MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

平塚「豊漁丸」は、相模湾では数少ないアコウダイ乗合で出船する船宿だ。当エリアのアコウダイは「数釣り」というよりは、むしろ「一発狙い」という傾向になっているが、1匹を狙うに値するほどの高級魚だ。

アタれば1.5〜2㎏のサイズが多い。このサイズが1匹もあれば食べごたえあり。シャブシャブが絶品だ

「残り時間もあとわずか」という時に上がった2.8㎏のアコウダイ。釣り人は初挑戦の石田剛志さん。後藤船長曰く、「ツヨシ、おまえは『持っている』よ!」。

海面に真紅の魚体が浮かんだ! サイズもいい!!

釣り方のレクチャーはもちろん、投入から取り込みまでのサポートもしてくれる後藤船長。ビギナーでも安心して挑戦できる。

味噌汁が美味しいドンコ。

「スミヤキ」ことクロシビカマスは、塩焼きが絶品。

「豊漁丸」オリジナルの丸オモリ300号(宿で購入可能)。海底で転がり、仕掛けが好ポイントに入りやすい!

「豊漁丸」では、ハリ数は8本まで。ハリ数が少ないので、ビギナーでも安心!

狙う水深はおおむね400〜500m。

「PEラインの6〜8号が最低700m以上巻けるリールがあればできます」と後藤船長。貸し道具は6セットあるという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

「春の産卵期には群れ固まるので、群れのいる場所を見つけることができれば、数釣ることも可能です。しかし、今の時期は、広範囲に散らばっている魚を拾っていくような感じです。釣れるかどうかは、当たり外れがありますが、アタれば1.5〜2㎏のサイズが多いですよ。このサイズが1匹もあれば食べごたえがあります。シャブシャブが絶品ですから、大勢で楽しんでください」とは後藤宗一郎船長。
メインの釣り場は、瀬ノ海の水深400〜500m。アコウダイのポイントは周年、サメやバラムツが多いという。そのため、比較的シンプルな仕掛けで狙うのが「豊漁丸」スタイルだ。
「一発狙い」の感があるが、2㎏級主体にトップ2〜3匹という日もある瀬ノ海のアコウダイ。そんな好釣果に恵まれるかどうかは、あなたの運と腕次第だ!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読