MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

高級魚・アコウダイ、アタれば1.5〜2㎏が多いぞ【相模湾・瀬ノ海】

平塚「豊漁丸」は、相模湾では数少ないアコウダイ乗合で出船する船宿だ。当エリアのアコウダイは「数釣り」というよりは、むしろ「一発狙い」という傾向になっているが、1匹を狙うに値するほどの高級魚だ。

アタれば1.5〜2㎏のサイズが多い。このサイズが1匹もあれば食べごたえあり。シャブシャブが絶品だ

「残り時間もあとわずか」という時に上がった2.8㎏のアコウダイ。釣り人は初挑戦の石田剛志さん。後藤船長曰く、「ツヨシ、おまえは『持っている』よ!」。

海面に真紅の魚体が浮かんだ! サイズもいい!!

釣り方のレクチャーはもちろん、投入から取り込みまでのサポートもしてくれる後藤船長。ビギナーでも安心して挑戦できる。

味噌汁が美味しいドンコ。

「スミヤキ」ことクロシビカマスは、塩焼きが絶品。

「豊漁丸」オリジナルの丸オモリ300号(宿で購入可能)。海底で転がり、仕掛けが好ポイントに入りやすい!

「豊漁丸」では、ハリ数は8本まで。ハリ数が少ないので、ビギナーでも安心!

狙う水深はおおむね400〜500m。

「PEラインの6〜8号が最低700m以上巻けるリールがあればできます」と後藤船長。貸し道具は6セットあるという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

「春の産卵期には群れ固まるので、群れのいる場所を見つけることができれば、数釣ることも可能です。しかし、今の時期は、広範囲に散らばっている魚を拾っていくような感じです。釣れるかどうかは、当たり外れがありますが、アタれば1.5〜2㎏のサイズが多いですよ。このサイズが1匹もあれば食べごたえがあります。シャブシャブが絶品ですから、大勢で楽しんでください」とは後藤宗一郎船長。
メインの釣り場は、瀬ノ海の水深400〜500m。アコウダイのポイントは周年、サメやバラムツが多いという。そのため、比較的シンプルな仕掛けで狙うのが「豊漁丸」スタイルだ。
「一発狙い」の感があるが、2㎏級主体にトップ2〜3匹という日もある瀬ノ海のアコウダイ。そんな好釣果に恵まれるかどうかは、あなたの運と腕次第だ!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読