アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも


アジ102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ

永井名人、ヒット。アジは30〜35㎝がアベレージだった。

剣崎沖のアジは幅広の個体が多く、とても美味しい!

1投目から一荷!

ハモノ狙いの竿にヒット! 「引きが強い〜!」と希香さん。

ブリ(ワラサ?)がタモに無事に収まった。

釣れたアジを泳がせたら、このとおり。ハモノ狙いの泳がせ釣りは、船長の了解を得てからおこなおう! 潮が速いとき、人数が多いときなどのオマツリしやすい状況では遠慮しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「一義丸」。

東京湾全域で好調といえるアジ。東京湾口部・剣崎沖も好釣果が続いている。とくに11月に入るとアジは上向き傾向。剣崎松輪「一義丸」では11月18日には102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ。
そんな「一義丸」のビシアジ乗合では、もう一つの楽しみ方がある。それはハモノ狙いだ。アジポイントの近くで、ブリまじりでワラサが釣れているだけあって、ハモノ狙いも高確率。船中5〜6本のワラサ&ブリが取り込まれることも珍しくないほど。ワラサ&ブリのほかは、カンパチやヒラメなども取り込まれている。
ただし、ハモノ狙いをするときは船長の了解を得ること。また、潮が速いとき、混んでいるときなどは、オマツリの原因になることもあるので自粛するのがマナーだ。
東京湾口の美味アジに憧れの寒ブリ。両方釣って、年末の釣りを締めくくろう!

ビシアジとハモノ狙いのタックル&仕掛けについて

アジは朝イチから連発! 小刻みにコマセをまきながら、タナまで巻き上げるとすぐにアタった。

アジ釣りのコマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。

当日狙ったポイントの水深は50m前後。ビシダナは海底から5m。

ハモノ狙いのエサ付けは、鼻掛けか…

背掛けが一般的だ。

「一義丸」のビシアジは、150号のビシを使うので、2m前後のビシアジ用の竿に小型電動リールを組み合わせたタックルがおすすめ。
仕掛けは一般的なビシアジ用でOK。ハリスは2号前後の2〜3本バリがよく使われている。
船宿で用意してくれるコマセはイワシミンチ。付けエサはアカタン。付けエサは、各自でアオイソメも準備しておけば万全だ。
一方、ハモノ狙いは150号のオモリを背負える胴調子竿にパワーのある中小型電動リールを組み合わせる。
仕掛けは胴付き1本バリ。ハリスは16〜18号、ハリはヒラマサの15〜16号を使用。
エサのアジは鼻掛けか背掛けにする。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

うまさ抜群! 走水沖のブランドアジを釣りに行こう(政信丸)

ブランド魚のひとつとして名高い走水沖のアジが堅調だ。走水港「政信丸」では、取材日は強風と高波で序盤は苦戦したが、トップ43匹。その前日は64匹。また、サイズは20〜40㎝、アベレージで25㎝と申し分なしだ。さらにうれしいことに、背が黄金色に輝くいわゆる「金アジ」が3割程度まじった。


初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

初夏のグルメ派釣行にオススメ! 旬のアジ釣り(猿島沖・義和丸)

昨年来ずぅーっと好調続きだった東京湾猿島沖のアジだが、3月に入ってペースダウン。ほぼ周年猿島沖を狙う新安浦港の「義和丸」でも、他エリアでの釣りを余儀なくされていた。ようやく4月中旬になって復活の兆しが出始め、猿島沖の30m前後の浅場で食い出したと聞き釣行した。


激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

激ウマシーズン開幕! 幅広イサキをLTで楽しもう!(一義丸)

6月1日から開幕している剣崎沖のイサキ。開幕初日は低調な結果に終わったが、翌日からは上向き傾向。6月3日には爆発。今回取材で乗船した剣崎松輪「一義丸」ではトップ53匹を記録。他船でもトップ50匹台や70匹台を記録する船があった。


キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

キャスティングシーズン到来!初夏のシイラを釣ろう(庄三郎丸)

「今年もよさそうですよ。魚は西から東まで、相模湾の広範囲にいます。数もかなり入って来ているようですよ」と話すのは、今期いち早くシイラ乗合船を開始した平塚港「庄三郎丸」の後藤久船長。いよいよ相模湾にエキサイティングなシーズンがやって来た。


ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読