MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
西伊豆沖HRFゲーム!アカハタ&オオモンハタの遊び方!

西伊豆沖HRFゲーム!アカハタ&オオモンハタの遊び方!

主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!

伊豆半島・西伊豆沖 HRFゲーム 釣行レポート

HRFゲームのパイオニア 「ふじなみ丸」が提起する アカハタ&オオモンハタの遊び方

スイミングでは上2つのシャッドテールワーム。テキサスリグでは下2つのホッグ系ワームを使って狙う。

タックルは、6~7ftでバットの強いロッドで狙う。スイミングではスピニング、テキサスリグには、ベイトタックルを使うのが理想だ

急深の海に無数のポイントが広がる……

伊豆半島の中でも、とくに急深の海岸線が広がる西伊豆エリア。そこに無数のポイントが広がり、濃厚な魚影のロックフィッシュ達と遊ぶことができる

海面を鮮やかに彩るアカハタの姿は美しい。釣って楽しく、食べても美味しいターゲットだ

「講師役」を務めた匿名希望のX氏は、いち早くパターンを見つけて4インチのバクアンツでキープサイズを引き出す。当日は、オレンジのワームにバイトが集中した

専用設計のエコギア/バルト4インチは、スイミングパターンでの実績は断トツ。リリースサイズながらオオモンハタも引き出した

当日は、上州屋・三島函南店の研修会。リーダーの長谷川知教さんは、後半にスパートしてキープサイズを連釣した

ポイントは岸近くなので、実釣時間はたっぷりとれる。基本さえ守ればビギナーでも大物のチャンスがあるゲームだ

ダブルヒットも頻発!!

船内で1尾釣れたらチャンス到来、気合を入れて探ろう。当日は、浦瀬さん(写真内左)の直後に、佐々木さんにもダブルヒット。仲良くキープサイズをキャッチ

「アカハタは水圧変化に弱いので、底を切ったらゆっくり巻き上げてダメージを最小限にしたいですね」と田中さん。小型はリリースする釣りだけに、これは心掛けたいマナーだ

「ふじなみ丸」では、アカハタで30㎝、オオモンハタは40㎝未満は、リリースを推奨している。

小型は船長がエア抜き後にリリースしてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・西伊豆安良里港「ふじなみ丸」

じわじわとファンを増やしているHRF(ハードロックフィッシュ)ゲーム。

その聖地といえば、西伊豆エリアだ。主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える魅力的なフィールドである。

この釣りに十余年前から取り組んで、ポイントを開拓してきたのが、安良里港「ふじなみ丸」の藤井伸一郎船長だ。

「あの頃から比べると、アカハタの魚影は、本当に濃くなりました。いまは、水温が急変するような悪条件にならない限り確実に獲れますよ。それにアカハタは、高水温期の魚と思われていきましたけど、ほぼ周年狙えることが分かってきました」。

取材日は、上州屋・三島函南店一行の研修釣行に同船させてもらったが、講師役のエキスパートはもちろん、ほぼ初挑戦の人でも、しっかりアカハタのキープサイズ(30㎝以上)をキャッチして、晩夏の西伊豆の海を楽しんだ。

ただ、裏本命のオオモンハタは、残念ながらリリースサイズ(40㎝未満)のみに終わったが…。

「まだ、表層水温が29℃あるから夏の海が終わっていないね。デカいオオモンが出るのは、ベイトのキビナゴが回って、タイや青物が食いだす秋。今年はこれからがチャンスだよ」と船長。

ぜひ、ロックフィッシュの聖地で、ランカークラスを狙ってみよう!

以上の記事は「つり丸」2020年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読