MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

「ヒラマサの数自体は多いですよ」と「第二松鶴丸」中村船長は話す。「ただ、小さい群れが広範囲にポツン、ポツンといるような感じです」。したがって、いくら好調とはいえ乗船者全員がキャッチできるかといえば、そこは外房のヒラマサ、そこまでは甘くはない…。

この日に取り込まれたヒラマサは3〜4㎏クラスだったが、10㎏オーバーと思しきアタリもあったぞ

今期はジギングで好調に揚がっている。しかも10kgオーバーもジグにヒットしている。

明らかに大型と思しきアタリもあったが…。

女性アングラーもコンディションのいいヒラマサをキャッチ!

当日はボトムでヒットが集中。釣る人は2本、3本と釣る。

常連さんは確実に結果を出す。

当日の水温は24度以上。このキメジの他、シイラやスマなどもヒットした。

最後まで油断するべからず。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材日のヒットパターンはボトム中心。ボトムから数シャクリで食ってくる状況だった。そのパターンをいち早く掴んだアングラーはタイミングが合うたびにヒラマサをヒットさせていたが、そうでない人は、残念ながら…。
「まだ水温が高いので、もう少し下がれば様子も変わるかもしれません。まだまだチャンスはありますよ」と中村船長。
この日取り込まれたヒラマサは3〜4㎏クラスだったが、10㎏オーバーと思しきアタリもあった。また、10月末現在ではジギングが有利だが、状況が変わればトップが面白くなる可能性も。万全のタックルで挑もう!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読