MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏のシイラゲーム始まる。いざ、スタートダッシュ!【駿河湾】

夏のシイラゲーム始まる。いざ、スタートダッシュ!【駿河湾】

夏の駿河湾は表層回遊魚たちでにぎわう。ターゲットはシイラ、カツオ、キメジ(キハダクラスもあり)、メジと多彩。状況次第、希望次第で狙い分けていくことが多いのが特徴だ。

湾内にカツオの回遊が見られないうちは、シイラを主体に攻める

確実に魚の引きを楽しみたいならシイラを狙おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」。

沼津浦港「幸松丸」は積極的に、シイラ、カツオ、キメジなど表層回遊魚たちを追いかける船のひとつだ。
「シイラはメーターオーバーも多くてけっこういい感じだったね。カツオはまだ遠いね。こないだも漁で沖に行ったけど、油代ばっかりで赤字になっちゃったよ(笑)」
とは、7月初旬までの状況を振り返る松坂孝憲船長の言葉だ。
湾内にカツオの回遊が見られないうちは、シイラを主体に攻めていくが、回遊が確認できるとルアー、コマセ釣りと釣り方を問わず、カツオ寄りにシフトしていくのが「幸松丸」の例年のパターンとのことだ。

タックルを複数セット、状況に応じてキャストしたり、足下にジグを落としたりして対応すべし

飛距離を出すポッパーが活躍する。

キャスティング用タックルとしては、ロッドは6〜7ftクラス、キャストウエイトの最大表示が30〜50g程度のものが定番だ。釣り座がミヨシであれば8ftクラスのロングロッドを使って遠投して広く探るのもよい。逆に胴の間ではショートロッドを使ってアンダーハンドキャストしなければならない状況もある。使い分けで対応していく。
リールはダイワ製なら3500〜4500番、シマノ製なら5000〜8000番クラスのスピニングリールが使いやすい。ハイギア仕様のものが理想だ。船が前進している状況でキャストすることもあり、通常の場合でも回収スピードが速いほうが有利だ。
メインラインはPE2号前後。大型が多いときは3号を使ってもよいだろう。リーダーは30〜50 Lbを1.5mほど結節。あまり長いとトラブルの原因になってしまう。腕に自信があればもっとライトなラインを使用してもいい。
使用ルアーは9〜12㎝のペンシルベイト。フローティング、シンキングともに活躍する。さらには30〜50g程度のメタルジグ。この2つはマストアイテムだ。ヘビータイプの小型シンキングミノーやバイブレーションプラグなどを用意しておくとよい。とくにヘビータイプのシンキングミノーはただ巻きでもヒットが望め、飛距離も十分に出る。使いやすいルアーだ。
バーチカルジギング用では6ft前後の近海用ジギングロッド、ジグウエイトの最大表示が80〜120g程度のものがよい。もっとも一般的な近海用ジギングロッドといえるだろう。少しキャストする必要性もあるためスピニングタックルが使いやすいが、ベイトタックルでも問題はない。
ラインはPE2号前後を200m以上、ショックリーダーはフロロでもナイロンでもよいが、30〜50 Lb程度をキャスティングのときより少し長めに3〜4.5m程度取っておく。
メタルジグは30〜60g程度を中心に、素早く群れを捕まえたいときや、スピード勝負を掛けたいとき、活性が高い状況では重めの80〜100gを使うのも手だ。コマセがきいてもヒットが望める、エビングシステムも用意しておくとよい。

最初は小型のシイラばかりが目立つも、だんだんとサイズアップ! 終わってみれば上々の一日となった

流れ藻や流木、トリヤマの下などにシイラが付く。

シイラの個体を確認したら即座にルアーをキャスト! チャンスを逃すな。

この引きがたまらんのですよ。

メータオーバーが多い今季の駿河湾。シーズンはまだ始まったばかりだ。

「今年は6月下旬からいい感じになってきたね。メーターオーバーの確率も結構高いし、楽しんでもらえていると思うよ」
駿河湾のシイラゲーム、今季のスタートダッシュを振り返るのは沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長だ。
景気のよい話に引き寄せられ、船上の人となった。しかし、取材当日は荒れ模様。出船が危ぶまれるほどの風と波、そして濁り気味の潮色に、「今日は外したかな?」と心の中で思いながらの出港だった。
しかし、しかし。前半戦こそ心配した通りだったが、次第に天候は回復。それとともにシイラの反応も良くなっていった。
流れ藻や流木、トリヤマの下などにシイラは付く。浮遊物に付くシイラを狙い撃つと、最初は小型ばかりが目立ったが、だんだんサイズもアップ。大型の流木やトリヤマも多数で終わってみれば上々の一日となった。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読