MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ゴマフエダイという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ゴマフエダイという魚を知ろう!

ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ゴマフエダイ(スズキ目フエダイ科フエダイ属)の生態

フエダイ科のなかでも最大級の魚だ

本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。

相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

昔から知られているのは三重県、和歌山県以南の太平洋沿岸。

西太平洋、インド洋に広く生息する。
 
フエダイ科のなかでも最大級で、全長1.5mという記録もあるらしい。

沖縄県などでは純淡水域、汽水域にもいて、小型魚は手軽な釣りのターゲットだという。

北上傾向にあるので、意外に相模湾でも釣れるかもしれない。

今現在、鹿児島県、宮崎県では船釣りで大型が上がっているらしい。

近年、宮崎県や長崎県、鹿児島県でまとまってとれるようになっている。

大型であるし、非常に味がいいので、新しい高級魚となる可能性が高い。

ゴマフエダイの値段は?

残念ながら関東では大型のフエダイの仲間は安い。

まだ一定の評価がないためだ。

むしろ沖縄県では普通の食用魚として人気がある。

意外にウミンチュ(漁師さん)に人気があるのは嫌みがないからだ。

近年、鹿児島県で高値をつけていて、これが京都や東京にも影響を与えている。

鹿児島県では1kgあたり卸値で1800円前後。

今回の6kg級で卸値1尾10800円になる。

ゴマフエダイの寿司…刺身ではたいしたことないが、握りにすると…

故郷から、今季最後のすだちが届いた。

カツオの腹身を煮つけて、出来上がりに絞る。

秋深しである。
 
カツオの角煮、フライ、唐揚げ、塩づけ、なまり節を作り。

もちろん刺身で食べて、たたきで食べた。

カレーに使ったら、これまたうまし。
 
市場のカフェに行ったら、たかさんがやって来て、袋に入った黒い物体をみんなに配って帰って行った。

よく見ると、カツオの角煮である。

『市場寿司』に行ったら、たかさん黙々とまな板に向かい、血合いを切っては、液体に放り込んでいる。
 
市場ではカツオ釣りフィーバーに湧いている。

大きなキハダマグロを釣ってきた若い衆もいた。

カツオ、キハダマグロ、ヒラソウダにマルソウダで赤身オンパレードだ。
 
ボクとたかさんは、来る日も来る日もカツオを食べている気がする。
 
たかさん作のカツオの竜田揚げをいやいやもらってきた。

当分、夕方のビールのアテはこれだ。
 
ある肌寒いくらいの朝に、川崎の市場からケータイがきた。

「荷物が来てます。二十キロ以上ありますけど、開けていいですか」
 
なんと、鹿児島の魚屋さんからだった。

あまりにも重いので、宅配便では送れず、市場流通にのせたようだ。

「貝と魚です」というので渋滞の中、川崎に向かう。

荷物は大きなシャコガイにたくさんのヤコウガイ、巨大な赤い魚だった。

貝はいいとして、その巨大魚こと、ゴマフエダイの六キロだけは手に負えない。
 
市場の若い衆にお願いして水洗いしてもらい、頭は、あら煮用に大雑把に切ってもらった。
 
胴体をそのままたかさんに渡すと、突然、うずくまり泣きだした。

「赤身地獄が続いてんのに、こんどは白身地獄かよ。許してくれよ…」
 
なんと、胴体だけで三キロもある。

鹿児島に電話したら、沖縄に貝を仕入れに行って、沖に出たら最初に釣れたのが、コヤツだったらしい。

「二十キロ上も釣れるんです。今度、もっと大きいの送りますからね」
 
三枚に下ろした片身が大きい。

「このサイズがいちばん困るのよ。大きいのは背の部分を二等分してだけど、これは二等分でも、大きすぎるよ。(包丁をちょんちょんと当てながら)これでどうじゃ」
 
背は握り用に二冊に、血合い骨に近い部分は、ちらしずし用に切り落とした。

少し切って食べてみた。

「大きさの割りに大味じゃないね」

「血合いもきれいだし、使えそう」
 
ゴマフエダイは刺身で食べると、うまいことはうまいが、傑出した味とは思えない。

もちろん塩焼きにしてもフライにしても、煮つけにしてもおいしい。

だけど、例えばドラえもんに出てくる出木杉君のようなもの、でしかない。

それが握りにすると、飛躍的にうまくなった。

「たかさん、すし飯マジックかな」

「すし飯と一緒になると、刺身で食べる二倍以上うまくなるね。こんな魚ってほかにもあるよね。イナダなんかもそうだし、クロダイとかね」

「それだけすしの世界は奥が深い」
 
この日の昼ご飯は、ゴマフエダイの握り十かんで大満足だった。
 
休み明け中一日のこの日は、ゴマフエダイをたかさんに渡して三日目、釣ってから五日目になる。

切り身をさらしに巻いて、マグロ屋の氷の中に寝かせたものを食べてみた。

「これで最後だよ」

「あ、今日がいちばんうまい」

「これならどんなに大きくてもかまわないね。最高の白身だと思う」
 
そこに、たかさんの職人仲間がやってきた。気がつけば外にも人が。

「たかさん、GTR見に来たよ」

「なんだそれ」

「知らない?車だよ」
 
つまらないから帰ってきた。

さて、逢魔が時、あら煮でいっぱい。

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル