MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場主体!アタリ多く入門にも最適!外房 大原沖テンヤマダイ!

浅場主体!アタリ多く入門にも最適!外房 大原沖テンヤマダイ!

大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!

釣り場の水深は浅く、ビギナーにもオススメ!アタリ多くゲストも多彩!

釣り場は浅場主体、アタリ多く入門に最適

この時期の釣り場は浅場が主体

大原沖のテンヤマダイは、この時期多くの船が水深10m台〜20m台の浅場をメインに狙っている。

釣れるサイズは中小型が多いが、時には大型や良型もアタっている。

今回の取材は大原港「富久丸」に乗船。

取材当日は最大1㎏級でトップは6枚というまずまずの釣果。

どのポイントもコンスタントにアタり、ショウサイフグ、イナダ、カサゴ、ガンゾウビラメといったゲストもまじった。

取材後は4.5㎏や5㎏という大型も取り込まれている。

釣り場の水深が浅いので釣りやすく、ビギナーや未経験者が入門するにもオススメ。

ゲストを含めるとアタリも多いので、飽きることなく楽しめるだろう。

タックルは専用竿に、小型スピニングリール

竿はひとつテンヤ専用がオススメ。

10号ぐらいまでのテンヤに対応したもので、長さは2.1〜2.7mぐらい。

組み合わせるリールは、ドラグ性能がいい小型スピニングリール。

中小型マダイが主体になるが、時おり大型マダイが掛かったり、青物が掛かることもある。

それらが掛かった時にはラインを出し入れしながら、ドラグを駆使したやり取りになる。

スムーズにラインが出るリールでないとバラしやすくなるからだ。

道糸はPEラインの0.6〜1号。

150m以上巻いておく。

テンヤのセレクトとエサ付けについて

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2〜3号を3〜5m直結にする。

FGノットやPRノットなどで直結にするといいだろう。

リーダーの先にテンヤをつなぐが、強度がある小型スナップなどの接続具を介してもいいし、リーダーに直に結んでもいい。

前述しているが、この時期の釣り場は水深10m台〜20m台の浅場が主体。

3〜6号のテンヤを使用することが多くなるが、どんな状況にも対応できるように2〜12号のテンヤを用意しておきたい。

テンヤは重さだけでなく、カラーや材質などもバリーション豊富に用意しよう。

カラーによってアタリの数が変わってくることもある。

また潮が速いときは、同じ重さでもシルエットを小さくできるタングステン製テンヤが有効だ。

「富久丸」で使用するエサは冷凍エビ。

取材当日は2種類の冷凍エビが配られた。

エサ付けは1匹付けが基本。

上のイラストの右側に示したように、孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように付けると、頭部が取れにくい。

今回の取材に同行していただいたたノリーズプロスタッフの榎戸さんも吉田さんも、この方法で付けている。

またエビが小さいときや遊動テンヤのように親バリが小さいときは、上のイラストの左側に示したように2匹付けをするのもアリだ。

ただし、2匹付けはエサの消費が多くなるので注意しよう。

ほかにはエビの代わりにワームを刺して狙うのもおもしろい。

「エコギア熟成アクア スイムシュリンプ」はマダイにも高い実績がある。

釣り方が替わるが、タイラバやタイジグも試してみるといいだろう。

付けエサは冷凍エビ。「富久丸」では2種類のエビを用意してくれた

基本のエサ付けは1匹掛け

基本の釣り方をマスターしよう

基本の釣り方を示したのが上のイラストだ。

まずは底付近を狙って、アタリがなければ上へ上へとタナを探るといいだろう。

底付近を狙う場合もタナを探る場合も、まずはテンヤを投入し着底させるが、テンヤが落下している最中にアタることもあるので糸の変化には注意しよう。

糸が急にフケたり、変な方向に動いたときはアタっている可能性大。

そんなときは迷わずアワせてみよう。

底付近を狙う場合は、テンヤが着底したら即座に糸フケを取り、50㎝〜1mぐらい巻き上げる。

その位置でアタリを待つが、時々竿をシャクってテンヤを動かすといいだろう。

タナを探る場合は、テンヤの着底後即座に糸フケを取り、50㎝〜1mぐらい巻き上げる。

その位置でアタリがなければ、さらに50㎝〜1mぐらい巻き上げる。

それでもアタリがなければ、50㎝〜1m刻みに巻き上げてタナを探っていく。

水深10m台の超浅場では、下のイラストで示したように、手返しよく何度も入れ替えよう。

水深が浅いので、仕掛けの入れ替えは苦ではないはずだ。

速潮時の釣り方

潮が速いときは、テンヤの着底後、すぐにテンヤは海底付近を流されていく。

着底のサインは一瞬でわかりづらいので、それを見逃さないように糸の変化に注意しよう。

テンヤの着底がわからないと、その後の釣りが組み立てられなくなってしまう。

そのためビギナーは、着底がわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

また道糸が細いほど潮流の影響を受けにくくなる。

速潮時は、PEラインの0.6〜0.8号の道糸を使用するのがオススメだ。

潮が速く、テンヤが着底したあとに流され、浮き上がるようなときは、それを利用してタナを探る釣り方がある。

その釣り方を示したのが上のイラストの左側部分だ。

テンヤが着底したら、そのまま待つとテンヤが浮き上がりながら流される。

数秒したらテンヤを着底させて待つ。

これを繰り返していく。

3、4回着底させたら、テンヤを回収して再投入する。

外房 大原沖 テンヤマダイ 釣行レポート

ビギナーにもオススメ 浅場が主体だから釣りやすい! 中小型マダイが主体だけれど 突然大型もアタるから要注意!!

取材当日は水深10m台~20m台を狙った

マヅメ時はチャンスタイム

三段引きはマダイだ!

こちらは船中1枚目

開始早々本命ゲット

秋は中小型の数釣りシーズン。

ヒット!ノリーズプロスタッフの榎戸富さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった

秋のアベレージサイズが浮上!

このサイズがアベレージだが、突然大型がアタることもある

榎戸さんはパターンを掴むと、フグの猛攻のなかからコンスタントに食わせた

ゲストのショウサイフグ

イナダもまじった

カサゴもまじった

10月5日には5㎏の大型マダイが取り込まれた(画像は船宿HPから)

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」

大 原沖のテンヤマダイは、この時期多くの船が水深10m台~20m台の浅場をメインに狙っている。

水深が浅く釣りやすいので、ビギナーが挑戦するにもオススメ。

また未経験者が初チャレンジするにもいいだろう。
 
釣れるサイズは中小型が多いが、時には大型や良型もアタっている。

また、本命以外にもいろいろなゲストがまじって、アタリが多いのもこの時期の特徴だ。
 
今回の取材は大原港「富久丸」に乗船。釣り場は水深10m台の浅場をメインに狙い、最大1kg級でトップは6枚という釣果。

ゲストにはショウサイフグ、イナダ、カサゴ、ガンゾウビラメなどがまじった。
 
取材後、「富久丸」では4.5kgや5kgという大型マダイが取り込まれている。

大型が掛かると横走りして、エキサイティングなやり取りが楽しめるだろう!

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
最新記事
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読