚たちが上がってくるのだから面白い。
「ここはホウボウの実績が高いですよ、などとは事前に伝えますが、釣り人側で意識的に狙い分けていってもいいと思いますよ」と渡辺船長。
釣れるものは何でも! の釣りが可能。青物、底物ともに期待できるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
東京湾 湾奥のサワラゲームが激アツだ。千葉・船橋港「フレンドシップ」はこの日は午前と午後の二便で出船。午後のポイントはなんと東京ディズニーシーの目の前。こんなところでサワラがボッコボコ!
最新記事
今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!
驚異的な粘りと高弾性を併せ持つスローゲーム専用ベイトロッド「オフショアスティックHSJ CS(スロー)シリーズ」
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読