MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タチウオ好調継続!連日ドラゴン級!東京湾 走水沖~猿島沖

タチウオ好調継続!連日ドラゴン級!東京湾 走水沖~猿島沖

東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!

ドラゴン級が期待できる!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!

今シーズンもドラゴン級がまじる!

当日は走水沖~猿島沖を狙った

東京湾のタチウオが、今シーズンもおもしろい。

昨シーズンは夏場にドラゴン級の大型がよくまじっていたが、今シーズンも走水沖~猿島沖で大型まじりで楽しめている。

ひと昔前は、東京湾のタチウオ釣りで大型が期待できるのは冬場の観音崎沖であった。

これからは夏場でも大型が期待できるのがスタンダードになりそうだ。

今回の取材は新安浦港「義和丸」に乗船。取材当日は食いが渋かったが、評判どおりに良型が主体にヒット。

取材後も連日のようにドラゴン級が取り込まれている。

なかには120㎝オーバーもまじっている!

また、9月前半の時点では富津沖でも釣れている。

こちらは水深15~20mの浅場で釣れている。

型は走水沖~猿島沖に比べると小ぶりがまじるが、時おりメーターオーバーがまじっている。

竿は7対3調子、道糸はPE2号

竿は使用オモリ(取材時は50号と80号)に対応した7対3調子のライト用、またはゲームロッドなど。

ライト用ロッドやゲームロッドは、対応するオモリの号数が幅広いので使いやすい。

竿の長さは2m前後。

リールは小型電動、または小型の手巻き両軸。

水深やタナの深さによって使い分けるといいだろう。

「義和丸」では、道糸はPE2号を指定している。

最近では多くの船宿がPE2号の使用をススメていたり、指定している。

仕掛けはシンプルな1本バリ!エサ付けはていねいに!

タチウオ仕掛けは、シンプルな1本バリが主流だ。

いろいろアクセサリー類を付けたり、ハリ数を2本以上にするとエサの動きが不自然になりやすいからだ。

また、タナが浅いときには仕掛けを見切られやすくなる。

アクセサリー類を付けるなら、チモトにパイプやチューブなど最小限に抑えよう。

ハリスは6~8号。
大型がよくまじるときは、ハリス8号以上でもOK。

ハリスの長さは2m前後。

アタリの出方やハリ掛かりによって長さを変えるといいだろう。

ハリスを短くしたとたんに、アタリが出るようになることもある。

ハリはタチウオ用の1/0~3/0。

良型や大型が多い時には2/0~3/0を使うといいだろう。

エサがズレないようにするために、ケン付きタイプがオススメだ。

取材時、「義和丸」ではオモリ50号と80号を使い分けていた。

釣れる水深によって変更する場合があるので、釣行前には必ず確認しておくこと。

「義和丸」で配られる付けエサは、サバの切り身。

縫い刺しにしてハリに付けるのが一般的。

縫い刺しはいろいろなバリエーションがあるが、下のイラストに示したものがそのうちの一つだ。

誘ったときにエサがズレたり、不自然に動かないようにていねいに付けること。

また、エサを齧られやすくなるが、食い渋り時にはチョン掛けが有効な場合もある。

サバの切り身は縫い刺しにして付ける

シャクリ方とタナの探り方

東京湾のタチウオ釣りは、ピンポイントのタナで置き竿などでアタリを待つのではなく、指示されたタナの範囲を誘い探ってアタリを出していく。

取材当日、「義和丸」の村上義人船長からは「水深60mで、底から10mぐらいまで探って」という指示が出た。

この場合、仕掛けを投入したらオモリを着底させる。

その後、海底から10mまでの範囲を誘いながら探っていく。

アタリがなければ、再度仕掛けを着底させてから誘い探る。

タチウオの反応が浮いているときは、「35~50m」のようにタナを指示されることもある。

この場合、仕掛けを海面下50mまで落とす。

これ以上落とすと反応が下がったり、消えたりするので落とさないこと。

そして竿をシャクって誘い上げながら、海面下35mまで探っていく。

アタらなければ、再度海面下50mまで落として、海面下35mまで探る。

誘う時のシャクリ方は上のイラストのとおり。竿先をチョンチョンと動かしてショートピッチで誘うほか、50㎝~1m刻みに幅のあるシャクリで誘う。

シャクリ幅や誘う速度などはいろいろ試して、その日のアタりやすいパターンを見つけよう。

アタってからアワせるまで

誘い続けていくとアタリが出る。

「コンコン」とか「コツコツ」と感じる時もあれば、モタれるように重い場合もある。

アタリがあったら、そのまま誘い続けていくとハリ掛かりするのが近年主流の釣り方。

アタってから誘い続けてもなかなかハリ掛かりしないときもある。

そんなときは海面まで誘うつもりで、根気よく誘い続けよう。なかなか掛からないときは、誘うスピードをスローにしたり、タダ巻きにするといい場合もあるので、いろいろ試してみよう。

また、アタってから誘い続けていくと、途中で強いアタリが出るときもある。

そのタイミングでアワせるとフッキングしやすい。

このように、アタリから掛けるまでの方法がいろいろある。

このときのカケヒキが、タチウオ釣りの醍醐味だ。

ドラゴン級が掛かると引きは力強く重々しい。

大きいと思ったら慎重に巻き上げよう。

鈴木新太郎さんの釣り方を紹介!

今回の「義和丸」の取材には鈴木新太郎さんに同行していただいた。

そのときの釣り方を示したのが上のイラストだ。

新太郎さんは竿先をチョンチョンと動かし、ショートピッチでタナの範囲を探っていく。

アタリがあったら、そのまま誘い続けていき、金属的な強めのアタリが出た時にアワせて掛けていく。

「金属的な強いアタリは、ハリが完全に口に入ったときに出るアタリです」と新太郎さん。

このアワセのタイミングは、生きイワシエサのヒラメ釣りも同様だという。

ちょっと難しいが、「金属的なアタリ」を意識して釣ればステップアップにつながるかもしれないのでチャレンジしてみよう!

走水沖~猿島沖 タチウオ釣行レポート

ドラゴン級の期待もある!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!

ポイントの水深は60m前後

ヒット!サイズのいいタチウオは引きが強く楽しめる

走水沖~猿島沖で好調継続

指4本幅クラスの良型!

東京湾のタチウオは食べても美味しい

当日は鈴木新太郎さんも参加。

新太郎さんもグッドサイズを手にした

これも大型!

東京湾のタチウオは、まだまだ好シーズンが続く!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「義和丸」

東京湾のタチウオもおもしろい。

昨シーズンは夏場にドラゴン級の大型がよくまじっていたが、今シーズンも走水沖〜猿島沖で大型まじりで楽しめている。

ひと昔前は、東京湾のタチウオ釣りで大型が期待できるのは冬場の観音崎沖であった。

これからは夏場でも大型が期待できるのがスタンダードになりそうだ。
 
今回の取材は新安浦港「義和丸」に乗船。村上義人船長は型狙いで走水沖〜猿島沖に向かった。

当日は食い渋かったが、評判どおりに良型主体にアタった。

取材後も連日のようにドラゴン級が取り込まれている。

なかには120cmオーバーもまじっている!
 
また、9月前半の時点では富津沖の水深15〜20mでも釣れている。

型は走水沖〜猿島沖に比べると小ぶりだが、時々大型もまじっている。

東京湾のタチウオは、まだまだ好シーズンが続く!

以上の記事は「つり丸」2020年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読