MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

秋の人気釣り物「餌木イカ」が好調なスタートを見せている。鴨居「きよし丸」の取材では、アオリイカは良型ばかりでトップ15杯。最大は1.2㎏だった。またスミイカのトップは6杯と満足できる釣果であった。

この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ

当日は航程10分ほどの鴨居沖を狙った。タナは海面から20m前後の場所が多かった。

当日最大のアオリイカは1.2kgだった!

ロングロッドをグングンと引き込む手応えがたまらない!

こちらはスミイカ。美味なイカだ!

餌木はバリエーション豊富に!

連発だ!

ハイ、キターッ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居「きよし丸」。

餌木イカ釣りは、道具がシンプルで釣り方もとても簡単。今の時期はポイントが近く、ビギナーや女性でも手軽に楽しむことができるのだ。
そして、この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ。「小さくシャープに誘ったら、ジッと竿先に集中して、モゾモゾやフワッなどの違和感があったら自信を持ってアワせること。何よりもテンポよくシャクリ続けることが大切」とは「きよし丸」の小田淳船長。
イカの王様アオリイカはスーパーではお目にかかれない高級イカ。お刺身は歯ごたえがあって、上品な甘さも魅力。飾り包丁を入れるとさらに食べやすい。またテンプラやフライのほか、小型は塩をさっと振った丸焼きが最高。小田船長おすすめはアオリイカの船上干しで、釣り人にしか味わえない幻の味。おまけにネットリとろけるスミイカもあれば、イカパラダイスに酔いしれること間違いなしだ。
この秋は釣ってよし、食べてよしの「餌木イカ」がオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
福島の海が回復。さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分。
更新: 2019-08-16 08:41:48
東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!
更新: 2019-08-05 07:00:00
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
更新: 2019-08-04 07:00:00
大人気の相模湾ライトルアー乗合。江の島から出港する「島きち丸」。40mより上を探る指示の、バーチカルジギングがメインパターン!これから夏本番を迎え、メインのサバからワカシ、イナダへとスイッチしていく傾向が強い。
更新: 2019-08-02 12:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読