MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

秋の人気釣り物「餌木イカ」が好調なスタートを見せている。鴨居「きよし丸」の取材では、アオリイカは良型ばかりでトップ15杯。最大は1.2㎏だった。またスミイカのトップは6杯と満足できる釣果であった。

この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ

当日は航程10分ほどの鴨居沖を狙った。タナは海面から20m前後の場所が多かった。

当日最大のアオリイカは1.2kgだった!

ロングロッドをグングンと引き込む手応えがたまらない!

こちらはスミイカ。美味なイカだ!

餌木はバリエーション豊富に!

連発だ!

ハイ、キターッ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居「きよし丸」。

餌木イカ釣りは、道具がシンプルで釣り方もとても簡単。今の時期はポイントが近く、ビギナーや女性でも手軽に楽しむことができるのだ。
そして、この釣りの醍醐味は何と言ってもシャクった手が「グギュン!」と止められる衝撃だ。「小さくシャープに誘ったら、ジッと竿先に集中して、モゾモゾやフワッなどの違和感があったら自信を持ってアワせること。何よりもテンポよくシャクリ続けることが大切」とは「きよし丸」の小田淳船長。
イカの王様アオリイカはスーパーではお目にかかれない高級イカ。お刺身は歯ごたえがあって、上品な甘さも魅力。飾り包丁を入れるとさらに食べやすい。またテンプラやフライのほか、小型は塩をさっと振った丸焼きが最高。小田船長おすすめはアオリイカの船上干しで、釣り人にしか味わえない幻の味。おまけにネットリとろけるスミイカもあれば、イカパラダイスに酔いしれること間違いなしだ。
この秋は釣ってよし、食べてよしの「餌木イカ」がオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
最新記事
和歌山県などでも発見されているが、国内では主に小笠原諸島、屋久島、琉球列島に生息。1mを超える大型のハタだ。
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
ヤリイカで特に実績が高かった人気のスパイラル形状がリバイバル「МDスティックSPL 11S」ダイワ
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読