MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好発進!LTイナダ五目!カンパチも期待!相模湾 平塚沖

好発進!LTイナダ五目!カンパチも期待!相模湾 平塚沖

平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!

イナダのパワフルな引きをLT使用でより楽しめる!カンパチの期待もあるよ!!

ワカシ&イナダが8月から開幕!

イナダ&ワカシは港前の水深20〜30mを狙った

相模湾では8月1日からコマセ釣りのキハダ&カツオが解禁するが、ワカシ&イナダも同じ日に解禁する。

今シーズンも開幕直後から好調に釣れた。

それにともなって平塚港「庄三郎丸」では、LTウイリー五目船がイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船に変わった。

そこで8月半ばに取材した。

取材当日は、まだワカシサイズが多く、そのなかにイナダ級もまじるという展開。

イナダ&ワカシはひと潮ごとに成長するというので、9月以降はイナダ級メインの釣果が期待できそうだ。

また、この釣りではイナダと同サイズのカンパチがまじることもある。昨年は8~9月に多数まじっていたが、今年は8月中旬の時点において、あまりまじっていない。

こちらも9月以降に多数まじることが期待される。

LTウイリー用のタックルでOK

の釣りのタックルは、LTウイリーで使うタックルがそのまま流用できる。

竿は30~40号のオモリに対応した7対3調子のLT用、またはゲームロッド。

長さは2m前後。

リールは手巻きの小型両軸リール、または小型の電動リールなど。

この時期のイナダのタナは比較的浅いので、手巻きリール使用でも、仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。

リールに道糸としてPEラインの2~3号を150m以上巻いておくこと。

仕掛けはウイリーのほか、バケも用意しよう!

道糸の先にビシを装着した片テンビンを繋ぐが、テンビンとビシもLTウイリーで使用するものでOK。

テンビンは中小型の片テンビン。

ビシは「サニービシちびライト」のような小型のプラビシ。

ビシオモリは30~40号。

ビシの調整は後述する釣り方のところで解説する。

テンビンに仕掛けを繋ぐが、仕掛けはウイリーとバケの2種類を使う。

取材当日、「庄三郎丸」の中村友紀船長がススメていた仕掛けはウイリーだった。

ウイリー仕掛けは、ハリス3~4号、全長2.5mぐらい。

ハリはイセアマ7~8号、またはグレ8~9号。

ハリ数は2~3本で、一番下のハリは空バリ、上のハリにはウイリーを巻いてある仕様だ。

一番下の空バリには、付けエサのオキアミを刺す。

オキアミの付け方は下のイラストのとおり。

尾羽を切り取り、その切り口からハリ先を刺し入れる。

そしてオキアミをハリの軸に対してまっすぐ刺し、ハリ先を出してできあがり。

オキアミが曲がっていると、ハリがクルクル回って仕掛けが絡んだり、不自然な動きをして食いが悪くなるので注意すること。

ビギナーは2本バリがオススメ。

イナダは船に取り込んでも暴れるので、ハリ数が少ない方が絡むなどのトラブルが少なくなる。

ウイリー仕掛けをテンビンに繋ぐ際は、クッションゴムを介しても、介さなくてもどちらでもOK。

ただし、アジなどを狙うときはクッションゴムを介した方が口切れを防止できる。

クッションゴムは太さ1.5~2㎜、長さ30㎝前後を使おう。

ウイリーのほかにバケ仕掛けを使うこともある。

バケはバラフグ、ナマズ、ハモ、シャミなど。

とくにバラフグはイナダに有効な皮なので必ず持参すること。

バケ仕掛けはハリス5~6号、全長2m前後。ハリ数は2本バリ。

バケ仕掛けの場合、テンビンに繋ぐ際、ッションゴムは介さない。

取材当日、中村船長のオススメ仕掛けは「ウイリー+オキアミ」。ハリスは3~4号

ウイリー仕掛けでの釣り方について

コマセはアミ。ビシは小型のプラビシを使用

コマセはアミを使うので、ほとんどの人が小型のプラビシを使う。

ベテランのなかには、昔ながらのカッタクリ釣りによく使われていたアミコマセ用の小型ステン缶を使う人もいる。

ビシの調整は、プラビシは下の隙間は全閉。

上の穴は1/2ぐらい開けてスタートする。

これでコマセが出すぎるようなら上の穴を少し閉じ、コマセがあまり出ないようなら上の穴を少し開けて調整していく。

ビシの調整はとても大事だ。

コマセが出すぎる調整だと、下の方のタナを探っている間にコマセが全部出てしまい、上の方のタナを探っているときにはコマセがなくなってしまう。

このような状況では、上の方のタナでアタる確率が低くなってしまうのだ。

タナの範囲を一回探って仕掛けを回収したときに、ビシ内にコマセがわずかに残るぐらいに調整するのが理想だ。

取材当日、イナダ&ワカシのタナは浅く、中村船長から「5~15mで!」というように指示ダナがアナウンスされた。

この場合、指示ダナの下限である海面下15mまでビシを落とし、海面下5mまでの範囲を探っていく。

指示ダナの範囲を探っていく方法は、上のイラストのとおり。

まず海面下15mまでビシを落とす。

そして、竿をシャクってコマセをまきながら、50㎝~1m刻みに巻き上げていく。

海面下5mの位置まで探ってアタリがなければ、仕掛けを回収して再投入する。

イナダ釣りは、シーズンが進むとタナが深くなる傾向がある。

そうなると「海底から10mまで探って」と指示ダナがアナウンスされる。

この場合、一度ビシを海底まで落とす。

そして、竿をシャクってコマセをまきながら、50㎝~1m刻みに巻き上げて海底から10mまで探っていく。

竿のシャクリ方を示したのが上のイラストだ。

まず竿先を海面に向けて、ビシを指示ダナの下限、または海底まで落とす。

そして竿先を海面に向けた位置からシャクリ上げていくが、シャクリ上げは時計の針が9~10時くらいの位置まで。

シャープにシャクリ上げる。

シャクリ上げたら、その位置で数秒待つ。

待ち時間は状況によるが2~8秒ぐらい。

食いがいいときは待ち時間を短く、逆に食いが渋いときは待ちを長くする。

続いて竿先を海面に向けながら、シャクリ上げた分の道糸を巻き取る。

これを繰り返して、指示ダナの範囲を探っていくのだ。

サバ、ソウダが多いときは、バケ仕掛けが有利!

この釣りではサバやソウダガツオがよくまじる。

とくに多いときは、ウイリー仕掛けだと連発しやすい。

サバやソウダをたくさんお土産にしたいなら別だが、避けたい場合はバケ仕掛けがオススメ。

サバやソウダがまったく掛からないわけではないが、ウイリー仕掛けよりは掛かりにくい。

さらにバラフグ皮のバケを使えば、イナダにも有効だ。

バケを使う際に一つ注意がある。

それは使用前(出船前から)にバケを海水に漬けておくこと。

こうすることでバケの皮が反射しやすくなるのだ。

【相模湾 平塚沖】LTイナダ五目 釣行レポート

今シーズンも好調スタート!元気なイナダメインに今後はカンパチも期待

出船前、中村船長がビギナーにレクチャーする

イナダは元気な引きで抵抗する

一荷だ!

女性アングラーに一荷でヒット!

女性アングラーも大健闘!

9月には、もう一回り大きくなっているだろう

本命の顔を見て一安心

飯田さんにもヒット!

イナダサイズをゲット!

慣れた人は着々と数を伸ばす

サバが邪魔する時間帯もあった

全員が本命をゲットした

ルアー(ジギング)でも狙える。釣り座はミヨシ

ジギングにヒット!

ルアーマンには一回り大きな2㎏に迫るサイズがヒット!

後半はアジも狙った

釣れるアジは良型だった

アジ狙いでカンコがヒット

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」

相模湾のイナダ&ワカシ釣りは、8月1日から解禁する。

今シーズンも開幕直後からまずまずの好スタートを切った。
 
平塚港「庄三郎丸」では「LTウイリー五目」という看板でLT(ライトタックル)使用のコマセ釣りでいろいろな魚を狙っているが、この解禁にともなってイナダ&ワカシをメインに狙う
「LTイナダ五目」に替わった。
 
取材は8月半ば。

「庄三郎丸」の中村友紀船長のオススメ仕掛けはウイリー。

大半の人がウイリー仕掛けでスタートし、サバまじりでイナダ&ワカシがポツポツと顔を出した。

途中、アタリが遠い時間帯もあったが全員が本命をゲットした。
 
ミヨシではルアーマンがジギングで狙っていたが、2kgに迫るサイズも取り込まれた。
 
ひと潮ごとに成長するというイナダ&ワカシ。

今後はイナダ級が多くなることだろう。

また状況次第ではカンパチがまじることもある!

以上の記事は「つり丸」2020年9月15日号の掲載記事です。

関連記事
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
マハタが好調!勝浦松部港の「信照丸」では、トップ8匹の日、船中20匹も上がった日も!ここ数年で、マハタの魚影がもっとも濃いように思う。極上の味覚を狙いに勝浦へ行ってみよう。
西伊豆のロックフィッシュが好調なスタート!コンスタントにアタるからチョ~おもしろい!いろいろな釣り方で狙える、アカハタ&カサゴなどの根魚が超激アツだ!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読