MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ高確率!10kg超の大型も!外房 川津沖のカモシ釣り!

ヒラマサ高確率!10kg超の大型も!外房 川津沖のカモシ釣り!

伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

ヒラマサが狙える外房の伝統釣法に初挑戦! 青物らしきアタリはバラシで悔しいデビュー

カモシ釣りをご存じだろうか?

私自身も実際にやったことはなく、「カモシ釣り=外房のヒラマサ釣り」という理解でいた。

縁あって今回カモシ釣りに初挑戦となった。

9月からヒラマサのベストシーズン!

カモシ釣りを事前に調べてみるとなかなか興味深い。

千葉県は地域ごとの伝統釣法が数多い。

ビシマやシャクリなどのマダイ釣法などがそう。

勝浦周辺のカモシ釣りも、まさにこの伝統釣法の代表格。

カモシ袋という一見靴下のような袋でサンマのミンチをまいて、ヒラマサやマダイを狙うのだ。
 
理論的にはコマセマダイなどのオキアミをコマセに用いる釣法に近いが、釣り方は異なる。

まずオキアミとサンマの違い。

コマセのまき方もカモシ袋とビシカゴでは効果的な出し方が異なる。
 
そして何より最大の違いは、狙うターゲット。

この勝浦沖~御宿沖には10kgオーバー、時には20kgのヒラマサが狙える。

さらには大ダイも多く、これらを狙えるのがたまらない。
 
この夢のような釣りを楽しませてくれるのが勝浦川津港の「基吉丸」。

渡邊清志大船長に話をうかがうと、「本当は9月からの秋がヒラマサのベストシーズン。10kgオーバーの大型が狙えます。それまではマダイがベストシーズンで連日大ダイが釣れています。カモシで釣れるタイは平均的に大きいですから。ヒラマサも5キロ前後が回ってきているみたいで、先週もハリスを切っていく獲物が多かったです。青物が回ってきたらハリスを太くしてやってみるのもいいですよ。今日もまずはハリス4号でタイを狙って、状況次第でヒラマサを狙いましょう」とのこと。

道糸、コマセなど、カモシ釣りの特徴

カモシ釣りでは、独特なカモシ袋とカモシテンビンを使う

今回が初のカモシ挑戦ということもあり、ロッドは専用ではなく、1.6mの遠征泳がせ用を代用。

リールはイカなどに使用しているシマノの3000番。

ロッドはもう少し長く、そして軟らかめの青物用がやり取りを含め良かったかなと釣行後に感じた。

コマセをまくカモシ袋がけっこうな大きさで、水中ではかなりの抵抗になる。

掛かる魚も大きいので、テンビンは固定式の片テンビンではなく、抵抗を減らすために「カモシテンビン」と呼ばれる遊動式を使用する。
 
私はこのカモシテンビンに直接5号のPEラインをつなげたが、これはカモシフリークからすれば邪道。

大型のヒラマサ対策に、伸びがあるナイロンラインの20号ほどが良いそうだ。
 
しかし、昨今のPEラインの性能向上、そしてタナ取りのしやすさ(ナイロンの場合は自分で目印を打たないといけない)から、PEを使用する人も多いようだ。

使用可否は各船宿に確認しよう。
 
同じ理由で船長から「15ヒロ、38m」のようにタナ指示がある。

この場合、ナイロンなら15ヒロ、PEなら38mにタナを合わせる。
 
指示ダナからハリス分仕掛けを落としてコマセをまく。

ただし、マダイ用に10mほどの長ハリスを使用している場合は、5~6mだけ落とせばいい。

青物はコマセにアタックしてくるのだが、マダイは遠くから様子を見ているので10m落としてしまうとマダイが散ってしまう可能性があるのだ。
 
そしてコマセのまき方が、オキアミコマセの時とはまったく違う。

コマセをまこうとロッドを立てているときは、カモシ袋の口は上を向いてコマセは出ない。

振り下げたときに袋が反転して出るので、ロッドの振り下げは大胆にやらないとなかなかコマセが出ていかないのだ。
 
付けエサにはサンマの身エサを用いているので、エサの沈下スピードが速い。

コマセへの同調もオキアミより少し速めと考えた方がいい。
 
ちなみに、エサはサンマのブツ切りが配られる。

そのサンマの中骨をハサミで切り取り、タンザクになったところに皮を内側に合わせてハリを付ける。

なるべくハリは隠れるように。

コマセはサンマミンチ。海水で溶かして、専用ポンプでカモシ袋に入れる

船で配られる付けエサはサンマのブツ

筆者はマダイ連発後、4連続バラシ!

まだ辺りは薄暗いなか、事前学習したことに自分なりのコマセマダイの経験を合わせて実釣開始。

コマセをまいてしばらく待つもアタリがないので、少しずつ誘い下げると、マダイ特有の下に潜るアタリ。

最初の一投から1.2kgほどの本命をゲット。
 
船尾で竿を出す高田さんは「基吉丸」の常連さん。

さっそく竿を大きく曲げている。上がって来たのは同じ青物だが、ヒラマサではなく良型のワラサ。
 
さらにアタリは続く。

同様のやり方で今度はアベレージサイズの2kg前後の中ダイをゲット。

続いて1.2kg。

朝イチに3連続でゲット。
 
結果的にこれが判断を狂わせた。

その後もアタリは続いたが、何と4連続バラシ。

しかも1回は10mほど走られて根に引っ掛かったようにハリスが切れた。
 
高田さんも2回ハリスを切られたそう。

後で考えればこれらはおそらく青物だろう。

あまりにマダイの活性が高かったので、ハリスを4号から8~12号へと太くするのを躊躇したのが悪かった。

結果的にこの判断ミスが致命傷となり、連続バラシの後には潮が止まってしまいなす術なし。
 
結果的には朝イチにマダイ数枚とワラサの顔を見て終了となってしまった。
 
マダイは噂どおりの良型がアベレージで、しかもアタリが多い。

そして後半明らかに青物の反応も確認できた。

9月中旬ころにはヒラマサが本格化していても全く不思議ではない。

個人的にも近日中にハリスを切っていった忘れ物を取りに行こうと思っている。

外房・川津沖のカモシ釣り!釣行レポート

秋のヒラマサシーズン到来!! 10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

グングンと竿が絞り込まれる引きはワラサだった

朝イチにヒットしたワラサ

取材者は2㎏級マダイをゲット

取材の翌週は7〜8㎏クラスのヒラマサが取り込まれた

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「基吉丸」

固有の地域で長年にわたって培われてきた独自の伝統釣法。

千葉県にはビシマ釣り、シャクリマダイなど数多くの伝統釣法があるが、勝浦〜御宿周辺の「カモシ釣り」はその代表格だ。
 
一見靴下のようなカモシ袋を用いて、サンマのミンチをコマセに魚を寄せる。

概念はコマセマダイなどと同様だが、カモシ釣りの最大の特徴は釣り上がる豪華な面々。

季節によって主役に多少の変化はあるものの、晩春から夏にかけては5㎏オーバーも珍しくない
「大ダイ」。

そして秋からは海のスプリンター「ヒラマサ」が狙える。
 
ヒラマサを高確率で狙える釣りとして勝浦周辺のカモシ釣りは人気だ。

しかも秋は10㎏超える大型を狙えるベストシーズンなのだ。

夏時期は大マサのベストシーズンではないが、5㎏前後のサイズを狙うことが可能。
 
釣行日の8月22日は、まず長ハリスでマダイ狙い。

コンスタントに噂どおりのアベレージ2㎏マダイのアタリを楽しんだ。

時おり4号のハリスをぶった切っていく魚も!
 
糸の出方から間違いなく青物。

マダイのあまりのアタリの数にハリスを太くするのを躊躇してしまったが、ヒラマサ・ブリなどが早くも入り始めたようだ。

いよいよこれからは大マサが主役のシーズンがやってくる。

以上の記事は「つり丸」2020年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読