アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも


アジ102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ

永井名人、ヒット。アジは30〜35㎝がアベレージだった。

剣崎沖のアジは幅広の個体が多く、とても美味しい!

1投目から一荷!

ハモノ狙いの竿にヒット! 「引きが強い〜!」と希香さん。

ブリ(ワラサ?)がタモに無事に収まった。

釣れたアジを泳がせたら、このとおり。ハモノ狙いの泳がせ釣りは、船長の了解を得てからおこなおう! 潮が速いとき、人数が多いときなどのオマツリしやすい状況では遠慮しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

東京湾全域で好調といえるアジ。東京湾口部・剣崎沖も好釣果が続いている。とくに11月に入るとアジは上向き傾向。剣崎松輪「一義丸」では11月18日には102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ。
そんな「一義丸」のビシアジ乗合では、もう一つの楽しみ方がある。それはハモノ狙いだ。アジポイントの近くで、ブリまじりでワラサが釣れているだけあって、ハモノ狙いも高確率。船中5〜6本のワラサ&ブリが取り込まれることも珍しくないほど。ワラサ&ブリのほかは、カンパチやヒラメなども取り込まれている。
ただし、ハモノ狙いをするときは船長の了解を得ること。また、潮が速いとき、混んでいるときなどは、オマツリの原因になることもあるので自粛するのがマナーだ。
東京湾口の美味アジに憧れの寒ブリ。両方釣って、年末の釣りを締めくくろう!

ビシアジとハモノ狙いのタックル&仕掛けについて

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

本格的な深場釣りの入門に最適! 未経験でも十分に激ウマキンメが狙える! 模湾のキンメダイ釣りは、ハードルが殊の外低いのだ!


相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。


鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

海底から海面まで暴れまくる引きのよさと鍋ネタに最適な味のよさをあわせ持ち、さらには真っ赤なルックスがいかにもオメデタイ! オニカサゴは初釣りにおすすめのターゲットだ。今年のお正月はおいしいオニ鍋を囲んで幸せにすごそう!


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング