MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】

「本命がない釣り、というのがスローピッチジャークの魅力だと思います。釣れるものは何でも釣っていきますよ」と語るのは飯岡港「幸丸」の渡辺一司船長。関東エリアでは数少ない、スローピッチジャーク専門の看板を掲げている。

perm_media 《画像ギャラリー》五目で楽しむスローピッチジャークジギングゲーム【飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

ターゲットはよりどりみどり。今後はホウボウ&ヒラメが本格化

ホウボウ。

ワラサ。

ヒラメ。

スローピッチジャークジギングの爆発力は、「幸丸」のホームページでチェック! この日は2隻で出船。

スロー専用ジグを活用しよう。フックセッティングに気をつけよう。

本命がない釣り、それがスローピッチジャークの魅力。ジグを自在に操作するテクニックを身につけよう。

このライトタックルでワラサやヒラマサなどの青物まで狙える。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「幸丸」。

周年スローピッチジャーク乗合で出船している飯岡港「幸丸」。ざっと狙える魚を列挙してみる。イナダ、ワラサ、ヒラマサといった青物はもちろん、ヒラメ、ホウボウ、ハタ、イシナギなどのほか、アカムツ狙いの実績もある。
ときどきの状況に応じて、釣り人側で釣り物を選択できることも多い。効果的なアクションを使い分けて、釣り分けを狙っていく楽しみはスローピッチジャークならでは。
11月初旬。取材日直前の飯岡沖は、良型を含めたヒラマサの回遊に沸いていた。しかし、沖へ出てみればヒラマサのご機嫌は斜め。ならば、とばかりに船長はホウボウ、ヒラメ狙いへと作戦を変更した。これに応ずるかのように狙い通りの魚たちが上がってくるのだから面白い。
「ここはホウボウの実績が高いですよ、などとは事前に伝えますが、釣り人側で意識的に狙い分けていってもいいと思いますよ」と渡辺船長。
釣れるものは何でも! の釣りが可能。青物、底物ともに期待できるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
秋の東京湾、ルアーゲームの主役は青物!イナダからワラササイズのブリサワラ、小型のカンパチまで!青物ゲームが面白い!
東京湾 秋のサワラ祭りが開幕!ドラグが唸りをあげるほどの「マッハ・ラン」を繰り返す1m超のファイトが東京湾で手軽に楽しめる!ぜひ体験してみよう!
べた凪ぎの海で根魚&タイと遊ぶ!晩夏のタイラバゲームは入門のチャンスだ!水深20m前後の「シャロー」では、アカハタが裏本命となる。ぜひ挑戦してみよう!
9月上旬の東京湾は、大型タチウオ、通称「ドラゴン」キャッチで沸いている!金沢八景「太田屋」でも、ドラゴンサイズ連発で期待十分の状況だ!
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
最新記事
【新潟・間瀬沖~佐渡島沖】白子がうまい極上マダラのハイシーズン突入!「光海丸」流爆釣法を解説!近場はアジの泳がせで大ビラメ釣り!
東京湾LTアジが実りの秋に絶好調!密度の濃いコマセワークと正確なタナ取りで釣果アップ!入門にもオススメだ!
1本ずつ手作りにこだわり強度に優れたコマセマダイ用仕掛け Amizesu「真鯛テーパー仕掛け(1本針・2本針)」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル