MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
50㎝超えも高確率!? 二桁釣果もある!? 相模湾のアマダイ【相模湾】

50㎝超えも高確率!? 二桁釣果もある!? 相模湾のアマダイ【相模湾】

西湘のアマダイ釣りが今年も出足から好調だ。数は二桁、型は50㎝オーバー、数・型共に大満足の釣果を残している。これは否が応でも期待が膨らみます。よっしゃ、でっかいやつを、たくさん釣ってやるぜ! 

perm_media 《画像ギャラリー》50㎝超えも高確率!? 二桁釣果もある!? 相模湾のアマダイ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

当日は、なんと54㎝のモンスター級のアマダイまで飛び出した!

54㎝のモンスター級まで飛び出した! 相模湾のアマダイ釣りは大型の期待十分。

見事な誘いでアマダイを連発する後藤船長。さすがのテクニックだ。

海面に輝くきれいな魚体。見ているだけで癒されるような魚だ。

船長はこの日20匹ゲット!!

オニカサゴはよくまじるゲストだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「豊漁丸」。

平塚港「豊漁丸」の後藤宗一郎船長は「今年は数は多いですよ。ウチでは朝、型狙いしてから数狙いに転じ最後にまた型狙い、ってパターンをメインにやってますが、一日中数狙いすれば上手な人は20匹以上釣っちゃうと思いますよ」と太鼓判。
取材日も開始からアマダイの食いは活発で、船中トップは10匹だったが、操船しながら竿を出していた船長はなんと20匹以上を釣っていた。
型は小型もまじるものの50㎝オーバーの大型も今シーズンすでに何匹か上がっており、当日もなんと54㎝のモンスター級まで飛び出した。
そろそろ紅葉が見頃の時期だ。西湘の色づいた山並みと、アマダイの魚体の美しさに癒されに出かけてみてはいかが?

以上の記事は「つり丸」2013年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル