MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アジ釣り好調!アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾】

アジ釣り好調!アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも

アジ102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ

永井名人、ヒット。アジは30〜35㎝がアベレージだった。

剣崎沖のアジは幅広の個体が多く、とても美味しい!

1投目から一荷!

ハモノ狙いの竿にヒット! 「引きが強い〜!」と希香さん。

ブリ(ワラサ?)がタモに無事に収まった。

釣れたアジを泳がせたら、このとおり。ハモノ狙いの泳がせ釣りは、船長の了解を得てからおこなおう! 潮が速いとき、人数が多いときなどのオマツリしやすい状況では遠慮しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

東京湾全域で好調といえるアジ。東京湾口部・剣崎沖も好釣果が続いている。とくに11月に入るとアジは上向き傾向。剣崎松輪「一義丸」では11月18日には102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ。
そんな「一義丸」のビシアジ乗合では、もう一つの楽しみ方がある。それはハモノ狙いだ。アジポイントの近くで、ブリまじりでワラサが釣れているだけあって、ハモノ狙いも高確率。船中5〜6本のワラサ&ブリが取り込まれることも珍しくないほど。ワラサ&ブリのほかは、カンパチやヒラメなども取り込まれている。
ただし、ハモノ狙いをするときは船長の了解を得ること。また、潮が速いとき、混んでいるときなどは、オマツリの原因になることもあるので自粛するのがマナーだ。
東京湾口の美味アジに憧れの寒ブリ。両方釣って、年末の釣りを締めくくろう!

ビシアジとハモノ狙いのタックル&仕掛けについて

アジは朝イチから連発! 小刻みにコマセをまきながら、タナまで巻き上げるとすぐにアタった。

アジ釣りのコマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。

当日狙ったポイントの水深は50m前後。ビシダナは海底から5m。

ハモノ狙いのエサ付けは、鼻掛けか…

背掛けが一般的だ。

「一義丸」のビシアジは、150号のビシを使うので、2m前後のビシアジ用の竿に小型電動リールを組み合わせたタックルがおすすめ。
仕掛けは一般的なビシアジ用でOK。ハリスは2号前後の2〜3本バリがよく使われている。
船宿で用意してくれるコマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。付けエサは、各自でアオイソメも準備しておけば万全だ。
一方、ハモノ狙いは150号のオモリを背負える胴調子竿にパワーのある中小型電動リールを組み合わせる。
仕掛けは胴付き1本バリ。ハリスは16〜18号、ハリはヒラマサの15〜16号を使用。
エサのアジは鼻掛けか背掛けにする。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読