高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

平塚「豊漁丸」は、相模湾では数少ないアコウダイ乗合で出船する船宿だ。当エリアのアコウダイは「数釣り」というよりは、むしろ「一発狙い」という傾向になっているが、1匹を狙うに値するほどの高級魚だ。


アタれば1.5〜2㎏のサイズが多い。このサイズが1匹もあれば食べごたえあり。シャブシャブが絶品だ

「残り時間もあとわずか」という時に上がった2.8㎏のアコウダイ。釣り人は初挑戦の石田剛志さん。後藤船長曰く、「ツヨシ、おまえは『持っている』よ!」。

海面に真紅の魚体が浮かんだ! サイズもいい!!

釣り方のレクチャーはもちろん、投入から取り込みまでのサポートもしてくれる後藤船長。ビギナーでも安心して挑戦できる。

味噌汁が美味しいドンコ。

「スミヤキ」ことクロシビカマスは、塩焼きが絶品。

関連する投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


ついに開幕、待ってたぞ!  マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついに開幕、待ってたぞ! マルイカが来た!【相模湾・亀城根周辺】

ついにマルイカが姿を現した! 今期の開幕の状況は、“いい年”の例年パターンと同じ。相模湾・亀城根周辺の水深70~100mに群れが広範囲に押し寄せてきたのだ。取材では60杯超の釣果も記録! もうこれは本物と言ってもいいだろう。さあ、昨シーズンの分まで釣りまくるぞ!


釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

釣ってユカイ、 食ってウマイ。 相模湾のホウボウゲーム【相模湾】

例年であれば新しい年が明けてから開幕する相模湾のホウボウゲーム。だが今シーズンは、早くも11月の中旬から開幕した。


釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

釣趣満点「イワシメバル」は相模湾で2月から開幕【相模湾・佐島沖】

生きたイワシをエサにメバルを狙う「イワシメバル」は、早春の相模湾における風物詩的な釣りだ。この釣りは、おもに佐島地区周辺で盛んに行われ、2月から開幕する。シーズンは短く、2、3月の短期限定の釣りだ。


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018