MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏のシイラゲーム始まる。いざ、スタートダッシュ!【駿河湾】

夏のシイラゲーム始まる。いざ、スタートダッシュ!【駿河湾】

夏の駿河湾は表層回遊魚たちでにぎわう。ターゲットはシイラ、カツオ、キメジ(キハダクラスもあり)、メジと多彩。状況次第、希望次第で狙い分けていくことが多いのが特徴だ。

湾内にカツオの回遊が見られないうちは、シイラを主体に攻める

確実に魚の引きを楽しみたいならシイラを狙おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」。

沼津浦港「幸松丸」は積極的に、シイラ、カツオ、キメジなど表層回遊魚たちを追いかける船のひとつだ。
「シイラはメーターオーバーも多くてけっこういい感じだったね。カツオはまだ遠いね。こないだも漁で沖に行ったけど、油代ばっかりで赤字になっちゃったよ(笑)」
とは、7月初旬までの状況を振り返る松坂孝憲船長の言葉だ。
湾内にカツオの回遊が見られないうちは、シイラを主体に攻めていくが、回遊が確認できるとルアー、コマセ釣りと釣り方を問わず、カツオ寄りにシフトしていくのが「幸松丸」の例年のパターンとのことだ。

タックルを複数セット、状況に応じてキャストしたり、足下にジグを落としたりして対応すべし

飛距離を出すポッパーが活躍する。

キャスティング用タックルとしては、ロッドは6〜7ftクラス、キャストウエイトの最大表示が30〜50g程度のものが定番だ。釣り座がミヨシであれば8ftクラスのロングロッドを使って遠投して広く探るのもよい。逆に胴の間ではショートロッドを使ってアンダーハンドキャストしなければならない状況もある。使い分けで対応していく。
リールはダイワ製なら3500〜4500番、シマノ製なら5000〜8000番クラスのスピニングリールが使いやすい。ハイギア仕様のものが理想だ。船が前進している状況でキャストすることもあり、通常の場合でも回収スピードが速いほうが有利だ。
メインラインはPE2号前後。大型が多いときは3号を使ってもよいだろう。リーダーは30〜50 Lbを1.5mほど結節。あまり長いとトラブルの原因になってしまう。腕に自信があればもっとライトなラインを使用してもいい。
使用ルアーは9〜12㎝のペンシルベイト。フローティング、シンキングともに活躍する。さらには30〜50g程度のメタルジグ。この2つはマストアイテムだ。ヘビータイプの小型シンキングミノーやバイブレーションプラグなどを用意しておくとよい。とくにヘビータイプのシンキングミノーはただ巻きでもヒットが望め、飛距離も十分に出る。使いやすいルアーだ。
バーチカルジギング用では6ft前後の近海用ジギングロッド、ジグウエイトの最大表示が80〜120g程度のものがよい。もっとも一般的な近海用ジギングロッドといえるだろう。少しキャストする必要性もあるためスピニングタックルが使いやすいが、ベイトタックルでも問題はない。
ラインはPE2号前後を200m以上、ショックリーダーはフロロでもナイロンでもよいが、30〜50 Lb程度をキャスティングのときより少し長めに3〜4.5m程度取っておく。
メタルジグは30〜60g程度を中心に、素早く群れを捕まえたいときや、スピード勝負を掛けたいとき、活性が高い状況では重めの80〜100gを使うのも手だ。コマセがきいてもヒットが望める、エビングシステムも用意しておくとよい。

最初は小型のシイラばかりが目立つも、だんだんとサイズアップ! 終わってみれば上々の一日となった

流れ藻や流木、トリヤマの下などにシイラが付く。

シイラの個体を確認したら即座にルアーをキャスト! チャンスを逃すな。

この引きがたまらんのですよ。

メータオーバーが多い今季の駿河湾。シーズンはまだ始まったばかりだ。

「今年は6月下旬からいい感じになってきたね。メーターオーバーの確率も結構高いし、楽しんでもらえていると思うよ」
駿河湾のシイラゲーム、今季のスタートダッシュを振り返るのは沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長だ。
景気のよい話に引き寄せられ、船上の人となった。しかし、取材当日は荒れ模様。出船が危ぶまれるほどの風と波、そして濁り気味の潮色に、「今日は外したかな?」と心の中で思いながらの出港だった。
しかし、しかし。前半戦こそ心配した通りだったが、次第に天候は回復。それとともにシイラの反応も良くなっていった。
流れ藻や流木、トリヤマの下などにシイラは付く。浮遊物に付くシイラを狙い撃つと、最初は小型ばかりが目立ったが、だんだんサイズもアップ。大型の流木やトリヤマも多数で終わってみれば上々の一日となった。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00 公開: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00 公開: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00 公開: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00 公開: 2019-02-08 07:00:00
東京湾口にサワラが回遊。このサワラの魅力は、なんといってもその食味。アングラーからは“バター”なんていう異名で呼ばれるほど脂たっぷりだ。エサ釣りでは狙って釣れないので、釣りたければルアーで攻める!
更新: 2019-02-06 09:08:20 公開: 2019-01-30 12:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読