MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
50㎝超えも高確率!? 二桁釣果もある!? 相模湾のアマダイ【相模湾】

50㎝超えも高確率!? 二桁釣果もある!? 相模湾のアマダイ【相模湾】

西湘のアマダイ釣りが今年も出足から好調だ。数は二桁、型は50㎝オーバー、数・型共に大満足の釣果を残している。これは否が応でも期待が膨らみます。よっしゃ、でっかいやつを、たくさん釣ってやるぜ! 

当日は、なんと54㎝のモンスター級のアマダイまで飛び出した!

54㎝のモンスター級まで飛び出した! 相模湾のアマダイ釣りは大型の期待十分。

見事な誘いでアマダイを連発する後藤船長。さすがのテクニックだ。

海面に輝くきれいな魚体。見ているだけで癒されるような魚だ。

船長はこの日20匹ゲット!!

オニカサゴはよくまじるゲストだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「豊漁丸」。

平塚港「豊漁丸」の後藤宗一郎船長は「今年は数は多いですよ。ウチでは朝、型狙いしてから数狙いに転じ最後にまた型狙い、ってパターンをメインにやってますが、一日中数狙いすれば上手な人は20匹以上釣っちゃうと思いますよ」と太鼓判。
取材日も開始からアマダイの食いは活発で、船中トップは10匹だったが、操船しながら竿を出していた船長はなんと20匹以上を釣っていた。
型は小型もまじるものの50㎝オーバーの大型も今シーズンすでに何匹か上がっており、当日もなんと54㎝のモンスター級まで飛び出した。
そろそろ紅葉が見頃の時期だ。西湘の色づいた山並みと、アマダイの魚体の美しさに癒されに出かけてみてはいかが?

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読