沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

秋の人気釣り物「餌木イカ」が好調なスタートを見せている。鴨居「きよし丸」の取材では、アオリイカは良型ばかりでトップ15杯。最大は1.2㎏だった。またスミイカのトップは6杯と満足できる釣果であった。


この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ

当日は航程10分ほどの鴨居沖を狙った。タナは海面から20m前後の場所が多かった。

当日最大のアオリイカは1.2kgだった!

ロングロッドをグングンと引き込む手応えがたまらない!

こちらはスミイカ。美味なイカだ!

餌木はバリエーション豊富に!

連発だ!

ハイ、キターッ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居「きよし丸」。

餌木イカ釣りは、道具がシンプルで釣り方もとても簡単。今の時期はポイントが近く、ビギナーや女性でも手軽に楽しむことができるのだ。
そして、この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ。「小さくシャープに誘ったら、ジッと竿先に集中して、モゾモゾやフワッなどの違和感があったら自信を持ってアワせること。何よりもテンポよくシャクリ続けることが大切」とは「きよし丸」の小田淳船長。
イカの王様アオリイカはスーパーではお目にかかれない高級イカ。お刺身は歯ごたえがあって、上品な甘さも魅力。飾り包丁を入れるとさらに食べやすい。またテンプラやフライのほか、小型は塩をさっと振った丸焼きが最高。小田船長おすすめはアオリイカの船上干しで、釣り人にしか味わえない幻の味。おまけにネットリとろけるスミイカもあれば、イカパラダイスに酔いしれること間違いなしだ。
この秋は釣ってよし、食べてよしの「餌木イカ」がオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

マダイ好調!アオリイカはティップエギングで(第一・第五なかくに丸)

今期の寺泊沖のコマセマダイは絶好調だ。数の上越、型の寺泊と一時いわれたが、この秋は型だけでなく数も絶好調続きだ。「なかくに丸」の秋の看板メニューのひとつが、アオリイカのティップエギングだ。ティップランとも言われているが、釣法に変わりはない。


わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

今回のターゲットは、アカイカと関東圏で呼ばれる大型のケンサキイカ。沖釣り師の間では、マルイカと言った方がなじみが深いと思う。 このアカイカは伊豆七島周辺で釣れ、とてもおいしいイカと言われており、熱烈なファンも多い。


ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

ここのアジは幅広で超超超〜オイシイ!【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

釣りたての新鮮な美味しい魚が食べたい! そう思ったら、おすすめターゲットのひとつがアジだ。


明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

4月29日、今回お世話になった船宿は横浜横須賀道路浦賀インターからすぐの鴨居大室港「五郎丸」。ここでは午前と午後のカサゴが出船中で、半日船とは思えない好釣果が続いているので期待に胸が膨らむ。また、ゴールデンウイークとあって、元気なちびっ子の姿も微笑ましい。


2㎏オーバーも期待できる!! 平塚沖のアオリイカ【相模湾・平塚沖】

2㎏オーバーも期待できる!! 平塚沖のアオリイカ【相模湾・平塚沖】

アオリイカの魅力は、何と言っても、シャクる手を「ズシンッ」と止められる衝撃。一度覚えると病みつきになってしまう。ここのところアオリイカ釣りはご無沙汰な僕。ひさびさに、あの「ズシンッ」と来る衝撃を感じたくて平塚に向かった。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読