MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調!食わせサビキとウイリーで狙う!相模湾のLTイナダ五目!

好調!食わせサビキとウイリーで狙う!相模湾のLTイナダ五目!

相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!

ライトタックルでいろいろな釣り方で狙える!丸々太ったイナダのほかにカンパチもまじる

毎年10月に入ると何度も釣行している相模湾のLTイナダ五目。

水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性にも優しいです。

そしてイナダをはじめ、アジ、イサキ、時にはマダイやカンパチ、2㎏クラスのイナダまで顔を見せます。

釣って楽しく食べておいしい晩秋大人気の釣りものです。
 
例年よりちょっと早めの9月下旬、茅ヶ崎港の「沖右ヱ門丸」さんにお邪魔して、今シーズン初めてのLTイナダ五目にチャレンジしてきました!

落とし込みサビキで、筆者もイナダゲット

タックルは、食い込みも良く、口切れによるバラシも少ない軟らかめのライトゲーム専用ロッドを用意。

イナダが掛かれば竿先が水面に突き刺さり、とってもスリリングなのであえて軟らかめのものを使うのが私の好みです。

水深が浅いので、リールは手巻き両軸で対応できるのですが、今回は電動を使用。

私は基本手持ちなので、できるだけ小型軽量のものをチョイスしました。
 
釣行当日は平日にもかかわらず、エサ釣りが片舷8名ずつの16名に加え、ミヨシにルアーマン1名の計17名が乗船。

この釣りの人気の高さがうかがえます。
 
最初のポイントは、航程10分ほどの茅ヶ崎沖。

到着すると船長から「このところウイリーより落とし込みサビキ仕掛けの方が釣果がいいですよ~」とアナウンスがあり、オモリ40号に落とし込みサビキをセット。

カゴにコマセを詰め、合図で仕掛けを投入しました。
 
エサとなるイワシ、アジなどの小魚の反応が水面から5~10mにあります。

まずはサビキに小魚を掛けて、そして13mまで落とし込んでイナダのアタリを待ちます。

イナダがいれば、エサの小魚が暴れ出し、竿先がバタバタし始めます。
 
ドキドキ、ワクワクの瞬間!「グーーン!」と水面に竿先が突き刺さりました!
 
ライトゲーム専用ロッドなのでよく曲がり、引きも強く感じられ魚とのやり取りがすごく楽しめます。
 
イナダが掛かると、周りの人にも同時に掛かるケースが多いので、多少強引なやり取りでガンガン巻いてきてオマツリを避けます。

仕掛けも少し太めのハリス(5~6号)を用意すると安心です。

「沖右ヱ門丸」のLTイナダ五目では、ウイリー仕掛けのほか落とし込みのサビキ仕掛けで狙う

途中ウイリーでアジ狙い!

朝マヅメこそ船中数本のイナダが取り込まれましたが、時合いは短く、エサのイワシもイナダもすぐに沈黙。

しばらくアタリがなく、船長はしびれを切らして水深20mほどのアジのポイントへ移動しました。
 
仕掛けもウイリーに変えて、お土産確保することに。

サビキでは水面からのタナ取りをしていましたが、ウイリーでは底からのタナ取りに変更です。
 
水深20mの海底まで仕掛けを落とし、ハリス分タナを切ったら、コマセをまきながら巻き上げてきてアタリを待ちます。

底付近には、比較的大きいアジが群れているらしいので良型を期待します。

少ししてアタリがなければ、仕掛けを回収してコマセを打ち直します。
 
それを繰り返すこと数回、魚が寄ってきたようです。

船中あちこちで20㎝ほどのアジが取り込まれました。

なかにはダブル、トリプルもあって、皆さん活気付いてきました。
 
その後2時間ほどは順調に釣れ続けて、クーラーのなかはたくさんのアジでお土産確保。

そこでまたポイントを移動してイナダ狙いに切り替えです。

再度イナダ狙いで、筆者はカンパチゲット

再び仕掛けを落とし込みサビキに戻して、船長のアナウンスどおり水面から5~10mの間で小魚を掛けたら、仕掛けを13mまで落としてイナダの食いを待ちます。

しばらく様子を見ていると、エサが何かに追われて暴れだしました!

直後に大きく竿が曲がったと思ったら、今までとは少しばかり違った強い引きです。

仕掛けが壊れそうなほどの暴れっぷりでスリル満点。

恐る恐る慎重に上げてくると、見えてきたのはカンパチの若魚、ショゴでした。

若魚といえども、さすがカンパチ。

強い引きには驚かされました。
 
その後、イナダが高活性。

小魚を掛け、指示ダナに仕掛けを降ろす途中や、小魚が掛かった直後に食ってくることもあって、つねに船中どこかでイナダが取り込まれる状態に!

タモ入れを手伝う船長も大忙しで嬉しい悲鳴です!
 
ほかにはヒラソウダガツオ、イサキなどの嬉しいゲストも。

当日はレンタルタックルの方も釣れて、満足いくほど楽しめたようです。
 
秋が深まるにつれて、サイズも大きくなり脂も乗って美味しくなるイナダ。

ワラサクラスも出てくるようになり、引きもより強くなります。

ほかにも魚種多彩でお土産確実!

ルアー、落とし込みサビキ、ウイリー、それぞれ好きな釣り方で狙えます。

初心者の方や釣れない釣り続きでモヤモヤの方にはとくにオススメです!

相模湾のLTイナダ五目!釣行レポート

カンパチ、アジ、イサキも まじって楽しいよ!!

水深は20m前後と浅い。イナダやカンパチはベイトに付いている

金澤美穂さんにヒット!

食わせサビキでイナダゲット!サビキに掛かったアジが、イナダのエサになる

「食わせサビキ楽しいです!」と金澤さん

アジのポイントでは入れ食いだった!

カンパチもまじる!

何が掛かったかな!?

嬉しいカンパチ

ウイリー仕掛けにイサキが掛かった

この時期のイナダは、丸々太った個体が多い

相模湾はイナダが好調!

後半はイナダの活性が上がり、あちこちでアタった

ゲストもたくさん釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」

相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物。

イナダをはじめ、アジ、イサキ、時にはマダイやカンパチ、2㎏クラスのイナダまで顔を見せ、初心者の方でも楽しめます。

今回は9月下旬、茅ヶ崎港の「沖右ヱ門丸」さんにお邪魔して、ライトイナダ五目に挑戦してきました!
 
釣行当日は、エサ釣りが片舷8名ずつの16名、ミヨシにはルアーマン1名の計17名が乗船。

平日にもかかわらず大人気!
 
当日、最初に向かったポイントまでは10分程度。

サビキでは水面からのタナ取りで狙います。

エサとなるイワシやアジなどの小魚の反応が5〜10m。

そこでサビキでエサの小魚を掛けたら、13mまで落とし込んでイナダのアタリを待ちます。
 
魚がいれば次第にエサの小魚がバタバタと暴れ出し、とってもエキサイティング!すると「ドーーン!」と竿先が大きくしなり、水面に突き刺さる瞬間がたまりません。

ライトゲーム専用タックルなので、イナダの引きも充分に楽しめます。
 
エサの小魚(イワシなど)、アジやイサキなどのゲストもたくさん釣れるのでお土産確実。

秋が深まるにつれてイナダは脂が乗ってきます。

これからは釣り味、食味とも期待できそうです。

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読