MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大チャンス!開幕から絶好調継続!外房 大原沖ショウサイフグ!

大チャンス!開幕から絶好調継続!外房 大原沖ショウサイフグ!

大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!

開幕から好調続き!うまくアタリを出して、積極的に掛けていこう!!

9月の開幕から絶好調!すでに盛期に突入か!?

外房・大原沖のショウサイフグは、9月から解禁してスタートしているが、今シーズンは例年になく好調なスタートを切っている。

「9月からこんなに釣れるのは、9月解禁になってから初めてのことです。まるで盛期のような釣れ具合いですからね」と話すのは、今回取材した大原港「長福丸」の藤井大祐船長。

開幕から好釣果に沸いているが、トップが80匹の規定数に到達することも珍しくない。

釣れるサイズは大小まじりだが、30㎝を超す良型もよくまじっている。

また、この秋の大原沖は広範囲にショウサイフグの魚影が濃いようだ。

ひとつテンヤでマダイ釣りをしていても、ゲストにショウサイフグが多数まじることもしばしば。

この秋はショウサイフグ釣りをするには大チャンスといえるだろう。

タックルは専用竿に小型両軸リールでOK

大原沖のショウサイフグ釣りの竿は、25~30号のオモリに対応したカットウフグ専用竿がオススメ。

このほか高感度穂先を搭載した8対2~9対1調子のゲームロッドなども流用可能。

長さは1.5~2mぐらい。

フグ専用竿には、東京湾仕様のカットウ用のほか、胴付き仕掛けの食わせ釣り用がある。

これらと間違えないように注意しよう。

リールは手巻きの小型両軸か小型電動。

これにPEラインの1~2号を150m以上巻いておくこと。

仕掛けはカットウ、付けエサはアオヤギ

大原沖のショウサイフグ釣りの仕掛けは、「カットウ」と呼ばれる独特なものが使われる。

下の写真が「長福丸」のカットウ仕掛け。

25号のオモリにハリが鋳込まれている。

このハリは「カットウバリ」や「エサバリ」とも呼ばれ、ここにエサを付ける。

そして、さらにオモリから、ハリスが結ばれた2本のハリが出ている。

この2本は「掛けバリ」と呼ばれ、このハリでショウサイフグを掛けるのだ。

掛けバリのハリスの長さは、一つは20㎝前後で、もう一つは10㎝前後。長さをそれぞれ変えることで、絡みにくくなり、かつハリ掛かりもよくなる。

また掛けバリのハリスには、絡み防止のためにチューブが被せられているものが多い。

オモリのカラーはエサのアオヤギの色にちかいオレンジ系のほか、グロー系がよく使われる。

状況によって、よくアタりやすいカラーがあるので、いろいろ試してみよう。

下の他の写真も「長福丸」のカットウ仕掛けであるが、こちらはオモリの部分が遊動式になっているタイプだ。

遊動部分は約5㎝ほどであるが、ここが遊動になっているだけでアタリが出やすくなるという。

外房のショウサイフグ釣りに精通している鈴木新太郎さんも、取材当日はこのタイプのカットウを使用してコンスタントに掛けていた。

付けエサはアオヤギの剥き身。

オモリの下のカットウバリに2~3個付ける。

付け方はアオヤギの黒いキモの部分からハリを刺し、ベロの部分に縫い刺しにする。

原港「長福丸」で使用しているカットウ仕掛け

こちらも大原港「長福丸」の仕掛けだが、オモリの部分が遊動式になっているタイプ。アタリが出やすいのが特徴

エサはアオヤギの剥き身

糸を張った状態でオモリが底に着かないぐらいをキープ

基本的な釣り方を示したのが上のイラストだ。

仕掛けを投入したら、オモリを着底させ、糸フケを取る。

そして道糸を張ってオモリが底に着くか着かないかの状態をキープしてアタリを待つ。

水深が変わったり、船の揺れもあるので、頻繁にタナを取り直すこともしよう。

オモリを海底に着けたまま底を引きずるようにしてアタリを待ったり、糸フケを出してアタリを待つのは避けよう。

オマツリしやすくなるし、アタリも出にくくなるからだ。

また最近では糸を張らず緩めずの「ゼロテン」の状態でアタリを待つ釣り方をする人が多い。

「長福丸」の藤井大祐船長によると、「ゼロテンは有効ですけれど上級者向けです。しっかりできない人がやると、アタリが出なかったり、オマツリもします」とのこと。

アタリは竿先に明確に出たり、ハッキリと手元に伝わることもある。

その一方で微かなアタリやアタリを感じずにエサが取られることもある。

そのためアタリを感じたり、変だと思ったり、違和感を感じたときは、積極的にアワせるようにしよう。

ショウサイフグ釣りではアタリが出ずにエサが取られることもあるので、頻繁に空アワセをすることも釣り方の一つ。

しかし藤井大祐船長はあまりススメていない。

「空アワセはあまりススメていません。空アワセばかりしているとフグが驚いて逃げてしまうのか、あまり釣れないこともあります。空アワセをするよりかは、アタリに集中してとにかく変だと思ったらどんどんアワせていったほうがいいですね。掛からなければ、それが空アワセになっていますし、誘いにもなります」とのこと。

この釣りではショウサイフグの下アゴ付近にハリ掛かりするのが、タイミングがバッチリ合った理想のハリ掛かりだ。

釣れた時は毎回確認してみよう。

下アゴ以外にハリ掛かりしているときは、アワセが遅かったり、アタリが出るのが遅い証拠だ。

外房 大原沖 ショウサイフグ 釣行レポート

今シーズンは開幕から最盛期のような絶好調続き!

大原沖にショウサイフグ船が集まった

アタリを取って、うまくハリ掛かりさせよう

本命のショウサイフグが浮上!

今シーズンは開幕から絶好調の大原沖のショウサイフグ!こんな良型も多い

鈴木新太郎さんと常連さんのダブルヒット!

「この位置にハリ掛かりするのが理想です!」と新太郎さん

朝イチはあちこちでアタり、ダブルヒットもあった

ショウサイフグ釣りは女性にも人気

良型ゲット!

ショウサイフグ釣りはアタリを出して掛けるというテクニカルな部分がおもしろい

この秋はショウサイフグ釣りをするには大チャンス!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「長福丸」

今シーズンの大原沖のショウサイフグは、9月の開幕から好調が続いている。

「9月からこんなに釣れるのは、自分が船頭になってからは初めてのことです。まるで盛期のような釣れ具合いですからね」と話すのは、今回取材した大原港「長福丸」の藤井大祐船長。
 
取材当日は朝イチに食いがたち、その後はポツポツアタるという渋い展開になったが、それでもトップは22匹をマーク。

取材後はトップ30匹台の日が多く、トップ40匹を記録する日もあった。
 
ショウサイフグ釣りはアタリを出して掛けるというテクニカルな部分がおもしろいが、食味も魅力だ。

釣れたフグは処理師免許を持つスタッフが棒身にしてくれるので、帰ってからの調理は楽だ。

刺身、唐揚げのほか、これからの時期は鍋が最高。

グルメ派釣り師にもオススメのターゲットだ!!

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル