MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

外房のヒラマサが依然としてジギングで好調だ【外房】

「ヒラマサの数自体は多いですよ」と「第二松鶴丸」中村船長は話す。「ただ、小さい群れが広範囲にポツン、ポツンといるような感じです」。したがって、いくら好調とはいえ乗船者全員がキャッチできるかといえば、そこは外房のヒラマサ、そこまでは甘くはない…。

この日に取り込まれたヒラマサは3〜4㎏クラスだったが、10㎏オーバーと思しきアタリもあったぞ

今期はジギングで好調に揚がっている。しかも10kgオーバーもジグにヒットしている。

明らかに大型と思しきアタリもあったが…。

女性アングラーもコンディションのいいヒラマサをキャッチ!

当日はボトムでヒットが集中。釣る人は2本、3本と釣る。

常連さんは確実に結果を出す。

当日の水温は24度以上。このキメジの他、シイラやスマなどもヒットした。

最後まで油断するべからず。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材日のヒットパターンはボトム中心。ボトムから数シャクリで食ってくる状況だった。そのパターンをいち早く掴んだアングラーはタイミングが合うたびにヒラマサをヒットさせていたが、そうでない人は、残念ながら…。
「まだ水温が高いので、もう少し下がれば様子も変わるかもしれません。まだまだチャンスはありますよ」と中村船長。
この日取り込まれたヒラマサは3〜4㎏クラスだったが、10㎏オーバーと思しきアタリもあった。また、10月末現在ではジギングが有利だが、状況が変わればトップが面白くなる可能性も。万全のタックルで挑もう!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾・夏のタチウオジギング!メーターオーバーも続々登場!ビギナーの方も存分に楽しめる夏タチシーズンはまだまだこれから。多少の上下はあれ、今後も十分に期待できる。
更新: 2019-07-20 07:00:00
早くも相模湾に夏到来! 真夏のオフショアキャスティングゲームの定番であり、大人気ターゲット「シイラ」がついに開幕したのだ。シイラのキャスティングゲームはとってもテクニカル&エキサイティング!
更新: 2019-07-18 12:00:00
タチウオのエサ釣りがテクニカルで人気なら、このジギングもエサ釣りに負けず劣らずテクニカル。リールを巻く誘いのスピードがタチウオの活性に合わなければ、隣はイレグイでも、自分はさっぱりということにも。
更新: 2019-07-08 12:00:00
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
更新: 2019-07-07 12:00:00
例年にないほどのロケットスタートをみせ、好調持続中の相模湾シイラゲーム!新群れの流入も 日を追うごとに増え、おおいに盛り上がっている!タックルセレクトからルアーアクションまでマスターアングラー椙尾和義さんのアドバイスを中心に紹介する。
更新: 2019-07-05 07:00:00
最新記事
シマノではシマノインストラクターと行く釣り旅「ドリームツアー」を8月3日(土)~9月30日(月)の期間募集する。
更新: 2019-07-21 12:00:00
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
更新: 2019-07-21 07:00:00
「第18回 2019金沢漁港シロギス釣り大会」が8月18日(日)に神奈川県金沢漁港で開催される。申込み、問合せは参加船宿まで!
更新: 2019-07-20 12:00:00
東京湾・夏のタチウオジギング!メーターオーバーも続々登場!ビギナーの方も存分に楽しめる夏タチシーズンはまだまだこれから。多少の上下はあれ、今後も十分に期待できる。
更新: 2019-07-20 07:00:00
関東東海エリアでもイサキはメジャーなターゲットだが、この季節、そのなかでも軍を抜いて安定しておいしいとされているのが、駿河湾の石花海のブランドイサキだ。誘い上げで攻略、多点掛けのテクニックで数を伸ばそう!!
更新: 2019-07-19 07:28:47

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読