アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも


アジ102匹という束釣りを記録。釣れるサイズもよく、30〜35㎝がアベレージだ

永井名人、ヒット。アジは30〜35㎝がアベレージだった。

剣崎沖のアジは幅広の個体が多く、とても美味しい!

1投目から一荷!

ハモノ狙いの竿にヒット! 「引きが強い〜!」と希香さん。

ブリ(ワラサ?)がタモに無事に収まった。

関連する投稿


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

手軽に気軽に半日船でアジはいかが!?【東京湾・走水沖】

早春とはいうものの名ばかりの寒さが続く。エルニーニョだかなんだか知らないけれど、こうも寒いと釣りに行くのもついついおっくうに。さりとて家にいてもすることはなし…なんてのは私だけ? こんな時には東京湾の半日船がおすすめだ。


今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年も1月下旬に相模湾を中心にマルイカが乗り出した。これから夏場までの約半年の間、ファンにとってはたまらない季節となる。


ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

ハモノ狙いも楽しめ、お徳感2倍のシロギス釣り!【相模湾・大磯沖】

相模湾のシロギスは1月から開幕するが、釣果が安定しない厳寒期は狙わず、3月ぐらいから出船する船が増えてきている。3月以降は水温が上昇するにつれて、釣れる水深がどんどん浅くなっていく。同時にシロギスの活性も高くなり、アタリが多くなるだろう。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読